ここから本文です
Keshi☆のgdgd絵日記
グダグだな日常のグダグダな記録です。

書庫全体表示

私事ですが・・・なかなかに長期休みの取れない仕事をしておりまして
GWなんぞは無縁と思っておりましたが・・・。
なんと、色々あって入社17年ぶりにGWなるものを頂いてしまいました。
そんなわけで、とにかくこの休みは楽しみ尽くそうと思って
かねてより実行しようと思っていた、しまなみ海道サイクリングを
敢行してきました。
本当は尾道〜今治の全工程を予定していましたが、どうも天候が
芳しくないので少しスケールダウンして向島〜大三島にしてみました。
1日で巡るなら、これくらいが丁度良さそうなので。

まずは、尾道まで車で移動します。
写真は「ジャイアントストア 尾道」前のパーキングです。
ここで自転車を下ろし準備をします。
今回出動した自転車は、先日組みあがったばかりの
「エヴァディオ ペガサス」です。
あ、自転車を立てかけている車はウチの愛車「ランクル 77」です。
人のじゃないですよ(^^;;;
イメージ 1

尾道駅の前「向島行 渡船のりば」です。
渡船料金は自転車込みで大人1名110円でした。
時間はAM7:40。
その前の便は、びっくりするくらいの人数が乗り込んでいました・・・。
さすがGWですね。
因みに・・・後で
福本渡船に乗って、ゆりえ様気分を
味わえば良かった・・・・
と、激しく後悔していたりします
※分かる人にしか分からないネタですが・・・(--;;;
イメージ 2

渡船からの風景です。
意外に湾奥まで入っていくんですね〜。
イメージ 3

因島大橋です。
橋の下を自転車で通れるとか、普通なかなか体験できないですよね。
フェンスで覆われているので、せっかくの絶景が少し見づらいですが
それを差し引いても良い景色ですよ。
少し前までは自転車も橋の通行料を取っていましたが、ありがたいことに
現在では無料になっています。
イメージ 4

因島大橋を出た所です。
ここでひと休憩。
この下に有名な「はっさく屋」がありますが
「まぁ帰りでいいでしょう」
・・・この選択が後に悲劇となることも知らず・・・。
イメージ 5

まずは大三島まで寄り道なしで進みます。
散策は帰りにのんびりと行う予定なのです。
写真は生口大橋前の小さな休憩所です。
橋までの道は緩い勾配の坂道なので、本来は楽に登れるように
配慮されているのですが・・・貧脚中年ピザの私にはチョイしんどい(--;;;
イメージ 6

GWだからでしょうか?
多々羅大橋の入り口で、ミカンやレモンを振舞っていらっしゃいました。
地域のボランティアの方々なのかな???
レモン、すっぱくてさっぱりして美味しかったですよ♪
ところで・・・写真左下の人形は・・・かかし???
イメージ 7

大三島に上陸!
一路宮浦に走ります。
因みに・・・途中峠をひとつ上るのですが、大抵の方は真っ直ぐ車道を
上っていきます。
・・・が、ひとつ道を脇にそれれば写真のような小道があります。
実はこれが本来のサイクリング道なのですが、少し分かりにくいせいか
ここを走る人はひと握りのようです。
イメージ 8

ただし、下の写真のような段差があったり道の表面にコケが生えていて
滑り易くなっている場所があるので走行には注意が必要ですが・・・。
個人的には・・・多々羅大橋→宮浦は真っ直ぐ峠越え、帰りはこっちの小道を
走るのが楽なんじゃないかと思います。
と、言うのも・・・行きはそのままいった方が距離も短く一気に上れます。
帰りはそのまま行くと距離は短いが勾配がきついので小道の方が楽。
・・・と言うわけです。
イメージ 9

大三島の観光名所「大山祇神社」です。
この島は親戚がいる事もあって小さいころから来ていましたが
しまなみ海道開通によって一気に観光地化した場所ですね。
昔は本当にのどかな漁師町って感じでした。
余談ですが、ここには「国宝館」と言う博物館があります。
国宝や重要文化財がいくつも展示されており「弁慶のなぎなた」「義経の鎧」
「鶴姫の鎧」などここでしか見ることが出来ないものが盛りだくさんです。
個人的には「大三島と言えば国宝館」だったのですが
意外にも知らずに通り過ぎている方もいらっしゃるようで・・・。
もし、まだ見たことがなった方は是非いちど入ってみることをおススメします!
イメージ 10

ある意味では大三島名物と化した「大漁の大行列」
予約もあっという間にいっぱいになるので、普通に来てもまず入れません。
私は基本諦めているので、はなから他に
行きますが・・・。
この日は親戚家に寄ってお昼を頂いたので、昼食レポはなしです。
おじさん、ごちそうさまでした(>▽<)!!
イメージ 11

大三島に来たら、ここは行っとかないといけませんね。
多々羅しまなみ公園のモニュメント。
サイクリストの聖地って・・・いつの間に指定されたんだヨ???
イメージ 12

ま、これもお約束ってことで・・・。
イメージ 13

さて、帰り道です。
こちらは「多々羅鳴き龍」多々羅大橋の中盤あたりです。
ここで手を叩くと、叩いた音が反響して上に上っていくように聞こえます。
音を聞くポイントは「車がいないタイミングで叩く!」
車が通ると音が掻き消されてしまうのです。
こちらも、ぜひお試しあれ。
イメージ 14
イメージ 15

生口島「サンセットビーチ」での1枚です。
もう少ししたら夏が来ますねぇ〜。
写真の「レモン×はっさくサイダー」も美味しかったですよ。
しかし、鞆の浦といいここといい・・・
なぜ観光地はご当地サイダーを
作りたがるのだろうか・・・???
ここは食事も出来ますが、ちょっとした自転車用品も売っているので
道中の役に立つ場合もあると思います。
イメージ 16

同じく生口島「しおまち商店街」にある「玉木商店」の手羽先です。
ローストチキンの専門店で、高校生の時に初めて来て20年は通っている
計算になりますねぇ(ん、歳バレ?)
サイクリング道中の補給にいかが?
イメージ 17

ここは、もう定番ですよね。
生口島のジェラート屋さん「ドルチェ」
今日はダブルカップで「伯方の塩×バニラ」にしました。
ジェラートも美味しいのですが、レジ横にあるレモン水もなかなか。
暑さで乾いた喉に染み渡ります。
イメージ 18

次は因島に移って、こちらは「大山神社」
「自転車神社」としても有名ですね。
帰り道とは逆方向ですが、行ってみる価値は十分にあります。
ちなみに・・・写真には写っていませんが、すぐ横に自転車で境内まで行ける
道があったりします。
イメージ 19

お守り・お札授与所の前です。
木で作ったサイクルスタンドがいいですね。
金属だと景観を壊すからとかの配慮でしょうか???
ここの印象は・・・「とにかく自転車押し!」
なんというか・・・たくましいなぁ・・・とか思ったのは私だけでしょうか???
イメージ 20

「亜美ちゃんも買ったお守り!」
※またも、分かる人にしか分からんネタ再臨!(オィ
さっそく、ハンドルに付けておきましたヨ!
イメージ 21

写真は「はっさく屋」の入り口前です。
はいっ!
フラグ回収!!
自動ドアのガラスには「本日分は完売しました」の張り紙が・・・。
ガラスには張り紙を前に呆然と立ち尽くす中年男性の姿が見えます。
こんなんなら、朝イチで来とくんだった・・・(号泣
イメージ 22

向島に到着。
再び渡船に乗って帰ります。
帰りはたくさんのサイクリストの皆さんが同船されておられました。
皆さん、今日は楽しかったですか?
私は楽しかったですYO!
イメージ 23

尾道に帰着しました。
ありがとう、しまなみ海道!
また、来るぜ!
はっさく大福を食いにな!!
イメージ 24

いつも通りグダグダな無計画サイクリングレポでした。
それでも、1日楽しく満喫させてもらいました(^^
走行距離:103.6Km
尻の痛みほとんどなし!
流石はセラ・アナトミカ!!

今回のサイクリングの感想ですが・・・
道中すれ違った方の中には、「こんにちわ」の挨拶や会釈をして
下さる方も多くいらっしゃいました。
又、島民の方々も歓迎ムードで協力的ですが、一方で自転車で通行する人が
増えて車の通行に気を使っているとの声も聞きます。
※割とマジで生の声ですヨ。
しまなみ海道は全国的に見ても希有なサイクリングロードと聞きます。
マナーのある行動を励行して、いつまでも楽しめる様に勤めていきたいですね。

さて、次は何をしようか???
ではでは、また次の日記でm(__)m

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事