ここから本文です
一切を公開し、コメントなども自由にできるようにしてあります。しかし、どういうわけか、ログインが必要になってしまいます。
(05月23日)Hi-net自動処理震源マップのN= の値の変動と地震の起こり方の変化について

まとめ:震度1以上を観測する地震数が減少しています。
5月19日:2件
5月20日:1件
5月21日:2件
5月22日:3件
と、この四日間で7件という少なさです。311前の1月には、一日での震度1以上を観測した地震数が2以下であった日数が14日間もありました。昨日の3件は極端に少ないというわけではありませんが、比較的少ないとは言えます。また、昨日の3件は全部が関東地方の陸域地震でした。この意味で、かなり異常な地震の起こり方でした。
311前の1月には遠く及びませんが、関東付近の海域の微小地震の起こり方はかなり変化してきていますから、警戒をしておいて損はありません。

本日5月23日、「最新7日間」の「長崎県」減少31です。これでもまだ平常値よりは大きい値なので、本来の意味での静穏化ではないと思いますが、特に大きな地震が起こって、その微小地震の増加分が「最新7日間」の期間から外れた結果の減少ではないため、ある程度の警戒が必要だと思います。特に、中央構造線の北側、茨城県あたりが比較的大きな地震が起こり易くなっているはずだと思います。

「最新24時間」での最大変動幅は「東日本」増加19であり、比較的小幅な変動ですから、本日、内陸または沿岸部でM6程度以上の浅い地震が起こることはないと思います。
しかし、本日も「最新7日間」では関東付近での増加が目立ちます。

「最新7日間」
「埼玉県」増加37
「茨城県」増加94
「群馬県」増加45
「栃木県」増加88
「福島県」増加88
「新潟県」増加45

関東での増加は、昨日5月22日に震度1以上を観測した地震が3件あり、その3件全部が関東での地震であったことも影響していると思います。ただ、増加幅がそれにしては大きすぎるので、太平洋プレートによる西向き圧縮が効いているのではないかと思います。この意味で、東京湾とか霞ヶ浦西部などで大きな地震が起こり易くなりつつあると思います。

なお、北海道地方では、5月になってから震度1以上を観測した地震が3件しかありません。この意味で、かなり異例です。しかしながら、この原因は関東付近に太平洋プレートの西向き圧力が大きくかかり、そのために、日本海溝の反対側である北海道付近での地震発生が止まっているのだと思います。もちろん、北海道自体として大きな地震が起こりやすくなっていることは明らかですが、北海道と関東を比べた場合、やはり、関東で大きな地震がまず起こると思います。

北海道から関東付近の海域で、M6程度以上地震発生の可能性がある程度高いと思います。特に、関東の南方海域、房総半島南方沖や伊豆半島東方沖は、この危険性を意識するべきだと思います。

「最新24時間」の「日本全国広域」08:45現在M2程度以上
日本全国:濃い青のドット:0個。薄い青のドットもなし。
東日本の太平洋沿岸部の微小地震は、かなりまばら。牡鹿半島付近に多少数多くあるが福島県沖は特にまばら。
房総半島南方沖には緑色のM3が2個。

「最新7日間」の「日本全国広域」08:45現在M2程度以上
北緯25度から30度、東経135度から145度:合計6個:全部が東経141度から142度に分布。
青(薄い青を含む):0個、緑(薄い緑や黄緑を含む):2個、黄色(だいだいを含む):3個、赤:1個
濃い青のドット:太平洋側:8個、日本海側:6個(内、北海道の西側付近が3個)
(*北緯22度、東経144度付近に濃い青のM5規模が1個)

「最新7日間」の「日本全国拡大」08:45現在M1程度未満を含む
北緯32度から34度、東経136度から138度:青系:4個、緑系;0個、黄色系:0個、赤系:0個
北緯32度から34度、東経138度から140度:青系:1個、緑系;1個、黄色系:2個、赤系:1個
北緯32度から34度、東経140度から144度:青系:0個、緑系:8個、黄色系:2個、赤系:0個
(*北緯32度から34度、東経140度から144度については、全てが東経140度から142度に分布)

「最新7日間」の「東日本」11:45現在M1程度未満を含む
東経138度から141度までで、北緯34度から沿岸部までの駿河湾、相模湾、東京湾、房総半島を除いた地域:およそ13個(房総半島付近は北緯35度まで)。
駿河湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:4個
相模湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:2個
東京湾:青から緑系:6個、黄色から赤系:2個
房総半島(陸域の東京湾北部以南):青から緑系:1個、黄色から赤系:6個

なお、昨日5月22日の震央分布図を
で見ることが出来ます。
また、最新24時間の震央分布図を次のURLで見ることが出来ます。

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」の値の過去1週間分のN=の値の変化:
基本的に07:00頃の値です。

「日本全国広域」
05月17日:332(前日から12の増加)
05月18日:332(前日から増減なし)
05月19日:283(前日から49の減少)
05月20日:329(前日から46の増加)
05月21日:327(前日から02の減少)
05月22日:298(前日から29の減少)
05月23日:314(前日から16の増加)

「日本全国拡大」
05月17日:324(前日から11の増加)
05月18日:328(前日から04の増加)
05月19日:276(前日から52の減少)
05月20日:324(前日から48の増加)
05月21日:324(前日から増減なし)
05月22日:292(前日から32の減少)
05月23日:302(前日から10の増加)

「北海道」
05月17日:14(前日から03の減少)
05月18日:16(前日から02の増加)
05月19日:12(前日から04の減少)
05月20日:19(前日から07の増加)
05月21日:13(前日から06の減少)
05月22日:16(前日から03の増加)
05月23日:12(前日から04の減少)

「東日本」
05月17日:191(前日から12の増加)
05月18日:210(前日から19の増加)
05月19日:170(前日から40の減少)
05月20日:188(前日から18の増加)
05月21日:223(前日から35の増加)
05月22日:187(前日から36の減少)
05月23日:206(前日から19の増加)

「本州中部」
05月17日:130(前日から13の増加)
05月18日:122(前日から08の減少)
05月19日:106(前日から16の減少)
05月20日:141(前日から35の増加)
05月21日:125(前日から16の減少)
05月22日:120(前日から05の減少)
05月23日:107(前日から13の減少)

「西日本」
05月17日:135(前日から07の増加)
05月18日:115(前日から20の減少)
05月19日:102(前日から13の減少)
05月20日:123(前日から21の増加)
05月21日:098(前日から25の減少)
05月22日:095(前日から03の減少)
05月23日:096(前日から01の増加)

Hi-net自動処理震源マップでの変動についてです。

関東地方周辺の「最新7日間」(前日との差)
======20日ー21日ー22日ー23日
「東京都」 :0142-0137-0131-0121(減少10)
「神奈川」 :0160-0166-0159-0146(減少13)
「静岡県」 :0228-0221-0222-0218(減少04)
「千葉県」 :0347-0335-0318-0315(減少03)
「埼玉県」 :0253-0332-0398-0435(増加37)
「茨城県」 :0726-0797-0865-0959(増加94)
「群馬県」 :0218-0298-0376-0421(増加45)
「栃木県」 :0562-0640-0720-0808(増加88)
「福島県」 :0459-0530-0608-0696(増加88)

関東地方周辺の「最新30日間」(前日との差)   
======20日ー21日ー22日ー23日
「東京都」 :0685-0685-0662-0590(減少72)
「神奈川」 :0753-0766-0740-0715(減少25)
「静岡県」 :1175-1154-1128-1071(減少57)
「千葉県」 :1233-1233-1206-1185(減少21)
「埼玉県」 :1270-1363-1414-1447(増加33)
「茨城県」 :2926-2999-3052-3137(増加85)
「群馬県」 :1120-1197-1266-1322(増加56)
「栃木県」 :2262-2336-2412-2507(増加95)
「福島県」 :2032-2092-2177-2278(増加101)

その他に昨日から今朝で15以上の変動があった地域は次の通りです。

「最新7日間」
「新潟県」:311→357(増加46)
「山口県」:184→169(減少15)
「福岡県」:315→271(減少44)
「佐賀県」:335→298(減少37)
「長崎県」:123→092(減少31)
「熊本県」:419→366(減少53)
「大分県」:388→358(減少30)
「宮崎県」:445→397(減少48)
「鹿児島県」:276→231(減少45)
「沖縄県」:295→278(減少17)

「最新30日間」
「新潟県」:1176→1243(増加67)
「山梨県」:1046→1024(減少22)
「大阪府」:1451→1434(減少17)
「兵庫県」:1076→1058(減少18)
「奈良県」:1398→1379(減少19)
「島根県」:0979→0914(減少65)
「広島県」:1128→1068(減少60)
「山口県」:1013→0960(減少53)
「福岡県」:1294→1263(減少31)
「佐賀県」:1356→1324(減少32)
「熊本県」:1876→1827(減少49)
「大分県」:1641→1609(減少32)
「宮崎県」:2194→2149(減少45)
「鹿児島県」:1740→1716(減少24)

05月22日に発生した地震:3件(昨日は2件)(海外での大きな地震を含みます。)
2018年5月22日 7時31分ごろ 茨城県北部 3.6 1
2018年5月22日 11時35分ごろ 茨城県南部 3.4 2
2018年5月22日 21時55分ごろ 千葉県北東部 3.7 2

過去1週間分の震度を観測した地震の地域別集計:
05月16日:07件(震度1:03件)(M4以上:1件)
05月17日:08件(震度1:06件)(M4以上:2件)
05月18日:06件(震度1:04件)(M4以上:2件)
05月19日:02件(震度1:02件)(M4以上:0件)
05月20日:01件(震度1:01件)(M4以上:0件)
05月21日:02件(震度1:02件)(M4以上:0件)
05月22日:03件(震度1:01件)(M4以上:0件)
合計:29件
(震度1:19件で66%)(M4以上:5件で17%)

日本全体の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:110件(陸域:50件、海域:60件)
過去6日間05月17日から05月22日までの実績:22件(陸域:10件、海域:12件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると41%程度の減少となる。陸域の地震数は58%減少となっている。

過去15日間から推測する今後31日間の地震数:138件(陸域:68件、海域:70件)
過去15日間05月08日から05月22日までの実績:69件(陸域:34件、海域:35件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると25%程度の減少となる。特に陸域の地震数は43%減となっている。

2017年月別地震数:
01月:150(陸域:081件、海域:069件、M4以上:36件:24%)
02月:144(陸域:068件、海域:076件、M4以上:45件:31%)
03月:156(陸域:077件、海域:079件、M4以上:34件:22%)
04月:178(陸域:089件、海域:089件、M4以上:32件:18%)
05月:161(陸域:091件、海域:070件、M4以上:25件:16%)
06月:213(陸域:125件、海域:088件、M4以上:37件:17%)
07月:175(陸域:074件、海域:101件、M4以上:48件:27%)
08月:204(陸域:111件、海域:093件、M4以上:34件:17%)
09月:185(陸域:119件、海域:066件、M4以上:30件:16%)
10月:140(陸域:082件、海域:058件、M4以上:27件:19%)
11月:141(陸域:072件、海域:069件、M4以上:29件:21%)
12月:141(陸域:067件、海域:074件、M4以上:39件:28%)
2018年月別地震数:
01月:131(陸域:060件、海域:071件、M4以上:35件:27%)
02月:107(陸域:052件、海域:055件、M4以上:28件:26%)
03月:163(陸域:056件、海域:107件、M4以上:34件:21%)
04月:170(陸域:085件、海域:085件、M4以上:37件:22%)

1.北海道
2018年5月18日 3時42分ごろ 釧路沖 5.8 4
2018年5月19日 17時35分ごろ 北海道北西沖 2.3 1
合計:02件(陸域:0件、海域:2件)(M4以上:1件、50%)(震度1:1件、50%)

2.東北
2018年5月16日 3時47分ごろ 青森県東方沖 4.3 1
2018年5月16日 20時17分ごろ 青森県三八上北地方 2.5 1
2018年5月17日 10時47分ごろ 宮城県沖 3.8 1
2018年5月18日 6時29分ごろ 宮城県沖 3.4 1
2018年5月18日 6時36分ごろ 青森県西方沖 4.1 1
2018年5月18日 10時34分ごろ 福島県沖 3.7 1
合計:6件(陸域:1件、海域:5件)(福島県以南:1件、宮城県以北:5件)(M4以上:2件、43%)(震度1:6件、86%)

3.関東(静岡県を含む)
2018年5月17日 12時12分ごろ 千葉県東方沖 5.3 4
2018年5月17日 18時34分ごろ 栃木県南部 2.7 2
2018年5月18日 2時56分ごろ 千葉県北東部 3.0 2
2018年5月20日 17時47分ごろ 茨城県北部 3.3 1
2018年5月22日 7時31分ごろ 茨城県北部 3.6 1
2018年5月22日 11時35分ごろ 茨城県南部 3.4 2
2018年5月22日 21時55分ごろ 千葉県北東部 3.7 2
合計:7件
(陸域:6件、海域:1件)(M4以上:1件、14%)(震度1:2件、29%)(茨城県沖:0件、茨城県北部:1件、茨城県南部:0件、千葉県東方沖:1件、静岡県:0件)(伊豆・小笠原:0件)

関東地方の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:35件(陸域:30、海域:5)
05月17日から05月22日までの6日間の実績:7(陸域:6件、海域:1件)

過去15日間から推測する今後30日間の地震数:28件(陸域:20、海域:8)
05月08日から05月22日までの15日間の実績:14件(陸域:10件、海域:4件)
(静岡県の0件を含めないと、05月08日から05月22日までの15日間の実績:14件(陸域:10件、海域:4件)となり、今後30日間の予測地震数:28件(陸域:20、海域:8)


2017年8月のそれ
を比較しましょう。

2016年と2017の関東地方の地震数の推移は次の通りです。伊豆・小笠原での地震も含んでいます。
2016年
01月:40
02月:31
03月:18
04月:30
05月:26
06月:32
07月:63
08月:31
09月:31
10月:28
11月:22
12月:51
2017年
01月:31件(陸域:20件、海域:11件)(静岡県:1件)
02月:43件(陸域:25件、海域:18件)(静岡県:0件)
03月:35件(陸域:18件、海域:17件)(静岡県:1件)
04月:32件(陸域:16件、海域:16件)(静岡県:1件)
05月:27件(陸域:14件、海域:13件)(静岡県:1件)
06月:49件(陸域:18件、海域:31件)(静岡県:1件)
07月:29件(陸域:14件、海域:15件)(静岡県:0件)
08月:42件(陸域:32件、海域:10件)(静岡県:1件)
09月:33件(陸域:20件、海域:13件)(静岡県:3件)
10月:29件(陸域:21件、海域:08件)(静岡県:2件)
11月:38件(陸域:25件、海域:13件)(静岡県:2件)
12月:24件(陸域:12件、海域:12件)(静岡県:1件)
2018年
01月:41件(陸域:16件、海域:25件)(静岡県:2件)
02月:26件(陸域:15件、海域:11件)(静岡県:2件)
03月:30件(陸域:15件、海域:15件)(静岡県:3件)
04月:24件(陸域:09件、海域:15件)(静岡県:1件)

4.中部
2018年5月16日 0時18分ごろ 岐阜県美濃東部 2.6 2
2018年5月16日 8時55分ごろ 長野県北部 2.7 3
2018年5月16日 10時14分ごろ 長野県北部 1.6 1
2018年5月16日 19時26分ごろ 長野県北部 2.5 3
2018年5月19日 8時50分ごろ 山梨県東部・富士五湖 2.5 1
合計:6件
(長野県:3件、長野県以外:3件)(震度1:2件、33%)

5.関西
合計:0件(震度1:0件、0%)

6.中国・四国
2018年5月17日 16時34分ごろ 島根県西部 3.4 1
2018年5月18日 0時11分ごろ 紀伊水道 2.8 1
2018年5月21日 16時49分ごろ 岡山県北部 2.9 1
2018年5月21日 21時50分ごろ 安芸灘 3.3 1
合計:4件
(陸域:2件、海域:2件)(震度1:4件、100%)

7.九州
2018年5月16日 14時43分ごろ 熊本県熊本地方 3.3 2
2018年5月17日 7時00分ごろ 奄美大島北西沖 4.1 1
2018年5月17日 7時27分ごろ 有明海 2.0 1
2018年5月17日 14時50分ごろ 有明海 2.4 1
合計:4件
(陸域:1件、海域:3件)(南西諸島:1件、九州北部:0件、熊本県:1件、鹿児島湾:0件)(震度1:3件、75%)

8.沖縄 
2018年5月17日 14時28分ごろ 沖縄本島近海 2.9 1
合計:1件
(台湾付近:0件)(M6以上:0件)(震度1:1件、100%)

2018年05月23日09時20分 武田信弘 ジオログ(http//geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http//blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。CN:130370、SN:4686

この記事に

加計氏と安倍総理の面談についての愛媛県文書は100%ガセ

根拠は次の通りです。

1.2015年2月25日に安倍総理が加計氏と面談し、「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」と言ったというなら、とても大きなことなので、今までの愛媛県の調査で担当者が「こういった事実があり、そのことを記した文書もあります」と言い出さないとおかしい。なぜ、今の時期に出てくるのか。
2.1.と同様な理由で、2015年2月25日の段階で加計学園や今治市、愛媛県などの関係者に話が広まってい無ければいけない。もし、広まっていたなら、今までの騒ぎの過程でそういった証言が出て来ていてしかるべき。
3.今回の文書が出てきた場所というか、どのような形で残っていたのかがはっきりしない。特に内容として内密にといった取り扱いにはなっていなかった様子なので、広く共有されている必要があるはず。何の担当者に、どのような形で保存されていたのか。
4.そもそも、総理からの言質を取ったと言える内容なのだから、そのことを記した正式な文書として2015年3月3日の愛媛県と加計学園側と会合後、各方面で正式な文書として残されているのが自然。なぜ、正式な文書ではないのか。

また、そもそも、森友学園問題がガセというか、罠であったのは明らかであり、その続きなのですから、ガセと疑う必要があります。なぜ、中村愛媛県知事、与野党の関係者、マスコミは疑うことをしないのか?

2018年05月22日22時35分 武田信弘 ジオログ(http//geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http//blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。CN:130359、SN:4685

この記事に

(05月22日)Hi-net自動処理震源マップのN= の値の変動と地震の起こり方の変化について

まとめ:震度1以上を観測する地震数が減少しています。
5月19日:2件
5月20日:1件
5月21日:2件
と、この三日間で5件という少なさです。311前の1月には、一日での震度1以上を観測した地震数が2以下であった日数が14日間もありました。まだ三日間ですから311前の1月には遠く及びませんが、関東付近の海域の微小地震の起こり方はかなり変化してきていますから、警戒をしておいて損はありません。

本日5月22日、「最新24時間」での最大変動幅は「東日本」減少36、その次が「日本全国拡大」減少32でした。しかし、「最新7日間」では関東付近での増加が目立ちます。

「最新7日間」
「埼玉県」増加66
「茨城県」増加68
「群馬県」増加78
「栃木県」増加80
「福島県」増加78
「新潟県」増加44

よって、東日本の沿岸部での微小地震減少が大きいはずです。その意味で、関東から北海道にかけての沿岸部、または海域でのかなり大きな地震発生が近い可能性があると思います。

なお、北海道地方では、5月になってから震度1以上を観測した地震が3件しかありません。この意味で、かなり異例です。しかしながら、この原因は関東付近に太平洋プレートの西向き圧力が大きくかかり、そのために、日本海溝の反対側である北海道付近での地震発生が止まっているのだと思います。もちろん、北海道自体として大きな地震が起こりやすくなっていることは明らかですが、北海道と関東を比べた場合、やはり、関東で大きな地震がまず起こると思います。

北海道から関東付近の海域で、M6程度以上地震発生の可能性がある程度高いと思います。特に、関東の南方海域、房総半島南方沖や伊豆半島東方沖は、この危険性を意識するべきだと思います。

「最新24時間」の「日本全国広域」11:30現在M2程度以上
日本全国:濃い青のドット:1個。北海道西部沿岸M2。薄い青から濃い緑のドットが北日本一帯で増加:北海道3個、山形県2個。
東日本の太平洋沿岸部の微小地震は、かなりまばらになっているが、茨城県沿岸部はある程度ドットがある。
房総半島南東側の黄色のM2が1個。屋久島南方沖赤のM2が1個。沖縄本島沿岸部に黄色のM3が1個。

「最新7日間」の「日本全国広域」11:30現在M2程度以上
北緯25度から30度、東経135度から145度:合計6個:全部が東経141度から142度に分布。
青(薄い青を含む):0個、緑(薄い緑や黄緑を含む):2個、黄色(だいだいを含む):3個、赤:1個
濃い青のドット:太平洋側:6個、日本海側:5個(内、北海道の西側付近が2個)

「最新7日間」の「日本全国拡大」11:45現在M1程度未満を含む
北緯32度から34度、東経136度から138度:青系:3個、緑系;0個、黄色系:1個、赤系:0個
北緯32度から34度、東経138度から140度:青系:1個、緑系;2個、黄色系:2個、赤系:1個
北緯32度から34度、東経140度から144度:青系:0個、緑系:0個、黄色系:10個、赤系:0個
(*北緯32度から34度、東経140度から144度については、全てが東経140度から142度に分布)

「最新7日間」の「東日本」11:45現在M1程度未満を含む
東経138度から141度までで、北緯34度から沿岸部までの駿河湾、相模湾、東京湾、房総半島を除いた地域:およそ13個(房総半島付近は北緯35度まで)。
駿河湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:3個
相模湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:2個
東京湾:青から緑系:6個、黄色から赤系:2個
房総半島(陸域の東京湾北部以南):青から緑系:8個、黄色から赤系:0個

なお、昨日5月21日の震央分布図を
で見ることが出来ます。
また、最新24時間の震央分布図を次のURLで見ることが出来ます。

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」の値の過去1週間分のN=の値の変化:
基本的に07:00頃の値です。

「日本全国広域」
05月16日:320(前日から17の増加)
05月17日:332(前日から12の増加)
05月18日:332(前日から増減なし)
05月19日:283(前日から49の減少)
05月20日:329(前日から46の増加)
05月21日:327(前日から02の減少)
05月22日:298(前日から29の減少)

「日本全国拡大」
05月16日:313(前日から21の増加)
05月17日:324(前日から11の増加)
05月18日:328(前日から04の増加)
05月19日:276(前日から52の減少)
05月20日:324(前日から48の増加)
05月21日:324(前日から増減なし)
05月22日:292(前日から32の減少)

「北海道」
05月16日:17(前日から05の減少)
05月17日:14(前日から03の減少)
05月18日:16(前日から02の増加)
05月19日:12(前日から04の減少)
05月20日:19(前日から07の増加)
05月21日:13(前日から06の減少)
05月22日:16(前日から03の増加)

「東日本」
05月16日:179(前日から03の減少)
05月17日:191(前日から12の増加)
05月18日:210(前日から19の増加)
05月19日:170(前日から40の減少)
05月20日:188(前日から18の増加)
05月21日:223(前日から35の増加)
05月22日:187(前日から36の減少)

「本州中部」
05月16日:117(前日から19の増加)
05月17日:130(前日から13の増加)
05月18日:122(前日から08の減少)
05月19日:106(前日から16の減少)
05月20日:141(前日から35の増加)
05月21日:125(前日から16の減少)
05月22日:120(前日から05の減少)

「西日本」
05月16日:128(前日から29の増加)
05月17日:135(前日から07の増加)
05月18日:115(前日から20の減少)
05月19日:102(前日から13の減少)
05月20日:123(前日から21の増加)
05月21日:098(前日から25の減少)
05月22日:095(前日から03の減少)

Hi-net自動処理震源マップでの変動についてです。

関東地方周辺の「最新7日間」(前日との差)
======19日ー20日ー21日ー22日
「東京都」 :0146-0142-0137-0131(減少06)
「神奈川」 :0168-0160-0166-0159(減少07)
「静岡県」 :0241-0228-0221-0222(増加01)
「千葉県」 :0357-0347-0335-0318(減少17)
「埼玉県」 :0244-0253-0332-0398(増加66)
「茨城県」 :0725-0726-0797-0865(増加68)
「群馬県」 :0215-0218-0298-0376(増加78)
「栃木県」 :0558-0562-0640-0720(増加80)
「福島県」 :0458-0459-0530-0608(増加78)

関東地方周辺の「最新30日間」(前日との差)   
======19日ー20日ー21日ー22日
「東京都」 :0677-0685-0685-0662(減少23)
「神奈川」 :0753-0753-0766-0740(減少26)
「静岡県」 :1177-1175-1154-1128(減少26)
「千葉県」 :1230-1233-1233-1206(減少27)
「埼玉県」 :1246-1270-1363-1414(増加51)
「茨城県」 :2928-2926-2999-3052(増加53)
「群馬県」 :1092-1120-1197-1266(増加69)
「栃木県」 :2252-2262-2336-2412(増加76)
「福島県」 :2034-2032-2092-2177(増加85)

その他に昨日から今朝で15以上の変動があった地域は次の通りです。

「最新7日間」
「新潟県」:267→311(増加44)
「富山県」:288→270(減少18)
「長野県」:340→325(減少15)
「岐阜県」:351→323(減少28)
「和歌山県」:169→185(増加16)
「福岡県」:351→315(減少36)
「佐賀県」:374→335(減少39)
「熊本県」:455→419(減少36)
「大分県」:422→388(減少34)
「宮崎県」:484→445(減少39)
「鹿児島県」:311→276(減少35)
「沖縄県」:318→295(減少23)

「最新30日間」
「新潟県」:1106→1176(増加70)
「富山県」:1326→1306(減少20)
「福井県」:0730→0713(減少17)
「山梨県」:1072→1046(減少26)
「岐阜県」:1565→1542(減少23)
「愛知県」:1044→1022(減少22)
「三重県」:0909→0928(増加19)
「奈良県」:1378→1398(増加20)
「和歌山県」:0898→0917(増加19)
「鳥取県」:0701→0683(減少18)
「島根県」:1044→0979(減少65)
「岡山県」:0781→0765(減少16)
「広島県」:1194→1128(減少66)
「山口県」:1079→1013(減少66)
「福岡県」:1328→1294(減少34)
「佐賀県」:1399→1356(減少43)
「熊本県」:1924→1876(減少48)
「大分県」:1693→1641(減少52)
「宮崎県」:2250→2194(減少56)
「沖縄県」:1602→1617(増加15)

05月21日に発生した地震:2件(昨日は1件)(海外での大きな地震を含みます。)
2018年5月21日 16時49分ごろ 岡山県北部 2.9 1
2018年5月21日 21時50分ごろ 安芸灘 3.3 1

過去1週間分の震度を観測した地震の地域別集計:
05月15日:03件(震度1:01件)(M4以上:2件)
05月16日:07件(震度1:03件)(M4以上:1件)
05月17日:08件(震度1:06件)(M4以上:2件)
05月18日:06件(震度1:04件)(M4以上:2件)
05月19日:02件(震度1:02件)(M4以上:0件)
05月20日:01件(震度1:01件)(M4以上:0件)
05月21日:02件(震度1:02件)(M4以上:0件)
合計:29件
(震度1:19件で66%)(M4以上:7件で24%)

日本全体の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:130件(陸域:65件、海域:65件)
過去6日間05月16日から05月21日までの実績:26件(陸域:13件、海域:13件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると30%程度の減少となる。陸域の地震数は45%減少となっている。

過去15日間から推測する今後31日間の地震数:142件(陸域:70件、海域:72件)
過去15日間05月07日から05月21日までの実績:71件(陸域:35件、海域:36件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると23%程度の減少となる。特に陸域の地震数は41%減となっている。

2017年月別地震数:
01月:150(陸域:081件、海域:069件、M4以上:36件:24%)
02月:144(陸域:068件、海域:076件、M4以上:45件:31%)
03月:156(陸域:077件、海域:079件、M4以上:34件:22%)
04月:178(陸域:089件、海域:089件、M4以上:32件:18%)
05月:161(陸域:091件、海域:070件、M4以上:25件:16%)
06月:213(陸域:125件、海域:088件、M4以上:37件:17%)
07月:175(陸域:074件、海域:101件、M4以上:48件:27%)
08月:204(陸域:111件、海域:093件、M4以上:34件:17%)
09月:185(陸域:119件、海域:066件、M4以上:30件:16%)
10月:140(陸域:082件、海域:058件、M4以上:27件:19%)
11月:141(陸域:072件、海域:069件、M4以上:29件:21%)
12月:141(陸域:067件、海域:074件、M4以上:39件:28%)
2018年月別地震数:
01月:131(陸域:060件、海域:071件、M4以上:35件:27%)
02月:107(陸域:052件、海域:055件、M4以上:28件:26%)
03月:163(陸域:056件、海域:107件、M4以上:34件:21%)
04月:170(陸域:085件、海域:085件、M4以上:37件:22%)

1.北海道
2018年5月18日 3時42分ごろ 釧路沖 5.8 4
2018年5月19日 17時35分ごろ 北海道北西沖 2.3 1
合計:02件(陸域:0件、海域:2件)(M4以上:1件、50%)(震度1:1件、50%)

2.東北
2018年5月15日 7時46分ごろ 岩手県沖 4.0 2
2018年5月16日 3時47分ごろ 青森県東方沖 4.3 1
2018年5月16日 20時17分ごろ 青森県三八上北地方 2.5 1
2018年5月17日 10時47分ごろ 宮城県沖 3.8 1
2018年5月18日 6時29分ごろ 宮城県沖 3.4 1
2018年5月18日 6時36分ごろ 青森県西方沖 4.1 1
2018年5月18日 10時34分ごろ 福島県沖 3.7 1
合計:7件(陸域:1件、海域:6件)(福島県以南:1件、宮城県以北:6件)(M4以上:3件、43%)(震度1:6件、86%)

3.関東(静岡県を含む)
2018年5月15日 19時48分ごろ 茨城県北部 3.3 1
2018年5月17日 12時12分ごろ 千葉県東方沖 5.3 4
2018年5月17日 18時34分ごろ 栃木県南部 2.7 2
2018年5月18日 2時56分ごろ 千葉県北東部 3.0 2
2018年5月20日 17時47分ごろ 茨城県北部 3.3 1
合計:5件
(陸域:4件、海域:1件)(M4以上:1件、20%)(震度1:2件、40%)(茨城県沖:0件、茨城県北部:2件、茨城県南部:0件、千葉県東方沖:1件、静岡県:0件)(伊豆・小笠原:0件)

関東地方の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:20件(陸域:15、海域:5)
05月16日から05月21日までの6日間の実績:4(陸域:3件、海域:1件)

過去15日間から推測する今後30日間の地震数:22件(陸域:14、海域:8)
05月07日から05月21日までの15日間の実績:11件(陸域:7件、海域:4件)
(静岡県の0件を含めないと、05月07日から05月21日までの15日間の実績:11件(陸域:7件、海域:4件)となり、今後30日間の予測地震数:22件(陸域:14、海域:8)

2017年8月のそれ
を比較しましょう。

2016年と2017の関東地方の地震数の推移は次の通りです。伊豆・小笠原での地震も含んでいます。
2016年
01月:40
02月:31
03月:18
04月:30
05月:26
06月:32
07月:63
08月:31
09月:31
10月:28
11月:22
12月:51
2017年
01月:31件(陸域:20件、海域:11件)(静岡県:1件)
02月:43件(陸域:25件、海域:18件)(静岡県:0件)
03月:35件(陸域:18件、海域:17件)(静岡県:1件)
04月:32件(陸域:16件、海域:16件)(静岡県:1件)
05月:27件(陸域:14件、海域:13件)(静岡県:1件)
06月:49件(陸域:18件、海域:31件)(静岡県:1件)
07月:29件(陸域:14件、海域:15件)(静岡県:0件)
08月:42件(陸域:32件、海域:10件)(静岡県:1件)
09月:33件(陸域:20件、海域:13件)(静岡県:3件)
10月:29件(陸域:21件、海域:08件)(静岡県:2件)
11月:38件(陸域:25件、海域:13件)(静岡県:2件)
12月:24件(陸域:12件、海域:12件)(静岡県:1件)
2018年
01月:41件(陸域:16件、海域:25件)(静岡県:2件)
02月:26件(陸域:15件、海域:11件)(静岡県:2件)
03月:30件(陸域:15件、海域:15件)(静岡県:3件)
04月:24件(陸域:09件、海域:15件)(静岡県:1件)

4.中部
2018年5月15日 14時00分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.6 3
2018年5月16日 0時18分ごろ 岐阜県美濃東部 2.6 2
2018年5月16日 8時55分ごろ 長野県北部 2.7 3
2018年5月16日 10時14分ごろ 長野県北部 1.6 1
2018年5月16日 19時26分ごろ 長野県北部 2.5 3
2018年5月19日 8時50分ごろ 山梨県東部・富士五湖 2.5 1
合計:6件
(長野県:3件、長野県以外:3件)(震度1:2件、33%)

5.関西
合計:0件(震度1:0件、0%)

6.中国・四国
2018年5月17日 16時34分ごろ 島根県西部 3.4 1
2018年5月18日 0時11分ごろ 紀伊水道 2.8 1
2018年5月21日 16時49分ごろ 岡山県北部 2.9 1
2018年5月21日 21時50分ごろ 安芸灘 3.3 1
合計:4件
(陸域:2件、海域:2件)(震度1:4件、100%)

7.九州
2018年5月16日 14時43分ごろ 熊本県熊本地方 3.3 2
2018年5月17日 7時00分ごろ 奄美大島北西沖 4.1 1
2018年5月17日 7時27分ごろ 有明海 2.0 1
2018年5月17日 14時50分ごろ 有明海 2.4 1
合計:4件
(陸域:1件、海域:3件)(南西諸島:1件、九州北部:0件、熊本県:1件、鹿児島湾:0件)(震度1:3件、75%)

8.沖縄 
2018年5月17日 14時28分ごろ 沖縄本島近海 2.9 1
合計:1件
(台湾付近:0件)(M6以上:0件)(震度1:1件、100%)

2018年05月22日12時20分 武田信弘 ジオログ(http//geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http//blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。CN:130332、SN:4684

この記事に

(05月21日)Hi-net自動処理震源マップのN= の値の変動と地震の起こり方の変化について

まとめ:まだ2日間だけですが、震度1以上を観測する地震数が減少しています。
5月19日:2件
5月20日:1件
と、この二日間で3件という少なさです。311前の1月には、一日での震度1以上を観測した地震数が2以下であった日数が14日間もありました。まだ二日間ですから311前の1月には遠く及びませんが、関東付近の海域の微小地震の起こり方はかなり変化してきていますから、警戒をしておいて損はありません。

本日5月21日、「最新24時間」での最大変動幅は「東日本」増加35、その次が「西日本」減少25でした。「日本全国広域」は減少02でほとんど変動がないのですが、単に東日本と西日本で変動方向が反対で打ち消し合っているだけで、関東付近での変動がかなり大きいはずだと思います。事実、「最新7日間」では

「埼玉県」増加79
「茨城県」増加71
「群馬県」増加80
「栃木県」増加78
「福島県」増加71

とある程度大きな増加が出ています。最近はM5地震がこのような増加傾向の時に起こることが多いです。また、既に2日間震度1以上を観測した地震数の低下があり、その反動で大きな地震が起こり易いはずです。以上のことから、関東付近で比較的大きな地震発生の可能性が高いと思います。
なお、北海道地方では、5月になってから震度1以上を観測した地震が3件しかありません。この意味で、かなり異例です。しかしながら、この原因は関東付近に太平洋プレートの西向き圧力が大きくかかり、そのために、日本海溝の反対側である北海道付近での地震発生が止まっているのだと思います。もちろん、北海道自体として大きな地震が起こりやすくなっていることは明らかですが、北海道と関東を比べた場合、やはり、関東で大きな地震がまず起こると思います。

北海道から関東付近の海域で、M6程度以上地震発生の可能性がある程度高いと思います。特に、関東の南方海域、房総半島南方沖や伊豆半島東方沖は、この危険性を意識するべきだと思います。

「最新24時間」の「日本全国広域」09:45現在M2程度以上
日本全国:濃い青のドット:1個。長野県あたりM2。
東日本の太平洋沿岸部の微小地震は、青森県から岩手県沿岸部にM2オレンジ色のものが3個。牡鹿半島沖に多少密集がある。犬吠埼付近にはほとんどドットがない。
房総半島南東側の黄緑色のM3が1個。

「最新7日間」の「日本全国広域」09:45現在M2程度以上
北緯25度から30度、東経135度から145度:合計6個:全部が東経140度から145度に分布。濃い青のドット1個を除いた5個は北緯26度、東経141度から142度付近に密集。
青(薄い青を含む):1個、緑(薄い緑や黄緑を含む):1個、黄色(だいだいを含む):4個、赤:1個
濃い青のドット:太平洋側:3個、日本海側:7個(内、北海道の西側付近が4個)

「最新7日間」の「日本全国拡大」10:00現在M1程度未満を含む
北緯32度から34度、東経136度から138度:青系:1個、緑系;0個、黄色系:3個、赤系:0個
北緯32度から34度、東経138度から140度:青系:1個、緑系;1個、黄色系:3個、赤系:1個
北緯32度から34度、東経140度から144度:青系:0個、緑系:4個、黄色系:4個、赤系:1個
(*北緯32度から34度、東経140度から144度については、全てが東経140度から142度に分布)

「最新7日間」の「東日本」10:00現在M1程度未満を含む
東経138度から141度までで、北緯34度から沿岸部までの駿河湾、相模湾、東京湾、房総半島を除いた地域:およそ13個(房総半島付近は北緯35度まで)。
駿河湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:3個
相模湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:2個
東京湾:青から緑系:3個、黄色から赤系:2個
房総半島(陸域の東京湾北部以南):青から緑系:6個、黄色から赤系:5個

なお、昨日5月20日の震央分布図を
で見ることが出来ます。
また、最新24時間の震央分布図を次のURLで見ることが出来ます。

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」の値の過去1週間分のN=の値の変化:
基本的に07:00頃の値です。

「日本全国広域」
05月15日:303(前日から06の減少)
05月16日:320(前日から17の増加)
05月17日:332(前日から12の増加)
05月18日:332(前日から増減なし)
05月19日:283(前日から49の減少)
05月20日:329(前日から46の増加)
05月21日:327(前日から02の減少)

「日本全国拡大」
05月15日:292(前日から13の減少)
05月16日:313(前日から21の増加)
05月17日:324(前日から11の増加)
05月18日:328(前日から04の増加)
05月19日:276(前日から52の減少)
05月20日:324(前日から48の増加)
05月21日:324(前日から増減なし)

「北海道」
05月15日:22(前日から01の減少)
05月16日:17(前日から05の減少)
05月17日:14(前日から03の減少)
05月18日:16(前日から02の増加)
05月19日:12(前日から04の減少)
05月20日:19(前日から07の増加)
05月21日:13(前日から06の減少)

「東日本」
05月15日:182(前日から26の減少)
05月16日:179(前日から03の減少)
05月17日:191(前日から12の増加)
05月18日:210(前日から19の増加)
05月19日:170(前日から40の減少)
05月20日:188(前日から18の増加)
05月21日:223(前日から35の増加)

「本州中部」
05月15日:098(前日から17の減少)
05月16日:117(前日から19の増加)
05月17日:130(前日から13の増加)
05月18日:122(前日から08の減少)
05月19日:106(前日から16の減少)
05月20日:141(前日から35の増加)
05月21日:125(前日から16の減少)

「西日本」
05月15日:099(前日から11の増加)
05月16日:128(前日から29の増加)
05月17日:135(前日から07の増加)
05月18日:115(前日から20の減少)
05月19日:102(前日から13の減少)
05月20日:123(前日から21の増加)
05月21日:098(前日から25の減少)

Hi-net自動処理震源マップでの変動についてです。

関東地方周辺の「最新7日間」(前日との差)
======18日ー19日ー20日ー21日
「東京都」 :0151-0146-0142-0137(減少05)
「神奈川」 :0181-0168-0160-0166(増加06)
「静岡県」 :0250-0241-0228-0221(減少07)
「千葉県」 :0339-0357-0347-0335(減少12)
「埼玉県」 :0299-0244-0253-0332(増加79)
「茨城県」 :0725-0725-0726-0797(増加71)
「群馬県」 :0254-0215-0218-0298(増加80)
「栃木県」 :0548-0558-0562-0640(増加78)
「福島県」 :0472-0458-0459-0530(増加71)

関東地方周辺の「最新30日間」(前日との差)   
======18日ー19日ー20日ー21日
「東京都」 :0693-0677-0685-0685(増減なし)
「神奈川」 :0768-0753-0753-0766(増加13)
「静岡県」 :1174-1177-1175-1154(減少21)
「千葉県」 :1208-1230-1233-1233(増減なし)
「埼玉県」 :1259-1246-1270-1363(増加93)
「茨城県」 :2884-2928-2926-2999(増加73)
「群馬県」 :1092-1092-1120-1197(増加77)
「栃木県」 :2199-2252-2262-2336(増加74)
「福島県」 :2012-2034-2032-2092(増加60)

その他に昨日から今朝で15以上の変動があった地域は次の通りです。

「最新7日間」
「岩手県」:266→235(減少31)
「秋田県」:153→137(減少16)
「新潟県」:234→267(増加33)
「富山県」:321→288(減少33)
「長野県」:383→340(減少43)
「岐阜県」:388→351(減少37)
「三重県」:200→183(減少17)
「大阪府」:296→276(減少20)
「奈良県」:284→264(減少20)
「宮崎県」:513→484(減少29)
「鹿児島県」:339→311(減少28)

「最新30日間」
「岩手県」:1336→1316(減少20)
「新潟県」:1031→1106(増加75)
「山梨県」:1089→1072(減少17)
「愛知県」:1064→1044(減少20)
「三重県」:0939→0909(減少30)
「滋賀県」:0861→0843(減少18)
「京都府」:0742→0712(減少30)
「大阪府」:1483→1440(減少43)
「兵庫県」:1105→1082(減少23)
「奈良県」:1415→1378(減少37)
「和歌山県」:0931→0898(減少33)
「島根県」:1122→1044(減少78)
「広島県」:1264→1194(減少70)
「山口県」:1151→1079(減少72)
「福岡県」:1353→1328(減少25)
「佐賀県」:1427→1399(減少28)
「熊本県」:1971→1924(減少47)
「大分県」:1720→1693(減少27)
「宮崎県」:2307→2250(減少57)
「鹿児島県」:1793→1748(減少45)

05月20日に発生した地震:1件(昨日は2件)(海外での大きな地震を含みます。)
2018年5月20日 17時47分ごろ 茨城県北部 3.3 1

過去1週間分の震度を観測した地震の地域別集計:
05月14日:05件(震度1:04件)(M4以上:2件)
05月15日:03件(震度1:01件)(M4以上:2件)
05月16日:07件(震度1:03件)(M4以上:1件)
05月17日:08件(震度1:06件)(M4以上:2件)
05月18日:06件(震度1:04件)(M4以上:2件)
05月19日:02件(震度1:02件)(M4以上:0件)
05月20日:01件(震度1:01件)(M4以上:0件)
合計:32件
(震度1:21件で66%)(M4以上:9件で28%)

日本全体の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:135件(陸域:70件、海域:65件)
過去6日間05月15日から05月20日までの実績:27件(陸域:14件、海域:13件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると27%程度の減少となる。陸域の地震数は41%減少となっている。

過去15日間から推測する今後31日間の地震数:154件(陸域:78件、海域:76件)
過去15日間05月06日から05月20日までの実績:77件(陸域:39件、海域:38件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると17%程度の減少となる。特に陸域の地震数は34%減となっている。

2017年月別地震数:
01月:150(陸域:081件、海域:069件、M4以上:36件:24%)
02月:144(陸域:068件、海域:076件、M4以上:45件:31%)
03月:156(陸域:077件、海域:079件、M4以上:34件:22%)
04月:178(陸域:089件、海域:089件、M4以上:32件:18%)
05月:161(陸域:091件、海域:070件、M4以上:25件:16%)
06月:213(陸域:125件、海域:088件、M4以上:37件:17%)
07月:175(陸域:074件、海域:101件、M4以上:48件:27%)
08月:204(陸域:111件、海域:093件、M4以上:34件:17%)
09月:185(陸域:119件、海域:066件、M4以上:30件:16%)
10月:140(陸域:082件、海域:058件、M4以上:27件:19%)
11月:141(陸域:072件、海域:069件、M4以上:29件:21%)
12月:141(陸域:067件、海域:074件、M4以上:39件:28%)
2018年月別地震数:
01月:131(陸域:060件、海域:071件、M4以上:35件:27%)
02月:107(陸域:052件、海域:055件、M4以上:28件:26%)
03月:163(陸域:056件、海域:107件、M4以上:34件:21%)
04月:170(陸域:085件、海域:085件、M4以上:37件:22%)

1.北海道
2018年5月18日 3時42分ごろ 釧路沖 5.8 4
2018年5月19日 17時35分ごろ 北海道北西沖 2.3 1
合計:02件(陸域:0件、海域:2件)(M4以上:1件、50%)(震度1:1件、50%)

2.東北
2018年5月14日 16時23分ごろ 宮城県沖 4.1 1
2018年5月14日 19時31分ごろ 岩手県沖 5.1 3
2018年5月15日 7時46分ごろ 岩手県沖 4.0 2
2018年5月16日 3時47分ごろ 青森県東方沖 4.3 1
2018年5月16日 20時17分ごろ 青森県三八上北地方 2.5 1
2018年5月17日 10時47分ごろ 宮城県沖 3.8 1
2018年5月18日 6時29分ごろ 宮城県沖 3.4 1
2018年5月18日 6時36分ごろ 青森県西方沖 4.1 1
2018年5月18日 10時34分ごろ 福島県沖 3.7 1
合計:9件(陸域:1件、海域:8件)(福島県以南:1件、宮城県以北:8件)(M4以上:5件、56%)(震度1:7件、78%)

3.関東(静岡県を含む)
2018年5月15日 19時48分ごろ 茨城県北部 3.3 1
2018年5月17日 12時12分ごろ 千葉県東方沖 5.3 4
2018年5月17日 18時34分ごろ 栃木県南部 2.7 2
2018年5月18日 2時56分ごろ 千葉県北東部 3.0 2
2018年5月20日 17時47分ごろ 茨城県北部 3.3 1
合計:5件
(陸域:4件、海域:1件)(M4以上:1件、20%)(震度1:2件、40%)(茨城県沖:0件、茨城県北部:2件、茨城県南部:0件、千葉県東方沖:1件、静岡県:0件)(伊豆・小笠原:0件)

関東地方の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:25件(陸域:20、海域:5)
05月15日から05月20日までの6日間の実績:5(陸域:4件、海域:1件)

過去15日間から推測する今後30日間の地震数:28件(陸域:16、海域:12)
05月06日から05月20日までの15日間の実績:14件(陸域:8件、海域:6件)
(静岡県の0件を含めないと、05月06日から05月20日までの15日間の実績:14件(陸域:8件、海域:6件)となり、今後30日間の予測地震数:28件(陸域:16、海域:12)

2017年8月のそれ
を比較しましょう。

2016年と2017の関東地方の地震数の推移は次の通りです。伊豆・小笠原での地震も含んでいます。
2016年
01月:40
02月:31
03月:18
04月:30
05月:26
06月:32
07月:63
08月:31
09月:31
10月:28
11月:22
12月:51
2017年
01月:31件(陸域:20件、海域:11件)(静岡県:1件)
02月:43件(陸域:25件、海域:18件)(静岡県:0件)
03月:35件(陸域:18件、海域:17件)(静岡県:1件)
04月:32件(陸域:16件、海域:16件)(静岡県:1件)
05月:27件(陸域:14件、海域:13件)(静岡県:1件)
06月:49件(陸域:18件、海域:31件)(静岡県:1件)
07月:29件(陸域:14件、海域:15件)(静岡県:0件)
08月:42件(陸域:32件、海域:10件)(静岡県:1件)
09月:33件(陸域:20件、海域:13件)(静岡県:3件)
10月:29件(陸域:21件、海域:08件)(静岡県:2件)
11月:38件(陸域:25件、海域:13件)(静岡県:2件)
12月:24件(陸域:12件、海域:12件)(静岡県:1件)
2018年
01月:41件(陸域:16件、海域:25件)(静岡県:2件)
02月:26件(陸域:15件、海域:11件)(静岡県:2件)
03月:30件(陸域:15件、海域:15件)(静岡県:3件)
04月:24件(陸域:09件、海域:15件)(静岡県:1件)

4.中部
2018年5月14日 3時21分ごろ 長野県北部 2.1 1
2018年5月14日 9時03分ごろ 長野県北部 1.9 1
2018年5月15日 14時00分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.6 3
2018年5月16日 0時18分ごろ 岐阜県美濃東部 2.6 2
2018年5月16日 8時55分ごろ 長野県北部 2.7 3
2018年5月16日 10時14分ごろ 長野県北部 1.6 1
2018年5月16日 19時26分ごろ 長野県北部 2.5 3
2018年5月19日 8時50分ごろ 山梨県東部・富士五湖 2.5 1
合計:8件
(長野県:5件、長野県以外:3件)(震度1:4件、50%)

5.関西
2018年5月14日 3時12分ごろ 和歌山県南部 3.5 1
合計:1件(震度1:1件、100%)

6.中国・四国
2018年5月17日 16時34分ごろ 島根県西部 3.4 1
2018年5月18日 0時11分ごろ 紀伊水道 2.8 1
合計:2件
(陸域:1件、海域:1件)(震度1:2件、100%)

7.九州
2018年5月16日 14時43分ごろ 熊本県熊本地方 3.3 2
2018年5月17日 7時00分ごろ 奄美大島北西沖 4.1 1
2018年5月17日 7時27分ごろ 有明海 2.0 1
2018年5月17日 14時50分ごろ 有明海 2.4 1
合計:4件
(陸域:1件、海域:3件)(南西諸島:1件、九州北部:0件、熊本県:1件、鹿児島湾:0件)(震度1:3件、75%)

8.沖縄 
2018年5月17日 14時28分ごろ 沖縄本島近海 2.9 1
合計:1件
(台湾付近:0件)(M6以上:0件)(震度1:1件、100%)

2018年05月21日10時30分 武田信弘 ジオログ(http//geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http//blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。CN:130281、SN:4683

この記事に

(05月20日)Hi-net自動処理震源マップのN= の値の変動と地震の起こり方の変化について

まとめ:昨日5月19日20:00頃の記事「Hi-net自動処理震源マップの「最新7日間」の「長野県」などで150を超える減少」について、大きな地震発生の危険性はありません。自分のデータの見方の早合点・見落としが原因でした。150を超える減少が出たのは、
5月12日 10時29分ごろ 長野県北部 5.1 5弱
の余震で発生していた微小地震のデータが2日遅れでN=の値に反映されていて、その増加分が「最新7日間」の範囲から外れ始めたためでした。重ねて、御心配をかけてすいませんでした。反省点としては以下のことがあると思います。
1.大きな減少があった場合、少なくとも10日間程度は遡って、データの推移の仕方を見ること。今回は07:00頃の「最新7日間」の「長野県」のN=の値が
5月12日271
5月13日322
5月14日496
のように長野県北部地震後に急増していたため、5月12日 10時29分ごろの長野県北部、M5のことに気が付かなければならないケースでした。
2.その地域の平常値からの差を意識すること。
「最新7日間」の「長野県」の平常値は300ぐらいなので、601から383への減少は、平常値から見たら、減少ではないため、何らかの増加の原因があっての減少だと判断できたはず。
3.「最新24時間」で「長野県」など「最新7日間」で150を超えた減少が出た地域を含む「本州中部」などで同様な変化が出ているか。

本日5月20日、「最新24時間」での最大変動幅は「日本全国拡大」増加48で、地域別では「本州中部」増加35です。全ての地域で増加であるため、内陸及び沿岸部でM6以上の震源深さの浅い地震が起こることはないと思います。
ただし、「最新7日間」で東北北部(「青森県」・「岩手県」・「秋田県」)で30から50程度の減少、九州北部(「山口県」・「福岡県」)で40程度の減少が出ていて、これらの地域で多少大きな地震が起こる可能性があると思います。

なお、北海道地方では、5月になってから震度1以上を観測した地震が3件しかありません。この意味で、かなり異例です。しかしながら、この原因は関東付近に太平洋プレートの西向き圧力が大きくかかり、そのために、日本海溝の反対側である北海道付近での地震発生が止まっているのだと思います。もちろん、北海道自体として大きな地震が起こりやすくなっていることは明らかですが、北海道と関東を比べた場合、やはり、関東で大きな地震がまず起こると思います。

北海道から関東付近の海域で、M6程度以上地震発生の可能性がある程度高いと思います。特に、関東の南方海域、房総半島南方沖や伊豆半島東方沖は、この危険性を意識するべきだと思います。

「最新24時間」の「日本全国広域」11:15現在M2程度以上
日本全国:濃い青のドット:なし。
東日本の太平洋沿岸部の微小地震は、岩手県沿岸部はほぼ消滅。牡鹿半島沖に多少密集があり、福島県中部沿岸部から南東方向へ黄色からオレンジのドットの帯。
房総半島南東側の黄色のM2が1個。沖縄本島と奄美大島の東方沖にオレンジのM3からM2のドットが2個。

「最新7日間」の「日本全国広域」11:15現在M2程度以上
北緯25度から30度、東経135度から145度:合計9個:全部が東経140度から145度に分布。
青(薄い青を含む):1個、緑(薄い緑や黄緑を含む):4個、黄色(だいだいを含む):2個、赤:1個
濃い青のドット:太平洋側:3個、日本海側:8個(内、北海道の西側付近が4個)

「最新7日間」の「日本全国拡大」11:30現在M1程度未満を含む
北緯32度から34度、東経136度から138度:青系:1個、緑系;0個、黄色系:3個、赤系:0個
北緯32度から34度、東経138度から140度:青系:1個、緑系;2個、黄色系:2個、赤系:1個
北緯32度から34度、東経140度から144度:青系:0個、緑系;3個、黄色系:5個、赤系:1個

「最新7日間」の「東日本」11:30現在M1程度未満を含む
東経138度から141度までで、北緯34度から沿岸部までの駿河湾、相模湾、東京湾、房総半島を除いた地域:およそ14個(房総半島付近は北緯35度まで)。
駿河湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:2個
相模湾:青から緑系:0個、黄色から赤系:2個
東京湾:青から緑系:5個、黄色から赤系:2個
房総半島(陸域の東京湾北部以南):青から緑系:8個、黄色から赤系:4個

なお、昨日5月19日の震央分布図を
で見ることが出来ます。
また、最新24時間の震央分布図を次のURLで見ることが出来ます。

Hi-net自動処理震源マップの「最新24時間」の値の過去1週間分のN=の値の変化:
基本的に07:00頃の値です。

「日本全国広域」
05月14日:309(前日から67の減少)
05月15日:303(前日から06の減少)
05月16日:320(前日から17の増加)
05月17日:332(前日から12の増加)
05月18日:332(前日から増減なし)
05月19日:283(前日から49の減少)
05月20日:329(前日から46の増加)

「日本全国拡大」
05月14日:305(前日から64の減少)
05月15日:292(前日から13の減少)
05月16日:313(前日から21の増加)
05月17日:324(前日から11の増加)
05月18日:328(前日から04の増加)
05月19日:276(前日から52の減少)
05月20日:324(前日から48の増加)

「北海道」
05月14日:23(前日から12の増加)
05月15日:22(前日から01の減少)
05月16日:17(前日から05の減少)
05月17日:14(前日から03の減少)
05月18日:16(前日から02の増加)
05月19日:12(前日から04の減少)
05月20日:19(前日から07の増加)

「東日本」
05月14日:208(前日から46の減少)
05月15日:182(前日から26の減少)
05月16日:179(前日から03の減少)
05月17日:191(前日から12の増加)
05月18日:210(前日から19の増加)
05月19日:170(前日から40の減少)
05月20日:188(前日から18の増加)

「本州中部」
05月14日:115(前日から57の減少)
05月15日:098(前日から17の減少)
05月16日:117(前日から19の増加)
05月17日:130(前日から13の増加)
05月18日:122(前日から08の減少)
05月19日:106(前日から16の減少)
05月20日:141(前日から35の増加)

「西日本」
05月14日:088(前日から26の減少)
05月15日:099(前日から11の増加)
05月16日:128(前日から29の増加)
05月17日:135(前日から07の増加)
05月18日:115(前日から20の減少)
05月19日:102(前日から13の減少)
05月20日:123(前日から21の増加)

Hi-net自動処理震源マップでの変動についてです。

関東地方周辺の「最新7日間」(前日との差)
======17日ー18日ー19日ー20日
「東京都」 :0143-0151-0146-0142(減少04)
「神奈川」 :0168-0181-0168-0160(減少08)
「静岡県」 :0244-0250-0241-0228(減少13)
「千葉県」 :0288-0339-0357-0347(減少10)
「埼玉県」 :0305-0299-0244-0253(増加09)
「茨城県」 :0695-0725-0725-0726(増加01)
「群馬県」 :0270-0254-0215-0218(増加03)
「栃木県」 :0528-0548-0558-0562(増加04)
「福島県」 :0498-0472-0458-0459(増加01)

関東地方周辺の「最新30日間」(前日との差)   
======17日ー18日ー19日ー20日
「東京都」 :0690-0693-0677-0685(増加08)
「神奈川」 :0760-0768-0753-0753(増減なし)
「静岡県」 :1178-1174-1177-1175(減少02)
「千葉県」 :1156-1208-1230-1233(増加03)
「埼玉県」 :1250-1259-1246-1270(増加24)
「茨城県」 :2839-2884-2928-2926(減少02)
「群馬県」 :1092-1092-1092-1120(増加28)
「栃木県」 :2168-2199-2252-2262(増加10)
「福島県」 :2025-2012-2034-2032(減少02)

その他に昨日から今朝で15以上の変動があった地域は次の通りです。

「最新7日間」
「青森県」:125→097(減少28)
「岩手県」:315→266(減少49)
「宮城県」:212→196(減少16)
「秋田県」:191→153(減少38)
「新潟県」:417→234(減少183)
「富山県」:535→321(減少214)
「長野県」:601→383(減少218)
「岐阜県」:591→388(減少203)
「京都府」:127→143(増加16)
「兵庫県」:219→237(増加18)
「山口県」:241→199(減少42)
「福岡県」:402→361(減少41)
「熊本県」:510→468(減少42)
「大分県」:460→426(減少34)
「鹿児島県」:426→339(減少87)

「最新30日間」
「新潟県」:1012→1031(増加19)
「大阪府」:1456→1483(増加27)
「兵庫県」:1082→1105(増加23)
「奈良県」:1395→1415(増加20)
「和歌山県」:0913→0931(増加18)
「島根県」:1171→1122(減少49)
「広島県」:1324→1264(減少60)
「山口県」:1208→1151(減少57)
「愛知県」:0462→0443(減少19)
「高知県」:0296→0276(減少20)
「福岡県」:1373→1353(減少20)
「佐賀県」:1442→1427(減少15)
「熊本県」:1991→1971(減少20)
「大分県」:1739→1720(減少19)
「鹿児島県」:1816→1793(減少23)

05月19日に発生した地震:2件(昨日は6件)(海外での大きな地震を含みます。)
2018年5月19日 8時50分ごろ 山梨県東部・富士五湖 2.5 1
2018年5月19日 17時35分ごろ 北海道北西沖 2.3 1

過去1週間分の震度を観測した地震の地域別集計:
05月13日:07件(震度1:06件)(M4以上:1件)
05月14日:05件(震度1:04件)(M4以上:2件)
05月15日:03件(震度1:01件)(M4以上:2件)
05月16日:07件(震度1:03件)(M4以上:1件)
05月17日:08件(震度1:06件)(M4以上:2件)
05月18日:06件(震度1:04件)(M4以上:2件)
05月19日:02件(震度1:02件)(M4以上:0件)
合計:38件
(震度1:26件で68%)(M4以上:10件で26%)

日本全体の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:155件(陸域:80件、海域:75件)
過去6日間05月14日から05月19日までの実績:31件(陸域:16件、海域:15件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると16%程度の減少となる。陸域の地震数は33%減少となっている。

過去15日間から推測する今後31日間の地震数:164件(陸域:78件、海域:86件)
過去15日間05月05日から05月19日までの実績:82件(陸域:39件、海域:43件)
*2017年9月の185件(陸域:119件、海域:66件)と比べると11%程度の減少となる。特に陸域の地震数は34%減となっている。

2017年月別地震数:
01月:150(陸域:081件、海域:069件、M4以上:36件:24%)
02月:144(陸域:068件、海域:076件、M4以上:45件:31%)
03月:156(陸域:077件、海域:079件、M4以上:34件:22%)
04月:178(陸域:089件、海域:089件、M4以上:32件:18%)
05月:161(陸域:091件、海域:070件、M4以上:25件:16%)
06月:213(陸域:125件、海域:088件、M4以上:37件:17%)
07月:175(陸域:074件、海域:101件、M4以上:48件:27%)
08月:204(陸域:111件、海域:093件、M4以上:34件:17%)
09月:185(陸域:119件、海域:066件、M4以上:30件:16%)
10月:140(陸域:082件、海域:058件、M4以上:27件:19%)
11月:141(陸域:072件、海域:069件、M4以上:29件:21%)
12月:141(陸域:067件、海域:074件、M4以上:39件:28%)
2018年月別地震数:
01月:131(陸域:060件、海域:071件、M4以上:35件:27%)
02月:107(陸域:052件、海域:055件、M4以上:28件:26%)
03月:163(陸域:056件、海域:107件、M4以上:34件:21%)
04月:170(陸域:085件、海域:085件、M4以上:37件:22%)

1.北海道
2018年5月18日 3時42分ごろ 釧路沖 5.8 4
2018年5月19日 17時35分ごろ 北海道北西沖 2.3 1
合計:02件(陸域:0件、海域:2件)(M4以上:1件、50%)(震度1:1件、50%)

2.東北
2018年5月13日 1時49分ごろ 宮城県沖 4.7 4
2018年5月13日 2時28分ごろ 岩手県内陸南部 3.1 1
2018年5月13日 7時22分ごろ 岩手県沖 3.4 1
2018年5月14日 16時23分ごろ 宮城県沖 4.1 1
2018年5月14日 19時31分ごろ 岩手県沖 5.1 3
2018年5月15日 7時46分ごろ 岩手県沖 4.0 2
2018年5月16日 3時47分ごろ 青森県東方沖 4.3 1
2018年5月16日 20時17分ごろ 青森県三八上北地方 2.5 1
2018年5月17日 10時47分ごろ 宮城県沖 3.8 1
2018年5月18日 6時29分ごろ 宮城県沖 3.4 1
2018年5月18日 6時36分ごろ 青森県西方沖 4.1 1
2018年5月18日 10時34分ごろ 福島県沖 3.7 1
合計:12件(陸域:2件、海域:10件)(福島県以南:1件、宮城県以北:11件)(M4以上:6件、50%)(震度1:9件、75%)

3.関東(静岡県を含む)
2018年5月13日 4時23分ごろ 新島・神津島近海 2.0 1
2018年5月15日 19時48分ごろ 茨城県北部 3.3 1
2018年5月17日 12時12分ごろ 千葉県東方沖 5.3 4
2018年5月17日 18時34分ごろ 栃木県南部 2.7 2
2018年5月18日 2時56分ごろ 千葉県北東部 3.0 2
合計:5件
(陸域:3件、海域:2件)(M4以上:1件、%)(震度1:2件、40%)(茨城県沖:0件、茨城県北部:1件、茨城県南部:0件、千葉県東方沖:1件、静岡県:0件)(伊豆・小笠原:1件)

関東地方の地震予測:
過去6日間から推測する今後30日間の地震数:20件(陸域:15、海域:5)
05月14日から05月19日までの6日間の実績:4(陸域:3件、海域:1件)

過去15日間から推測する今後30日間の地震数:28件(陸域:16、海域:12)
05月05日から05月19日までの15日間の実績:14件(陸域:8件、海域:6件)
(静岡県の0件を含めないと、05月05日から05月19日までの15日間の実績:14件(陸域:8件、海域:6件)となり、今後30日間の予測地震数:28件(陸域:16、海域:12)

2017年8月のそれ
を比較しましょう。

2016年と2017の関東地方の地震数の推移は次の通りです。伊豆・小笠原での地震も含んでいます。
2016年
01月:40
02月:31
03月:18
04月:30
05月:26
06月:32
07月:63
08月:31
09月:31
10月:28
11月:22
12月:51
2017年
01月:31件(陸域:20件、海域:11件)(静岡県:1件)
02月:43件(陸域:25件、海域:18件)(静岡県:0件)
03月:35件(陸域:18件、海域:17件)(静岡県:1件)
04月:32件(陸域:16件、海域:16件)(静岡県:1件)
05月:27件(陸域:14件、海域:13件)(静岡県:1件)
06月:49件(陸域:18件、海域:31件)(静岡県:1件)
07月:29件(陸域:14件、海域:15件)(静岡県:0件)
08月:42件(陸域:32件、海域:10件)(静岡県:1件)
09月:33件(陸域:20件、海域:13件)(静岡県:3件)
10月:29件(陸域:21件、海域:08件)(静岡県:2件)
11月:38件(陸域:25件、海域:13件)(静岡県:2件)
12月:24件(陸域:12件、海域:12件)(静岡県:1件)
2018年
01月:41件(陸域:16件、海域:25件)(静岡県:2件)
02月:26件(陸域:15件、海域:11件)(静岡県:2件)
03月:30件(陸域:15件、海域:15件)(静岡県:3件)
04月:24件(陸域:09件、海域:15件)(静岡県:1件)

4.中部
2018年5月14日 3時21分ごろ 長野県北部 2.1 1
2018年5月14日 9時03分ごろ 長野県北部 1.9 1
2018年5月15日 14時00分ごろ 山梨県東部・富士五湖 4.6 3
2018年5月16日 0時18分ごろ 岐阜県美濃東部 2.6 2
2018年5月16日 8時55分ごろ 長野県北部 2.7 3
2018年5月16日 10時14分ごろ 長野県北部 1.6 1
2018年5月16日 19時26分ごろ 長野県北部 2.5 3
2018年5月19日 8時50分ごろ 山梨県東部・富士五湖 2.5 1
合計:8件
(長野県:5件、長野県以外:3件)(震度1:4件、50%)

5.関西
2018年5月14日 3時12分ごろ 和歌山県南部 3.5 1
合計:1件(震度1:1件、100%)

6.中国・四国
2018年5月17日 16時34分ごろ 島根県西部 3.4 1
2018年5月18日 0時11分ごろ 紀伊水道 2.8 1
合計:2件
(陸域:1件、海域:1件)(震度1:2件、100%)

7.九州
2018年5月13日 5時02分ごろ 熊本県熊本地方 2.1 1
2018年5月13日 17時53分ごろ トカラ列島近海 2.6 1
2018年5月13日 22時36分ごろ 熊本県熊本地方 1.9 1
2018年5月16日 14時43分ごろ 熊本県熊本地方 3.3 2
2018年5月17日 7時00分ごろ 奄美大島北西沖 4.1 1
2018年5月17日 7時27分ごろ 有明海 2.0 1
2018年5月17日 14時50分ごろ 有明海 2.4 1
合計:7件
(陸域:3件、海域:4件)(南西諸島:2件、九州北部:0件、熊本県:3件、鹿児島湾:0件)(震度1:6件、86%)

8.沖縄 
2018年5月17日 14時28分ごろ 沖縄本島近海 2.9 1
合計:1件
(台湾付近:0件)(M6以上:0件)(震度1:1件、100%)

2018年05月20日11時45分 武田信弘 ジオログ(http//geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http//blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。CN:130230、SN:4682

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事