ここから本文です
一切を公開し、コメントなども自由にできるようにしてあります。しかし、どういうわけか、ログインが必要になってしまいます。

書庫全体表示

武田信弘のジオログをご覧になる方へ!


武田信弘のジオログをご覧になる方へ!

 このページは、武田信弘のジオログのページです。ホームページのトップページは、http://www.geocities.jp/taked4700/index.html です。これをコピーしてご覧のブラウザーのURL欄へ貼り付けてください。すると、イルカがジャンプしているイラストがあるページが出てきます。それが、「高校入試不正を撃つ」という武田信弘のホームページです。トップページからゲストブックへ行けます。

 現在、2011年7月11日(月)ですが、ゲストブックやジオログへの反応がほとんどありません。ご覧になった方は、ぜひ、何かメッセージを残してください。

 なお、http://www.geocities.jp/taked4700/h18sojyou.doc に被告埼玉県の入試不正があったと言う確認訴訟の訴状があります。これはA4で30ページ以上にもなる文書で、さまざまな謀略工作が行われたことを証拠書類とともに述べたものです。この裁判の全書類は、鹿児島地方裁判所でどなたでも閲覧ができます。埼玉県側の提出書類も見ることが出来ます。鹿児島地裁平成18年(ワ)第801号という事件番号を民事受付で指定すれば、閲覧できます。収入印紙150円と身分を確認する書類が必要です。

 また、以下のアドレスで、日本がどのような形で植民地化されているか、それについて書いた資料をご覧になれます。アドレスをご覧のブラウザーのURL欄へ貼り付けてリターンをしてください。

1.http://www.geocities.jp/taked4700/chinetsu.docx で「日本で地熱発電が忘れ去られたわけ」をご覧になれます。本来、日本は地熱資源の豊かな国であり、国際的に日本へ圧力が加えられ地熱を使ったエネルギー自立が妨げられているのです。そして、自立とは反対に、原油やLNG,ウランなどを買うため、毎年毎年20兆円ほどの支払いをさせられているのです。地熱開発でエネルギー自立ができれば、この20兆円ほどが国内還流し景気は回復するはずです。

2.http://www.geocities.jp/taked4700/hatan.docx で「日本経済破綻目前」をご覧になれます。日本の税制がどんどん日本を格差社会にするように改正されてきたことや国際的に日本の財政破綻が仕組まれてきたことなどが資料を基に説明されています。

3.http://www.geocities.jp/taked4700/satou.pdf で「佐藤藤栄佐久前福島県知事の裁判と二つの事件」をご覧になれます。これは、1997年に起こった東電OL殺人事件とあのサカキバラセイト事件(神戸連続児童殺傷事件)が日本の原子力政策を推し進めさせるために起こされたものであることを資料を基に示したものです。

4.http://www.geocities.jp/taked4700/fuyuni.html で「冬に:裁判員制度を題材にした小説の試み」をご覧になれます。これは、現在の日本がどのように植民地化されているかを幾つかの面から述べたものです。この中で秋山信弘が街頭演説している場面が幾つかありますが、その内容は2010年春に武田信弘が実際に春日部市議選の街頭演説で述べたものです。

5.http://www.geocities.jp/taked4700/kouteieki.html で2010年に宮崎で起こった口蹄疫感染についての不自然さ、不合理さを様々な証拠を上げて証明した文書をご覧になれます。これは、「2010年宮崎口蹄疫感染は、こんなに不自然な点がある。」と「宮崎での口蹄疫感染広がりが故意に仕組まれたものだと言う証拠」という二つの記事を集めたものです。

6.http://www.geocities.jp/taked4700/takemanu0727.doc に2007年の埼玉知事選のマニフェストがあります。4年前のものですが、2011年現在でも十分に通用すると考えています。



*6月8日の記事「近づく戦争・テロ社会、これらの動きを止めるべきでは?」から一連番号を付しています。<<609>>

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事