ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

「・・・3人だけやった…」
は?なにが?
「あんな、クラスで3人だけやった」
だからなにが?
「クラスで25メートル泳げないの、オレ含めて3人だけやった」
マジか!

みんな25メートル泳げる?
オレ普通に泳げる。
てかオレらん頃7月になったら毎日体育があって放課後水泳教室みたいなのがあって4年生の頃には泳げて当たり前、5年6年では50メートル何秒で泳げるかが採点基準だった・・・気がする。

5年で泳げないのにびっくりした。
でも水泳の授業回数聞いたらそれも当たり前かと思った。
週2回程度、雨降ったら中止。
それじゃひと夏に10回くらいしか練習出来ないじゃん。
授業だけじゃあ泳げない奴が出てもおかしくないよな。
(大半の子が泳げるのは置いといて)

3号、次の休み特訓じゃ!
「ええ〜、オレ一生泳げんでいい」
いい訳あるかぁ〜〜!
という訳で特訓なのだ。
昨日プールに行ってきた。

まず両手両足を縛ってプールに放り込む…なんて事はしない。

まずは姿勢チェック。
壁キックしてウルトラマンポーズ。
泳げない奴は大抵腰が引けてお尻が浮いてしまってる。これじゃあ進めない。
やっぱり少し腰が引けて膝が曲がってる。
身体をまっすぐしろい!
ビート板を持たせて引っ張る。
まっすぐな状態で進む感覚を身体に覚えこませるのだ。
ウルトラマンポーズで綺麗に進める様になる。
壁キックで1メートル以上進める様になる。
進むという感覚を身に付けるのだ。

次に問題なのが『水を掻く』という事。
水を後ろに掻き出す事で人は前に進む。
泳げない者はそこが(感覚的に)理解出来てない。

プールに足をついて水を思いっきり後ろに掻き出す。
当然身体が前に進もうとする。
『それが泳ぐって事だ』
ただ見様見真似で腕をぐるぐる回していたのが水を後ろに掻き出す事を意識する事によって泳ぎ方が変わってきた。

最後に息継ぎ。
・・・パス!!
不格好で良いから何とか息を吸え。

いや、教えようと思えば教えられるけどね。・姿勢を保て!・上手く水をかけ!
それで精一杯。
一変に意識出来る動作は二つが限界だろ。

ビート板を持ってクロール。
水を掻く事を片手ずつ意識させる為と息継ぎの時にバランスを崩さない為。

壁キックでスピードがのった状態でまずひと掻き。進む!
ニかき、三かき。進む進む。
幾ら掻いても進め無かったのが今は一掻き毎に進む事を実感出来てる。

息継ぎで勢いが落ちるとスピードが落ちるがそれでも進む。
昨日までは息継ぎしたら進まなくなるからそこで足をついていた。
進む進む。

祭日のプールは混んでる。
まだ人を避けながら泳ぐ事は出来ない。
人にぶつかりそうになる度足が着く。
でも進める実感は持ててきた。

昨日までは15メートルが限界だったけど既に20メートル泳げるようになった。

「とーさん、オレ泳げるかもしれん」
アホたれ。既に泳げるわ。

後は根性と慣れだけじゃ。

「明日の授業、25メートル泳げるかも知れん」
・・・明日はまだ難しいかも…
いやそうとは限らん。親が勝手に限界決めちゃいかん。
おぅ!泳げるに決まっとる。
気合い入れて行ってこい!
プールカード、忘れるなよ。

  • さっき家に電話したら3号が出た。
    開口一番
    「と〜さん、オレ25メートル泳げた!
    サマースクール(夏の水泳特訓)無くなった!」
    だと。


    ふん、父は分かっていたさ、君が既に25メートル泳げる実力があることを。

    [ たけ ]

    2019/7/16(火) 午後 5:46

  • 水泳は泳げるとかなり自信になるよね!

    わたし自分が泳げないもんだから
    泳げる人はスゴーッて思うよ〜ヤッタネ〜

    ひつじ

    2019/7/17(水) 午前 10:52

  • > ひつじさん
    うん!

    昨日まで「プールぅ?オレいいわ。
    めんどくさいもん」って言ってた3号。
    今日は帰ってくるなり
    「とーさん今度休みいつ?
    プール行こうや」だって。

    [ たけ ]

    2019/7/17(水) 午後 8:25

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事