全体表示

[ リスト ]

歴代愛車その四XJR1300

イメージ 1

2001モデルXJR1300です。
前の愛車XJR1200のイメージが良くて、次もこのシリーズと思い
購入しました。
もちろん中古です。

乗ってみてすぐに1200からの進化を感じ取れました。

まず足つきが良くなってるという点。
1200はサイドカバーが張り出してて、もうツンツン状態でした。
そのせいで停車する時は気を使ったんですが、1300ではそういう部分
でのストレスがなくなったので乗っててかなり楽になりました。

次に車体が軽い。
1200がどっしり重厚な感じなら、1300はコンパクトになってヒラヒラ軽快
になったと感じました。

後、装備面では、今まで欲しい欲しいと思ってた時計の追加が一番
嬉しかったです。何気に表示部分もデジタルでしたし。

そして一番はデザイン。
シャープで切れのあるデザインになったと言いますか。
悪く言うとボテっとしてた1200から無駄な部分をそぎ落として洗練させ
た感じを受けました。。
特に、テール周り。
購入した一番の理由と言っても良い、テール周りのデザインは鼻血が
でるほどセクシーで最高でした。


このバイクでは、スポーツライデングの楽しさも教えてもらいました。
毎週秘密の峠に通って、一人でもくもくとハッスル。
装着タイヤはD208タイプG。
超鬼減りタイヤでした。確かリア3000、フロント5000しか持たなかった
と思います。

ただ、完璧なバイクでしたが欠点が。。
それは、ちょっと元気に走るとマフラーとステップを擦って
しまうという点です。
なので、アクラポビッチフルエキゾーストとOVERバックステップ
を入れて走ってましたが。
それでもマフラーのサイレンサー下の部分。
リンクパイプって言うんですか?
その部分は擦ってしまって、それだけが唯一の不満でした。

後、二万キロ越えた辺りから、カラカラって金属音がするようになり
まして。
おそらくタペットか何かでしょうが、当時はなんだろうーって思って、
良いオイル「モチュール300Vとか」入れてみたり、フラッシングしてみたり
色々した記憶があります。

画像はウィキからの転載です。
自分のはカラーはブルー。
OVERサブフレーム。
OVERバックステップ。
ボッシュ、スプロケットカバー。
アクラポビッチフルエキゾースト。
カスタムは以上です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事