竹田恒泰日記

気ままな日記です。 HPもどうぞ! http://www.takenoma.com

全体表示

[ リスト ]

政府の中国副主席会見要請は憲法違反


〜政府は天皇の政治利用を即刻中止せよ
〜宮内庁長官は決断せよ

                     慶應義塾大学講師(憲法学) 竹田恒泰



 中国副主席会見要請問題について憲法学者として次のとおり意見を述べる。

 天皇陛下の外国要人との御会見は、一か月前までに文書で申請する取り決めがある。

 しかし、中国政府は習近平国家副主席が十二月十四日に来日するに当たり、申請期限である一か月前を切った十一月下旬に天皇陛下との御会見を要請してきた。

 そこで日本の外務省は、一ヶ月以内の陛下との御会見は認められないと伝えたが、中国側が繰り返し陛下との御会見を求めてきた。

 これを受けて、民主党の小沢一郎幹事長が鳩山総理に御会見の実現を働きかけ、総理が平野博文官房長官に御会見を実現させるよう指示し、宮内庁に正式に要請したと伝えられる。

 日本側が困惑することを知りつつ、強引に天皇陛下の御会見を要求する中国の態度は、国際社会の一員として最低限の礼節を欠いているというべきだ。

 ところがそれにもかかわらず、鳩山総理は中国のその理不尽な要求を受け入れ、これを実現させようとしている。

 これは天皇の政治利用に他ならず、憲法違反として非難されなくてはならない。

 総理官邸で記者が政治利用について質問すると、鳩山総理は、賓客が来た時の判断であり「諸外国と日本との関係をより好転させるため」「政治利用という言葉はあたらない」と述べた。

 同様に平野官房長官も会見で「今回、中国の要人が来るのでお出会いしてくださいというのは、政治利用でも何でもない」と述べ、天皇の政治利用を否定した。

 だが、十二月十一日の羽毛田宮内庁長官の会見によると、平野官房長官から御会見を実現するように二度要請があり、長官が一ヶ月前のルールを説明したが「官房長官は『日中関係は重要だから』の一点張りだった」と述べた。

 だが「日中関係は重要だから」という理由は、それ自身が既に政治的ではあるまいか。これを政治的と言わずして一体何を政治的と言うのだろう。

 一ヶ月前という一定のルールに基づいて処理されるなら、通常の皇室国際親善の範疇に収まるが、「日中関係は重要だから」中国だけ特別扱いして、緊急の御会見を実現させる考えは、重大な政治判断に他ならない。

 これについて総理が「政治利用という言葉はあたらない」とするのは詭弁というべきだろう。

 時の政権が皇室を政治利用することは、憲法違反であり、絶対にあってはいけないことである。

 そもそも、日本は「陛下は副主席とお会いにならない」などと言っているのではなく、あくまで一ヶ月前というルールに反する御会見は認められないと述べただけである。

 中国も国際社会の一員ならば、日本のルールを尊重し、一月以降に来日すれば済む話であろう。

 中国側は「(御会見の成否は)習副主席訪日の成否がかかっている」と、御会見の実現を日本側に強く要求してきたようだが、だったら尚のこと、一月以降に日程を組み直せばそれで何ら問題はないはずである。誰の面子も潰れはしない。

 まして、元首たる国家主席ではなく、ただの副主席なのだから、その程度の日程調整ができないはずはない。

 これまで皇室は、国の大小や、政治的重要性の度合いなどは度外視し、全ての国と平等に国際親善を重ねてきたが、「日中関係は重要だから」という理由で中国を特別扱いした場合、これまで皇室が積み上げてきた国際親善のあり方は崩れることになる。

 それだけではない。今回の例外的な措置が一つの悪しき先例となることは必至だ。

 中国は、多少理不尽なことでも強く要求すれば日本は折れると考え、今後次から次へと同様な理不尽な要求をぶつけてくることにもなりかねない。

 今回は特例として受け入れ、次回に断ったとしたら、それこそ角が立つ話だ。ならば今回は体よくお断りし、中国だけ特別扱いする先例を作るべきではない。

 もし日本が中国だけを特別扱いするなら、それは諸外国の眼には奇妙に映るに違いない。日本は良い笑い物にされるだろう。

 この件について羽毛田宮内庁長官は会見で「二度とこういうことがあってほしくないというのが切なる願いだ」と、強い遺憾の意を表明した。その遺憾の内容は、高く評価すべきである。

 御会見の設定とルールとの整合性を問われた長官は、

「残念なことをせざるを得なくなった。単なる事務ルールのことではない。陛下の役割は国の外交とは違う。国と国の間に政治的懸案があれば陛下を打開策に、となれば憲法上の陛下のなさりようが大きく狂うことになる」

と答え、また天皇の政治利用につながる懸念について質問されると、

「大きく言えばそうでしょう。その意見に対して『何を言ってるんだ』とは言いにくいし、つらい。苦渋の思いだ。陛下の国際親善は政治的な重要性や判断を超えたところにある。天皇陛下の役割について非常に懸念することになるのではないか。政治的判断としてお願いするのはどうなのか」

と述べた。

 宮内庁長官として、実に的確な視点でこの問題をとらえた結果の発言と評価できる。

 また、政府機関の一つの長の役職を占めながらも、可能な限り最大限の発言をしたことも賞賛されるべきだろう。

 しかし、そこまではよいが、結局長官は「宮内庁も内閣の一翼を占める政府機関である以上、直接の上司に当たる官房長官の指示に従うべきなので、誠に心苦しい思いで陛下にお願いした」のだという。

 すなわち、自分は反対意見だったが、上司の意見には逆らえないので、従ってしまったというのである。

 これは、長官が天皇陛下よりも、自分の立場を優先したということを意味する。これでは、長官は天皇を犠牲に自分の立場を守ったと揶揄されても仕方あるまい。

 断言しよう。宮内庁長官の最大の任務は、時の政権が天皇を政治利用しようとした時に、これを阻止することにある。宮内庁長官にとってこれ以上の任務は憲法学的に理論的に存在しない。

 日本国憲法には、政府が天皇を政治利用しようとした時、これを阻止する方法が存在しない。このことは日本国憲法の最大の欠陥といえる。

 しかし、現実的に政府による天皇の政治利用を唯一阻止できる可能性があるのが、宮内庁長官なのである。宮内庁長官を差し置いて、この役割を担える役職は存在しない。

 宮内庁は政府の機関だが、皇室は政府の機関ではない。宮内庁長官は、皇室の利害と政府の利害が対立した時に、政府の中にあって、政府による皇室の政治利用を阻止しなければいけない立場にあるのだ。

 私は問いたい。なぜ羽毛田長官は体を張って止めなかったか。

 皇太子殿下の参内が少ないと皇太子殿下を何度も諌めたと豪語した人物が、天皇の政治利用を目の前にし、なぜ粘り強く総理を諌めなかったか。

 本来であれば、辞表を胸に忍ばせてでも、憲法違反の天皇の政治利用を阻止すべきではなかったろうか。

 長官が強い遺憾の意を抱きながらも、上司に当たる官房長官の指示に従ってしまうのであれば、宮内庁など必要ないではないか。

 私はかつて「宮内庁は皇室をお守りする機関」だと思っていた。しかしそれは大きな間違いだったのかもしれない。

 皇室の利害と政府の利害が対立した時に、簡単に政府の立場に立つような宮内庁なら、存在意義は殆どないといえよう。

 もし、羽毛田長官とて人の子であるから、長官が、自分が更迭されるのが怖くて官房長官の指示に従ったのであれば、まだ分かる。

 しかし、総理には宮内庁長官の人事権と更迭権はない。総理には宮内庁長官を更迭する権力はないのであるから、長官は気後れせずに、陛下をお守りすることだけを考えて職務に邁進すべきである。

 私は羽毛田長官に言いたい。政治利用の魔の手から天皇陛下を守れるのは、あなたしかいない。

 これからでも遅くはない。「やはり、お受けできない」と総理の要請を突っぱねるべきではないか。この一件は宮内庁の存在意義が問われる重要な局面である。

この記事に

閉じる コメント(34)

顔アイコン

竹田さんは今回の件について宮内庁に伝えられましたか?
私は電話致しましたが、より沢山の方が電話する事に意義があると思います。たとえ今回は無理であっても国民の小さな積み重ねがやがて大きな意義を見出していくのだと思います。

2009/12/14(月) 午後 3:24 [ 嵯峨源氏 ] 返信する

顔アイコン

ロガーさんへ

>>今回の問題を憲法違反としたり

「時の政権が皇室を政治利用することは、憲法違反」

これは、素人が言っていることではなく、憲法学者である「憲法の解釈の専門家」が言っていることなので、私は正しいと判断します。

今回の件は、「「長官が一ヶ月前のルールを説明したが「官房長官は『日中関係は重要だから』の一点張りだった」」」

これが本当のことであれば、完全な政治的利用であり、これを政治的利用といわないなら、この世に政治的利用はないと思います。

2009/12/14(月) 午後 6:45 [ hik*yos*luc** ] 返信する

顔アイコン

このことを些細なことと言っている人がいますが、日本の独立国としての誇りがかかっているのを知らないのだろうか。陛下を薄汚い民主政権の小沢などが思い通りにしようとしているのは腹立たしいことだ。奴らには陛下のご健康を配慮する気持ちすらない。小沢は自分の馬鹿げた訪中の返礼をしたいだけに陛下を利用したいだけだ。

2009/12/14(月) 午後 8:09 [ グラス ] 返信する

顔アイコン

そもそも竹田さんのような血筋の人が、天皇問題に物申すのは、皇室の血筋の政治的利用ではないかと思いますがね。竹田さんのような人は政治問題に口出しすべきではないのではないか。 削除

2009/12/14(月) 午後 9:02 [ なぞの人 ] 返信する

顔アイコン

なぞの人さんへ。
竹田様は現在の立場は民間人だから発言可能。文句ならばGHQに言うのが筋。戦後アメリカが日本を弱体化させる目的で皇族を縮小させた。だから我々が元皇族から皇族に戻せば良い。その代わり、自由な発言は失われる。どこの国でも、王族に自由は無い。
私的には、現在の日本と中国は、日清戦争の時に似ている。大陸派(中国派)と海洋派に日本は別れていた。精神的支えに、天皇家が必要になるだろう。 削除

2009/12/14(月) 午後 9:16 [ なげき男 ] 返信する

顔アイコン

それにしても、万世一系の天皇を、三流国の副主席風情と会わせるために、内規を無理やり捻じ曲げてでも…、ということを押し切る小沢幹事長の顔がこれほど醜く見えたことはない。
もう明日でしょ。変更される気遣いはないな。残念です。 削除

2009/12/14(月) 午後 11:12 [ なぞの人 ] 返信する

顔アイコン

竹田さんの意見は大体分かりました。
しかし、残念なことに小沢一郎の言うことは間違っていません。
政治利用というのは明文化されてない主観的な概念です。
専門家でも議論の分かれるところでしょう。
現憲法では天皇は小沢の提案を拒否できません。
小沢も鳩山兄もそれを見越しているのです。
しかもいまだ国民の高い支持を誇る民主党だから、政治利用と開き直りもできます。
これは国民が馬鹿だからではなく、それだけ野党自民が駄目だからです。
安倍晋三は馬鹿の一つ覚えで憲法違反と負け犬の遠吠えを繰り返してますが、憲法違反という言葉が一人歩きする危険があります。
これを機に皇室典範はもちろん、皇族の基本的人権や天皇の拒否権を取り入れた改憲の議論が出てこないのが不思議です。
攘夷思想ばかりで尊王思想はほとんど出てきません。
こういうことこそ、竹田さんに訴えて欲しいと思います。 削除

2009/12/15(火) 午前 0:38 [ ロガー ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
政治的利用云々以前に陛下に対して不敬だと思いませんか?
その感覚を忘れてはいけないと思いますが… 削除

2009/12/15(火) 午前 6:12 [ 新田ひろし ] 返信する

顔アイコン

とにかく中国様に対してはまた悪い先例を作ったね。
違う中国の要人が陛下を政治利用しようとした場合、面子を重んじる中国の要請は今後断れませんよ。

あえて30日ルールを破ったのと違いますかね? 第一このおっさんが本当に偉くなるかの保証もない。

個人的意見としていわせてもらうと陛下には自らの政治利用しか考えない薄汚い中国人政治家には一切お会いしてもらいたくない

訪韓、論外です。

2009/12/15(火) 午前 11:32 [ poh*kls*ie ] 返信する

顔アイコン

ロガーさんへ

>小沢一郎の言うことは間違ってない
>政治利用というのは明文化ない主観的な概念

今日の産経新聞の2面上中を。
「諸外国との関係を好転させることはそれ自体が外交(天皇陛下の政治利用)」

小沢は、あきらかな悪意のある間違い。
政治利用以外のなにものでもない。
何故、ここで詭弁をつかってでも「政治利用ではない」というかという目的もあきらか。(読書力が普通にあればわかります)


>>現憲法では天皇は小沢の提案を拒否できません。
宮内庁長官の人事権は、小沢氏にないのでは?
ないなら、普通に拒否できます。
これは、想像ですが、私が、悪意のある長官なら、この出来レースで、辞めないといっておいて、後で、やめさせられたという感じでやめます。(悪がバレないようにします)
目的は味方のフリして強引に天皇陛下にルールを変えさせる・・・フットインザドアにもなる。
私は、中国に対して好印象をもっていたが、この内容を知り、中国に対して憤慨する感情をもちました。
日本にとってとてもよくないことだらけです。

2009/12/15(火) 午後 1:04 [ hik*yos*luc** ] 返信する

顔アイコン

今さら何をカマトトぶっているのか。天皇の政治利用なんて今に始まった話ではない。天皇の中国訪問の際に、どんな調子で「評価」されていたのか知らないの? 削除

2009/12/15(火) 午後 3:16 [ rma ] 返信する

顔アイコン

トラックバックありがとうございました。

本件は、(1)陛下のご不例への配慮、(2)天皇の政治利用、(3)対中外交という3点において問題です。鳩山内閣によるご引見の強行に、厳重に抗議したいと思います。 削除

2009/12/15(火) 午後 5:41 [ kkd ] 返信する

顔アイコン

小沢さんという独裁恐怖政治家が自分の利権のために利用するのが醜いです。
しかも、内閣に入っていないただの政党幹事長が立場もわきまえず。
天皇陛下の訪韓に断固反対いたします!! 削除

2009/12/15(火) 午後 9:58 [ skr ] 返信する

顔アイコン

ロガーさんへ
小沢は、憲法三条を楯に「天皇陛下の国事行為は内閣の助言と承認の下に行われるのが憲法の本旨だ」と言って、習近平のごり押し会見を正当化した。
これは、憲法三条の主旨を理解せず、自分の都合の良いように解釈した暴論である。この解釈に立てば、内閣が天皇陛下の上に立つことになる。正に小沢は現代の弓削道鏡であり、やがて天罰が下るであろう。
憲法三条の主旨は、立憲君主制の根幹である「君主の無問責条項」にある。即ち、君主に政治的行為の責任を負わせないために、「政治的行為に関しては、内閣全員の署名の下に、天皇陛下が裁可を与える」というものである。
飽くまで、「内閣全員」というハードルの下での内閣の助言である。一小沢、一鳩山、一平野の意見に従えという考えは、日本では「国賊」という。 削除

2009/12/15(火) 午後 9:58 [ 川久保勲 ] 返信する

顔アイコン

時の政府に利用されない、皇室としてどんなルールが必要か。小沢独裁者の様な、皇室を利用するケシカラン者の皇室将来の為に、此の際決めて置くべきと思います。 削除

2009/12/22(火) 午前 11:09 [ 憂う国民 ] 返信する

顔アイコン

藤澤基邦さんもストーカーに成り果てましたか。同じことを何度も言っておきながら、メディアは貴方を無視してきました。騒いでも無視されています。それを理解しなさい。受け入れなさい。 削除

2009/12/31(木) 午前 9:50 [ なげき男 ] 返信する

顔アイコン

>内閣が天皇陛下の上に立つ

天皇が内閣の上に立ち、
内閣に対して指示を行えば、
国会を基礎とする民主主義の
完全な否定となるが? 削除

2009/12/31(木) 午後 3:48 [ 笑う男 ] 返信する

顔アイコン

川久保勲氏は、日本国憲法の前文を読まれていないらしい。

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」

小学校入学から大学卒業にいたるまでの間、一度も日本国憲法の前文を読む機会がなかったというのは残念なことである。 削除

2009/12/31(木) 午後 3:56 [ 笑う男 ] 返信する

顔アイコン

余談ですが
>天罰が下るであろう。
そのような物理現象は確認されていませんが

とあるところで、頭に血がのぼって缶を投げつけた男が捕まったという話はありましたが、そういうのは「天罰」とはいいません。強いていえば、「テロ」でしょう。 削除

2009/12/31(木) 午後 4:03 [ 笑う男 ] 返信する

顔アイコン

外国政府が憲法違反だって?
アホも休み休み言えよ。
拙いなりにも大学で憲法を教えてるんじゃねーのか?
「憲法」とは何か、もうちょっと勉強してからほざけよ、低脳が! 削除

2010/10/4(月) 午後 11:33 [ アホか ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事