ここから本文です
一切を公開し、コメントなども自由にできるようにしてあります。しかし、どういうわけか、ログインが必要になってしまいます。

書庫全体表示


「国民の生活が第一」のスローガンを岡田克也が民主党ポスターから外す!

 かって、郵政選挙のとき、民主党代表であった岡田克也はそれまでの民主党キャッチフレーズ「もっと大事なことがある」を「日本をあきらめない」に変え、あたかも日本が危機に瀕しているような印象を与え、また、テレビコマーシャルでは全く意味不明なメッセージしか送らず、結果的に民主党を惨敗に導いた。
 4月の統一地方選挙を控え、今度は、民主党幹事長として、「国民の生活第一」という民主党の基本理念を現したスローガンを民主党ポスターから外し、その代わりに新しいキャッチフレーズを使うという。理由は「国民の生活が第一」は小沢元代表が考えたものだからという。
 岡田克也は明らかに、国民の生活を破壊している。まるで、イオンが地元商店街を破壊して、さっさと引き上げるように、彼も日本社会を破壊して政治家を引退するのかもしれない。

*6月8日の記事「近づく戦争・テロ社会、これらの動きを止めるべきでは?」から一連番を付しています。<<305>>

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事