Take up My time

ディープな世界へようこそ!
メスティンて知ってますか?


一人用の飯盒なんですがめっちゃご飯がうまく炊けるらしい。

そして、メスティンに組み合わせるのがエスビットのポケットストーブ。

メスティンの中に収まってしまう大きさ。

そこで燃料ですが、固形燃料が便利らしいです。

なんでも砥いだ米をセットして火を付ければほったらかしでご飯が炊けるらしい。


そこで、そのメスティンとポケットストーブをポチってみました。



メスティンはいろいろ紹介しているサイトを参考にバリ取り、シーズニングをしましたよ。


そして、固形燃料も一緒に購入しましたが、思ったより長く燃えるみたい。

試しに1合炊飯してみましたが、ご飯炊けた後もずいぶん長く燃えてました。25分くらい燃えていたかな。

これだとほったらかし炊飯ができない。

もっと小さいのを買えばいいかもしれませんがそれもね〜

そこで思いついたのがアルコールストーブ。


前に作ったことあるしね。

15分くらい燃えてくれれば炊飯はできるので、薄型を作ってみました。
イメージ 1


なかなか良いんだけど、中には収まらない。
イメージ 2

出来ればポケットストーブの中に収めたい。


いろいろ調べたら、100均で売っているアルミクリームケースがいいみたいです。内容量30g。
イメージ 3


ポケットストーブに入れてみたら、
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


おお、シンデレラ・フィット!


それではこれでアルコールストーブを作っていきましょう。

作るのは密閉式。

密閉式はまずプレヒートしないとなかなか火が付かないので上にアルコールが溜まるように蓋を少し凹ませます。

どうすれば良いかなと思って蓋を撫で回していたら、だんだん凹んできました。
これは行ける!と思って丁寧に撫で回し。うまく凹みました。

強めにゆっくり撫でていくとうまく凹みます。

イメージ 7

イメージ 8



中にはステンレスのたわし。これも100均に小さいのが売ってました。
イメージ 9

イメージ 10

次は型紙を丸く切って穴を開ける位置を決めます。
イメージ 11

真ん中にアルコールを入れる穴を一つ。

周りに8個開けました。

イメージ 12

なんて簡単!



燃焼の様子はこちら。

イメージ 13


燃やし方は溢れるほどアルコールを入れて火を点火。

火だるま状態に。そのうち安定して穴から火が出てきます。

満タンで13分くらい燃えていたかな。メスティンならこれで炊けるはず。

今度また試しに飯盒炊飯してみよう。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

かに玉

かに玉作ってみました。

材料(4人分)
・たまご 8個
・カニ缶 2缶(100g)
・エノキ 1パック
・水炊きたけのこ 小1パック
・ネギ 1本
・オリーブオイル 大さじ2
・ごま油 大さじ2

甘酢あん
・醤油 大さじ2
・酢 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・ケチャップ 大さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ2
・水 400cc
・水溶き片栗粉 大さじ2に水120cc

作り方
1、エノキは3等分、ネギは小口切、たけのこは千切り。
2、ボールにたまご、ネギ、カニ缶を汁ごと加え塩を振って混ぜます。
3、フライパンにオリーブオイルとごま油を入れ、タケノコとエノキを炒める。
  そのあとにたまごを加え優しく数回混ぜ合わせる。
  お好みの硬さになったら火を止める。
4、甘酢あんは材料を混ぜて、一煮立ち。水溶き片栗粉をゆっくり加え、ダマにならないように
  かき混ぜる。トロッとしたら出来上がり。

5、お皿に盛って、甘酢あんをかければ出来上がり。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

この冬は暖かいですよね。氷も張らないし。

それでも朝晩は冷え込みます。

火が恋しくなります。


会社の工場では大型のストーブが壊れてしまったので、去年の冬は廃油ストーブを作りました。


材料はLPGガスボンベとスチールホイール(^_^)
イメージ 1

エアー調整もできます。
イメージ 2


廃油ストーブと言うとエンジンオイルの廃油を思い浮かべると思いますが、エンジンオイルを燃やして作る廃油ストーブは無煙にするのに大変なんですね。

シロッコファンとかで空気を送ったりしてガス化したりして自作するには時間もお金もかかるんですよ。


自分が作った廃油ストーブの燃焼はブレーキフルード。
えっ、ブレーキフルードって燃えるの?

とお思いでしょうが
燃えるんです!

しかも無煙で!



ブレーキフルードの主成分はグリコール。
アルコール系ですね。
ただ引火点が100°以上、沸点が400°近くなので
ライターの火を近づけたくらいでは火はつきません。
新聞紙とかに湿らせで火を付けると燃えます。


なので、チェーンソーなどのおがくずと混ぜておくといい着火剤になるんです。

バーベキューなどで炭に火を付ける時はいつもこれ。
このおがくずの上に炭を重ねてライターで火を付けると簡単に炭をおこせます。

先に作った炭熾し器を使うのでさらに簡単。




職業がらブレーキフルードは交換するのでこの廃油が出ます。
鉱物系オイルは廃油引き取り業者が持っていきますが、ブレーキフルードは引き取ってくれません。
だからそれを溜めておいて冬に燃やして、廃油処理と暖をとるのに利用していました。

それで去年は廃油ストーブを作って燃やしていたのですが問題が・・・



いい調子で燃やしていたら、一番寒くなる2月頃に残り少なくなってしまったのです。
そこからは廃材などと一緒に燃やして何とか春まで持たせました。





今年の課題はいかにブレーキフルードを節約して寒い間保たせるか。

廃材と燃やせば先にブレーキフルードが燃えて廃材を炭化してから燃えるので煙は出ませんでした。

ただ最後掻き回してあげないと未燃焼ガスで煙が出ます。

そこでペール缶を加工。下に穴を空けて網状にして薪の部分とブレーキフルードの部分を分けて燃焼させてみました。


よく燃えます。いや燃えすぎ。


かえってブレーキフルードの消費が激しいんじゃないか。
ブレーキフルードだけで燃やす時は空気を絞ればトロトロと燃やすことが出来ました。

しかし、薪も一緒に燃やし空気を絞ると薪が不完全燃焼してしまう。
エアーの口をかなり開ければ煙も出なく良く燃えるけど、ブレーキフルードの消費が激しい。




薪だけを無煙で燃やせないか?

あーそう言えば、前にウッドガスストーブを作ったし、小さい中華製のも買って遊んでいた。

自作の場合大きい缶と小さい缶の間をいかにぴったりにするか工夫しているみたいですが、そんなにぴったりでなくても平気じゃないかな。

早速、燃焼室改造です。改造といってもペール缶を二段にして上にウッドガスが燃える穴を増やしただけ。
イメージ 3


薪だけで燃やしてみました。
燃焼室のペール缶に目一杯薪を詰めて
TLUD(Top lit updraft)なので上から点火です。
イメージ 4


いやー良く燃えます。
スチールホイールで作った物を上に被せて、
イメージ 5

その上にペール缶で作った煙突を乗せます。
イメージ 6


LPGボンベの中で一次燃焼、スチールホイールの所で二次燃焼、更に煙突のペール缶で三次燃焼しているのか? 煙も出なくよく燃える。
イメージ 7

エアーを絞れば燃焼も抑えられる。
無煙ストーブ出来上がり!
イメージ 8



ペール缶一杯で1時間くらい燃えるかな。薪は上から追加投入できるので
午前中一杯ぐらいは燃焼可能。
それ以上投入すると灰が溜まって燃えが悪くなってしまうんです。
今年の冬は大丈夫。

あったかいんだから〜♩




さー焚き木を拾いに山へ行こう!

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2019 味噌作り 豆味噌

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


今年も年頭に味噌仕込みました。

いつもの「まぜるだけ」と

今年は赤味噌の豆味噌に挑戦です。

味噌には米麹で作れる物と、麦麹で作る物、そして大豆に麹で作った豆麹を使った豆味噌があります。

八丁味噌が有名ですよね。

米麹で作る味噌は大体半年くらい熟成させれば出来上がりますが、豆味噌は2年かかるんですよ。

本当は大豆を煮てそこに種麹をかけて豆麹を作るのが本当みたいですが、一般家庭には麹を寝かせておくムロなんてないし、失敗すると納豆菌がついて納豆みたいになってしまうらしい。



ので、手軽な方法で作ります。作り方は


を参考にしました。

まずは豆麹をネット注文
イメージ 1

次に塩を用意
イメージ 2

塩750g

あとは
水1400cc

水と塩を混ぜます。
イメージ 3

飽和状態にするみたいです。

イメージ 4

ここに豆麹を入れて混ぜます。

これを容器に入れて2、3日

その後、ミンサーで潰してラミパックに詰めて仕込み終了。
出来上がりは約6kg
イメージ 5

出来上がりは2年後。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ウッドデッキ用の板が余ったので隣の実家とのわたり廊下を作ってみました。

まずはオイルステインを塗っておきます。


例の如く、ダクターチャンネルで裏から止めます。
この三角定規のようなのが役に立ちました。
丸鋸を真っ直ぐ切るガイドですが、丁度5mmの厚み。

イメージ 1


クランプで固定して、ビス留めして行きます。
もちろん、ダクターチャンネルには下穴は開けてあります。
イメージ 2


下には桧の角材にウッドステインを塗って、プレートを上下に貼りました。
上板とは固定しないで置いただけ。
イメージ 3


上に乗せて完成。
イメージ 4

1枚だけ尺が足らないのはご愛嬌。
ゴミ箱置くからいいんです。

上板は全部貼ったらかなりの重さなので動かないです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事