ここから本文です
一切を公開し、コメントなども自由にできるようにしてあります。しかし、どういうわけか、ログインが必要になってしまいます。

書庫全体表示



2011祈り15 2011年1月15日(土)

 午後1時半ぐらいに鹿児島へ向けて自宅を出発。午後3時頃から1時間ほど組合関係の方と話をする。帰宅途中でイオンで買い物をして、午後6時半ぐらいに帰宅。
 浜岡原発の1号機と2号機は2007年の中越沖地震での柏崎刈羽原発の被害を受けて廃炉が決まった。しかし、除染作業のみで5年以上の時間がかかり、燃料棒の取出しまでは多分10年以上かかるだろう。現実に廃炉が完了するには予定でさえ30年以上とされているので40年から50年はかかるだろう。しかし、東海地震の今後30年で起こる確率は70%から90%ほどの予測がされている。1年間での確率は3%ほどだ。これは、一般人が交通事故に会う確率を超える。今のままで行けば、ほぼ確実に原発震災に会うことになる。ただ、単に、今の状況はそういった究極的な状況が実現化していないだけだ。まるで、2学期が始まっていないからと夏休みの宿題をやらずに先送りする生徒と同じで、確実にその日は近付いているのだが、そのことは自覚しない。
 おまけに日本は原発だらけだ。巨大地震である南海地震・東南海地震・東海地震が起こる前後には、M7級の地震が日本各地で起こる。基本的に日本の原発は海辺に作られているからどれも砂岩の上に建てられている。震源が近くにあればほぼ確実に岩盤自体が破壊され、原発の建物が地盤ごと破壊されることはかなりありえることだろう。揺れによる被害とは全く違った破壊がされるはずだ。
 僕が告発している高校入試不正はそういった事態を押し隠す意味もあるのだと思う。

*6月8日の記事「近づく戦争・テロ社会、これらの動きを止めるべきでは?」から一連番を付しています。<<307>>
TC:23755, BC:18399, PC:?, Mc:?

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事