やっぷんしうちえな日々

流れ流れて香港へ。これからどこに行くのかな。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1昨日に続きまして、のご報告です。
 
2日目の夜は、パークハイアット東京の
“梢”さんにお邪魔しました。
 
初めて行く人は、
たいがい迷うんじゃないかなぁ。
場所が分かりづらい
 
40Fにあるんだけれど、
地階から直通のエレベーターだと
40F止まらないから、
41Fまで行って、階段で降りるしかない・・・。
なんで、そういう構造になったんでしょうねぇ。
不思議。
 
イメージ 10 ここでもお料理の写真は撮ったんですが、
 照明が暗めだったんで、写りはいまいち。
 すみません
 
 
 内装はおしゃれでモダンな感じ。
 けど、意外に(?)お料理は正統派でした。
 
 最近、日本食でも
 トリュフとかフォアグラとか、よく見かけますが、
 そういうのは使わない主義らしい。
 
 
 先付は、秋鮭の湯葉包み 豆乳ソース
 
 鮭って、ぼそぼそっとなりがちだけど、
 これはしっとりふわっとしてて優しいお味。
 
 
イメージ 11
 
そうそう、ここはお酒の種類も豊富なんです。
 
昨日、飲みすぎたんで、
今日はおとなしくしとこうと思いつつ、
お飲み物のリストを見たら、わくわくしてしまった。
 
スターターは、国産のシャンパン。
珍しいなぁと思って頼んでみたんだけど、
しっかりおいしくて、ちょっとびっくり。
でも、銘柄忘れた 
 
そして次に頼んだのは日本酒 →
手吹きガラスの専用のグラスで出してくれます。
グラス単位でっていうのが嬉しいですね。
 
おっさんは、磯自慢。
私は、竹林かろやか。
 
イメージ 12
 
 
 
 雲丹とほっき貝と長芹のおひたし。
 
 この器に限らずですが、
 器、カトラリー全般、かなり面白かったです。
 
 ちょっとしたギャラリーにでも行った気分になれます。
 和モダンなものが好きな人なら、
 それだけでも行く価値ありです。
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
このお椀が、また心揺さぶってくれました。
素敵だなぁ・・・。
 
魯山人の写しって言ってたかな。
わざわざ、器の名前まで記載した
お料理の献立作ってもらったんだけど、
残念ながら、おっさんが後生大事に持ち歩いているので、
いま、手元にありません。
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 蓋を開くと、萩豆腐。
 松茸と隠元。
 
 枝豆を使った料理を、そういや萩って言ったねぇ・・・って、
 懐かしい時代のことを思い出しました。
 
 初秋だね。
 
 
イメージ 15
 
 
お造りは、どーんと大鉢。
 
トロと真子鰈と車えび・・・だったかな。
 
しかし、食べ物のことになると
2週間近くたっても、よく覚えてるもんだ。
 
 
 
イメージ 16
 
 
 八寸は、芋の葉に盛られて。
 
 えーっと・・・
 擬製豆腐でしょ、山桃の蜜煮でしょ、鮎のうるかでしょ、
 唐墨大根、鯛の昆布締め寿司、ずんだ
 うー・・・後は忘れた。
 
 
 イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またちょっと違ったグラスで、違うお酒を →
 
何種類くらいあるのかなぁ、グラス。
日本酒好きのおっさんは、嬉々として飲んでいました。
香港だと日本酒高いからね。
今しか飲めないもんね。
でも、今回の東京食べ歩きは、勉強のためだから、
あんまり心行くまでは飲めないのが残念だね。
 
イメージ 3
 
 
 焼物は手付き皿で。
 
 のどぐろの西京焼きと舞茸のフライ。
 のどぐろには、白玉ソース。
 舞茸には、赤玉ソース。
 
 
 大皿だと、取り皿にも気を遣うけど、
 全くぬかり無しの充実っぷりでした。
 本当に器が好きなんですね、料理長さん。
 
 
イメージ 4
 
 
                   地鶏の明日香鍋と →
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ← 鱧&松茸のお鍋。
 
 
 小鍋かと思ったら、立派なサイズだった・・・。
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
小柱のかき揚げと、牡丹蕎麦。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 そして、これがめちゃくちゃ美味しかった!!
 
 いくらと松茸(だったかな?)のご飯。
 
 今までも何回か、
 いくらのご飯は食べたことあったけど、
 ここのがダントツでトップです。
 
 漬物も美味しかった。
 
 
 
イメージ 8
 
 
「もう無理〜」とか言いながら、
それでも、今しか食べられないと思うと意地で食べる。
欲と二人連れとはよく言ったもんだ。
私の場合は、こういう時だけ、胃袋が2人分。
 
 
 
私が選んだデザートは、
葛餅の中に、味噌とバターの餡が入ってて、
山葡萄のソースを掛けていただくというもの。
 
正解 うまし。
山葡萄のソース、よく合ってるし、秋らしくていいね。
 
 
イメージ 9
 
 
 
 おっさんのは、抹茶のムースのお汁粉?
 
 
 
 とにかく、食べに食べました。
 ものすごい量を食べました。
 
 
 そして、翌日は、
 やはり朝ごはん食べられませんでした。
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんは。
すごいな。
食べたいわ。
これ、高かった?
高いやろね。
最近、質素な生活してるから。
贅沢、したいな。

2010/10/13(水) 午後 9:34 [ えいこ ] 返信する

払ったのは、お料理\15,000だったけど、
かなりサービスしてくれてると思う。
今回の旅行で行ったお店は全部、
香港の料理長の友達か、知り合いが料理長してる店ばかりだったから。

Iさん、質素な生活っていうけどさ〜、
私から見たら、景色と空気のきれいなところにプチ旅行ってのは、
充分うらやましいぞ〜。

2010/10/14(木) 午後 4:47 [ たけ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事