take記 〜福浦を中心に、釣れ釣れ草

釣れ釣れなるまゝに 日ぐらし自然に向ひて心に移りゆくよしなし事を そこはかとなく歩きつくれば あやしうこそものぐる欲しけれ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 19


梅雨に入る前に丹沢にいかねば。。
ヒルが発生するけんね








イメージ 1

駅出たらバス停はめちゃ混み
あちゃ〜と思ったら臨時バスが出て、予定より1時間早く登山開始
ラッキー








イメージ 2

新緑の山は気持ちいい








イメージ 3

初っぱなから登りの連続で“ニノ塔”に到着
1130m







イメージ 4

富士山がお出迎え








イメージ 5

続いて“三ノ塔”
1205m







イメージ 6

この景色
人気コースなのもわかるね
右下に見えている山小屋に向かう








イメージ 7

烏尾山
1136m








目的地の塔ノ岳は、富士山の右奥に見える高い山
遠いなあ








イメージ 8


行者ヶ岳1170mを越えると、あれ、渋滞???








イメージ 9


垂直の崖の鎖場だ








イメージ 10


続いて崖登り








イメージ 11


振り返ると、三ノ塔、烏尾山、行者ヶ岳と越えてきた峰々が見える
バスで標高760mまで上がったので楽なコースかと思いきや、アップダウンがきつく、もうヘトヘト

新大日1340mで休憩していると、背中が曲がっている婆さんと声を交わす
オレと同じコースで、抜いては追いつかれる
そして、最後は負けた








イメージ 12


散り際の桜を見ながら息を整えていると、
同じく死にそうになっているオジサンが消え入りそうな声で
「ようやく見えた。。」
最後の峰、塔ノ岳だ








イメージ 13


1491m
登山客であふれかえっていた








イメージ 14



イメージ 15


前回は雪で何も見えなかった
相模湾、富士山の大パノラマだ
ヘトヘトなので、1時間昼寝して下山開始







イメージ 16


この大パノラマを見ながら、通称“バカ尾根”をひたすら下る








イメージ 17


登山口まで帰ってきた
もー、足がパンパン
あれ
名物のクリステルとキャサリンがいなくなってる
缶ビールを一気飲みして、めちゃ混みのバスに飛び乗る

疲れたけど、最高


8:00-16:30,8h30m
14.3km

イメージ 18





開く コメント(8)

イメージ 1

以前登ったことのある山なので新鮮味はないが、
ここまで来たついで、No.6コースをいく








イメージ 2

上養沢バス停からスタート
臨時バスが出るくらいの混雑だったが、終点のここまで来た登山客は3組だけだった








イメージ 3

久しぶりの登山、すっかり春本番
山は彩り鮮やかに








イメージ 4

以前は花粉を蓄えて茶色だった山は、すっきり緑に
いっぱい巻いたんだろうなあ

養沢鍾乳洞は閉鎖して入れず
名物の頂上直下の壁のような階段を登って、








イメージ 5


イメージ 6

日ノ出山 山頂
902m
登山客であふれかえっていた








イメージ 7

そして御岳山へ
929m
外国人観光客が多いね
なのに、門前町のシャッターが増えた気がする








イメージ 8

ケーブルカーには乗らずに、大杉に囲まれた下山道へ
道がくねくねしているので“ろくろっ首”と呼ばれてるらしい








イメージ 9

山を下ると、川も人があふれていた
カヌー、釣り、ロッククライミング
大学のサークルっぽく、新入生が初々しい
うちの子もどっかで楽しんでるだろう
年をとったわ

御嶽駅についてゴール
のんびりと歩いた6時間だった








イメージ 10

埼玉県がすぐそこまで


9:00-15:00,6h
11.5km

イメージ 11

開く コメント(6)

Twitter始めました

さて、Yahoo!ブログが終わるわけですが、
釣り記事は、Twitterでやってみることにしました

ここです
↓↓↓
https://twitter.com/take90755707?s=03

でも、わたくし、Twitterが始めてなのです
なので、まずは非公開で始めました
お気軽にフォロー申請してください(^人^)

開く コメント(2)

イメージ 13

東京No.5鍾乳洞と滝のみちをいきます








イメージ 1

いつ天気が崩れるかわからないので、始発スタート
雲が低く垂れ込めています








イメージ 2

小天狗滝








イメージ 3

天狗滝
落差38mの一枚岩を一気に落ちていく








イメージ 4

綾滝
岩肌を滑るように落ちていく








イメージ 5

1000mを一気に急登すると、頂上部分は垂直の崖
ロッククライマーが登っていた
もちろん、オレは行けないので、階段でトラバース








イメージ 6

休憩所に到着
1054m
本来なら眺望がいいようだが、全く何も見えない








イメージ 7

草花が咲き始めた
春だね〜








イメージ 8

看板ピカピカ、登山道も整備したて
東京都はさすが








イメージ 9

最後の滝、大滝
このコースの滝は、どれもすばらしい








イメージ 10

川には釣り人がちらほら

大岳鍾乳洞にいきたかったが、2時間に1本のバスが迫っていたため断念
ゴールのバス停に到着







イメージ 11

東京都はハードなコースが続く
でも、整備が行き届いてるので安心して歩ける
あと二つ





7:40-13:00,5h20m
9km

イメージ 12

開く コメント(12)

イメージ 1

ひっさしぶりのオフショア
Beeちゃんとギャンブル船と言われるトラフグに初挑戦








イメージ 2

しっかし、暴風雨で海は大荒れ
それに、めちゃくちゃ寒い

この釣り、棚が中層なので外道がなく、当たれば本命という釣り
そのため、アタリがほとんどない釣りだ
大揺れの船でアタリを慎重にとって、、








イメージ 3

本命ゲット
さすが超高級魚
魚のオーラが違います

がっ
下を向いて針外ししてると、、、うぇ
船酔いが一気にきた

寒いわ釣れないわで、その後はキャビンで寝てたとさ┐(´д`)┌








イメージ 5


春到来日に極寒の釣りだった





7:15-13:30
大潮
干11:00

イメージ 4


まずは、アラでみそ汁

あ〜

お上品








〜追記〜

イメージ 6


ヒレ乾燥中








イメージ 7


てっさ、最高

でも、アカメで十分な気がする

開く コメント(16)

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事