Take up My time

ディープな世界へようこそ!
残りは、ステップ。
今まではビールの空きケース使ってました(^_^)
イメージ 1


ウッドデッキの高さが57㎝なので一段だと踏み上げ蹴揚が28.5㎝くらいになるのでちょっと高い。
2段にすれば段差は19㎝なので2段だね。

足の材料を何にするか悩んだのですが、イタウバの角材は高い。5000円以上する。

と後ろみたらヒノキの90㎝角材が1800円くらいで売ってる。

ここはヒノキにしてみよう。
腐ったら足だけ交換すればいいし。

で、36㎝と15㎝にそれぞれ4本づつカットしてもらいました。


それでは、組んでいきます。
直角を出して

イメージ 2

下穴を開けたら、コークスレッドの頭が平らになるように座繰ります。

イメージ 3


足は一番外側に付くようにしました。
イメージ 4


効果あるかどうかわからないけど、水はけがいいように切り込み。
イメージ 5


上板はこれも裏からダクターチャンネルで下から。
イメージ 6


取り外せます。
1段目も同じように作って
イメージ 7


前後はボルトで固定、これでガタつきなし。
イメージ 8


完成!
イメージ 9

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ウッドデッキ 完成

ウッドデッキはその後、最後の問題を解決して貼り終わりました。

最後の問題と言うのは、土地が斜めで隣の実家のブロックにどうやって被せるか?

イメージ 1


いろいろ考えて、最後の4枚はあらかじめダクターチャンネルを裏から貼った物を上から被せて下からダクタークリップで止める方法で解決。
ブロックに被る所はダクターチャンネルをL字に切ってやりました。
木の根太だと難しかったと思う。

イメージ 2


その後、夏にオイルステインを塗ってあげました。

そしてつい最近、上り下りする側に幕板とダミーの束柱を設置。
これ、家を建てているときの4寸檜の端材です。
オイルステインを塗ったけどどの位持つか実験も兼ねてます。
腐ったらこれだけ交換は簡単。
幕板はイタウバ2700mm×20mm×100mmがカインズホームに売っていたので

イメージ 3

だいぶ格好がついて来たかな?
近付くと単菅パイプ丸見え(笑)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

100EXオイル交換

100EXのオイル交換
オイル交換時は0,75ですが
全容量は0,9Lなので、傾けたりして全部抜くようにして1L入れてしまいます。
オイルはいつものスミックス10W-40
部分合成油でホンダS9と同等とか
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

小梅干し

今年は長男がお弁当用に小梅干しが欲しいと言うので、頑張って小梅を6kg漬けました。
カリカリ梅でいいかい?と言ったら、柔らかいのが欲しいと言うので、頑張りましたよ。
小梅は小さいから、ヘタを取るのが大変なのよ(*^_^*)

一度干してから、シソ漬けにして、色が付いたらもう一度干したのね。

かなり満足いく出来です。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

炭火起こし器

バーベキューの季節ですねー
そこで必要になるのが炭火ですが、炭火ってなかなかつかないですよね。

まして、オガ炭なんかバーナーで炙っても少し赤くなるだけで消えちゃたりします。




実は良い道具があるんですよね。
炭起こし器とか火起こし器とか呼ばれている道具です。



イメージ 1


イメージ 2
ただの筒なんですが本当に簡単に炭に火をつける事が出来ます。

値段的には2000円弱から高い物は10000円以上


ただの筒なんで結構自作をしている人いますね。
100均で売ってるオイルポットが定番ですね。

でもこれだと少し小さい(*^_^*)

そこで何か良い物ないかなーと思ったら良い物ありました。

たまに缶ビールが大きな缶に入って売っていません?

イメージ 3

もらい物ですがこんなのありました。

これを2つ使って作ります。

まず、1つの缶のそこに穴を空けます。
ホルソーがあるので大きな穴が空きました。
イメージ 4

そしてもうひとつは下の横に空けます。
そして底を缶切りで空けます。

イメージ 5

2つを合わせて出来上がり♪

イメージ 6

これ使えば、オガ炭も楽々火起こしできますよ。

使い方はこんな感じ


イメージ 7




この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事