竹田恒泰日記

気ままな日記です。 HPもどうぞ! http://www.takenoma.com

全体表示

[ リスト ]

 昨日の「政府の中国副主席会見要請は憲法違反」について、次の通り補足する。


政府の中国副主席会見要請は憲法違反2

〜天皇政治利用の根拠
〜宮内庁長官権限の限界と可能性
〜中国で主席になるには天皇の力が必要

                         慶應義塾大学講師(憲法学) 竹田恒泰

 今回の中国副主席会見要請問題が天皇の政治利用に当たるか議論がある。

 たしかに、今回の一件が一ヶ月より前に御会見の要請があったなら、このような政治利用問題に発展することはなかったろう。胡錦濤国家主席が副主席の時代に天皇陛下の謁を賜った例があり、然るべき手続きを経ていたならば、先例と同様に扱われていたと思われる。

 では、胡錦濤氏の場合は天皇の政治利用ではなく、習近平の場合が天皇の政治利用であるというのはいかなる理屈によるものか。

 それは、内規に違反している点においてである。

 天皇陛下が外交要人を御引見あそばすことが、直ちに天皇の政治利用になるものではない。今回の場合は、表面的には手続きが政府内の規則違反によって行われたことが問題となる。

 重要なのは、皇室がこれまで諸外国を国の大小や、政治的重要性を考慮せずに、全て平等に国際親善を積み上げてきたことである。諸国を平等に扱う上において、皇室の国際親善自体は天皇の政治利用に当たらない。

 だが、もし皇室の国際親善が特定の国を特別扱いしたものであったなら、それは天皇の政治利用に当たると考えなくてはならない。

 「親善」はあくまで文化的交流だが、「外交」は政治的交流であって、特定の国を特別扱いする皇室の国際親善は「親善」を超え「外交」の領域に達することになるからである。

 したがって、今回の問題は、内規に違反してまで御会見を設定した点において、天皇の政治利用というべきだ。そして、天皇の政治利用は憲法違反に当たる。


 次に宮内庁長官の権限について考えたい。
 宮内庁は内閣府に属し、宮内庁長官は省を率いる大臣ではないため、その権限は大臣のそれとは大きく異なる。

 したがって、今回のような皇室の事務に関する事項につき宮内庁長官が断固反対したとしても、長官には総理の決定を覆す権限はない。

 だからといって、宮内庁長官が官邸の言いなりになっていたのでは、宮内庁長官の存在意義は無いといわなくてはならない。

 宮内庁長官が粘り強く総理を諫めるべきであったことは、昨日掲載した「政府の中国副主席会見要請は憲法違反」を参照して欲しい。

 また、総理には宮内庁長官の人事権がなく、罷免することもできない。宮内庁長官の人事は事務方の官房副長官に属し、総じて言えば官僚機構が長官の人事権を掌握している。具体的には内閣法制局が重要な役割を担う。

 今回の件で宮内庁長官が御会見設定に最後まで反対の意見を表明したとしても、総理は長官を更迭することができないのであるから、長官は気おくれせずに断固として反対すべきだった。

 先述の通り、長官には拒否権はないが、総理の要請に対して毅然とした態度をとり続けることで、政府が天皇を政治利用することの問題を、国民に明確に示すことができたはずだ。それによって国民世論を動かすことも可能だった。

 具体的には、長官が最後まで反対した場合、総理が長官を更迭できないのであるから、総理は長官を通り越して直接侍従長に指令を与えなくてはならなかった。このような事態が生じたなら、国民的議論が感化されたはずである。そうなったら羽毛田宮内庁長官は、体を張って天皇をお守りした長官として歴史に名が刻まれていたことだろう。

 羽毛田長官がこの問題を本当に重要と考えていたなら、そのように振る舞ったはずである。表面上は苦渋に満ちた振りをしているが、それは自身の責任逃れのための芝居だったのではないかと言われても仕方あるまい。

 このような形で簡単に天皇が政治利用されるのであれば、宮内庁を省に格上げして宮内大臣に一定の権限を持たせるか、もしくは宮内庁を廃止し、皇室が政府と折衝するための独自の機関を設置するかのどちらかしかないだろう。

 現在のような宮内庁であれば、もはや存在意義は無い。



 今回の一連の騒動で思ったのは、日本人が思っている以上に、中国が天皇の価値を認めていることである。

 副主席は、天皇の謁を賜ることで、中国国内において自らの地位を押し上げることを目論んでいることは明確である。

 古代において、日本は中国に朝貢することで日本国内における王権の正当性を認められた時期があったが、今はその構造が逆転したのかもしれない。日本の天皇と会見を果たすことが、中国の指導者になるために必要な条件となっているようだ。

 であるならば、何も中国の御機嫌を伺いながら、国内の内規に違反する理不尽な御会見を設定する必要はない。

 日本は「陛下の御会見を設定しない」と言っているのではないのだから、副主席来日の日程を一ヶ月延期すればそれで済む話だ。

 中国外交部の高官が十二日、特例による御会見設定について「日本国内の問題だが、日本政府に感謝する」「日本国民の皆さんに理解を求めたい」と述べたという。

 理不尽な要求をしておいて「理解を求めたい」とは一体何事か。日本の外務省こそ、中国人民に対し、日本の象徴天皇に理解を求めるべきではなかったか。

 もし特例の御会見が実行されたなら、それこそ日中友好に水を差すことになるだろう。日本国民はこの屈辱を決して許さない。

 本当の日中友好を考えるなら、日本はむしろ断固として特例の扱いを拒否すべきである。今からでも遅くはない。

この記事に

閉じる コメント(13)

トラックバック有難う御座います。
今朝の鳩山の会見は、政治利用だったと事実上認めた上で、開き直りました。
しかも、「お会いいただく」って、強制ですか。これは。

2009/12/14(月) 午後 0:44 癸生川三郎 返信する

顔アイコン

トラックバックありがとうございました。
貴ブログを拝見し、まさに目から鱗が落ちました。

2009/12/15(火) 午前 0:31 kurokuma 返信する

顔アイコン

理不尽な要求をしておいて「理解を求めたい」とは一体何事か。

激しく同意しますっ!!!
私は最近中国に好印象を持ってきておりましたが、この件で、最高に嫌いになりつつあります。
中国の上の者はなんと礼儀のない国なのか。どこでもツバを吐きまくり、決して順番を守らないそのままではないか!!!自国でやるならよい!!他国に押し付けるな!!

2009/12/15(火) 午後 1:14 [ hik*yos*luc** ] 返信する

顔アイコン

羽毛田長官がこの問題を本当に重要と考えていたなら、そのように振る舞ったはずである。
表面上は苦渋に満ちた振りをしているが、それは自身の責任逃れのための芝居だったのではないかと言われても仕方あるまい。


そうとしか思えません。そう考えなければ筋が通りません。

2009/12/15(火) 午後 1:18 [ hik*yos*luc** ] 返信する

顔アイコン

人間世界は暗黙知と形式知がある。暗黙知は経験則であり文章にすることが困難な知識だ。形式知は数字で表現することが可能な知識だ。
お笑い芸人のボケとツッコミで言えば、ボケとツッコミのタイミングは暗黙知。タイミングに関しては経験しか判断できない。
天皇は憲法よりも上位に位置する存在が日本人の暗黙知。だから天皇は国家の尊厳。 削除

2009/12/15(火) 午後 6:18 [ なげき男 ] 返信する

顔アイコン

宮内庁長官の任命権者ってどなたなのか教えて頂けますか?調べているのですが答えに行き当たりません。

2009/12/15(火) 午後 7:03 [ cyb**aci* ] 返信する

顔アイコン

「副主席は、天皇の謁を賜ることで、中国国内において自らの地位を押し上げることを目論んでいることは明確である」
といっても、中国2番手が日本の天皇と対等又は上、自分・自国はスゴイ と見せかけることが狙いでは?
以前にも天皇陛下に大変な無礼を働きましたよね。 別の人ですが。
あれだって絶対わざとでしょ。

慣例無視のぶしつけな要求に日本政府は従うしかなかった。
結局直前アポで行ったが日本の天皇は自分のために時間を作った。
故に中国No.2と天皇は同格 (日本政府は遥か下等で論外)
そう誇示しているようにしか見えません。

ただ、人間はやはり『王家』を本能的に求めるのだなぁ と実感。
中国でこれなのだから。

そして自分達の立ち位置をアピールしたつもりだろうが、
礼節も常識もない国 と恥を曝しただけに終わってることに気づいてない。
来日そのものよりも、こっちの問題が遥かにクローズアップされて
きっかけ扱いになっている
残念でしたね
やはり天に唾すると自分の顔にピシャッと掛かるだけなのよ
総理も小沢も 削除

2009/12/15(火) 午後 10:39 [ りんたろう ] 返信する

顔アイコン

このたびの中国人及び中国政府に阿る民主党の馬鹿共による暴挙は、不敬罪(って今は無いか?)で逮捕!!
特に小沢一郎の物言いは、決して許してはいけない。
また、宮内庁長官の弱腰もいただけない。
「いけないものはいけない」と断固主張し、
それこそ職を賭してでも陛下をお守りすべき立場の者だろうが〜。
正常な感覚を持つ日本国民は、皆怒っている!! 削除

2009/12/16(水) 午前 11:46 [ takmakino ] 返信する

顔アイコン

ウルグアイ大統領への応対と比較すると、どれだけ副主席の扱いが異常で、国際的な外交慣例からも外れているか、よく判るかと。 削除

2009/12/17(木) 午後 4:48 [ えまのん ] 返信する

顔アイコン

本件とはまったく関係ないのですが・・・
先生は、竹田宮家の御出自と伺っております。
不遜は承知でお伺いしたいことがあります。
〆の天皇家が先細りになっている以上、
また、皇統の継続の観点からも、
戦後GHQの命令で皇籍離脱された宮家の方々に、
皇籍に復帰していただくことが一番よく思われるのですが?
△茲万世一系と天皇家のことを表現する時に用いますが、
継体天皇など明らかに傍系(五代以上離れていたような?)
の方が天皇になられた場合、別王朝となるのではないでしょうか?
不勉強で申し訳ありません。が、日本人として不勉強では許されないような気がしまして・・・以上2点ご教授願います。 削除

2009/12/18(金) 午前 11:14 [ takmakino ] 返信する

顔アイコン

不経済さん、そもそも、民主党内部でも、この件に関しては小沢批判が多いですよ。民主党も割れている。 削除

2009/12/19(土) 午後 5:09 [ himiko ] 返信する

顔アイコン

i,修海泙任里發里任呂覆W
△發箸發般声0柄阿箸いΔ里蓮岼筝澄廚砲茲訃儀僂任OK
現在のルールとは異なる
なので簒奪でない限り続いているのが明治以前
血統などにしたのが明治以降
光仁天皇の配偶者井上女王というのが愛子と同じ立場
光仁天皇は臣下籍
これが皇族復帰して遺言により指定されている
そしてその子は謀反で継承していない
光仁天皇と妾の子が桓武天皇
しかしきれていない
当時はそれでいいからである
皇位継承ルールなんてのは切れていないと言えば切れていない
ということにとどまる
そもそも古事記にしろ日本書紀にしろ正確なわけはなく
神武天皇即位なんてのは明らかに
縄文時代になってしまうから
農耕なんて概念もあるわけもなく
そこに書いてあるk十はすべて意味のないことである
それと同じように万世一系などといって
日本スゲーなどというのも意味がない

竹田先生はバカだから答えられないようなので、
択牧野君肉代わりにこたえてやろう
HAHAHAHAHAHAHAHAH
君らの好きな血統論によれば
竹田君は「メダルを屈辱したことになる」
などと

2014/2/18(火) 午後 4:51 [ izu*i*innko*00*0 ] 返信する

顔アイコン

いう
詰まりたげだはバカなのであって、明治天皇はバカである
そいてバカが故に人畜無害なのであって
代々続いた、とそういうこっちゃWWWWWWWWWWWWWW

2014/2/19(水) 午前 1:01 [ izu*i*innko*00*0 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事