ここから本文です
一切を公開し、コメントなども自由にできるようにしてあります。しかし、どういうわけか、ログインが必要になってしまいます。

書庫全体表示

阪神大震災が東電OL殺人事件とサカキバラセイト事件をもたらした。311の大地震は何をもたらしたのか?

 文芸春秋5月号に「神戸少年A『家裁決定』全文」が載っています。物証として確定的なものがあったとは載っていません。また、科学捜査研究所が、有名になったサカキバラセイトの犯行声明文と少年が中学校2年・3年時に書いた作文と比較した結果、「少年の作文には、『努』、『稲』、『伝』という初歩的誤字があり、この筆者に『愚弄』、『薔薇』、『銜え』等の文字が想起できるものか疑わしい」として、「声明文の筆跡と少年の作文の筆跡には、類似した筆跡個性が比較的多く含まれているが、同一人の筆跡か否かを判断することは困難でると判定し、平成9年6月27日に、その旨の検査回答書を提出した」となっています。

 東電OL殺人事件は明らかに矛盾している点が多くあり、被害者となった東電OLの方が実際に売春していたとは思えませんし、犯人とされたゴビンダ氏は免罪が明らかになりました。

 なぜ、こういった事件が起こったかを考えると、阪神大震災により、父親がそもそも原発の地震に対する脆弱性を訴えていたはずの渡辺泰子氏の原発事故があり得るはずだという訴えを封じ、次に、阪神大震災で観察された衝撃的な縦揺れや地震衝撃波の被害を実際に調査観察して、その論文を発表していた専門家への圧力として、サカキバラセイト事件が起こされたと思えます。

 神戸連続児童殺傷事件は、最初の事件が小6児童への頭部外傷で平成9年(1997年)2月10日とされています。その次が小4児童の頭蓋骨粉砕骨折で死亡させる事件で3月16日であり、サカキバラセイト事件として報道された事件が5月27日です。

 東電OL殺人事件が3月8日ですから、3月16日の事件はあまり注目されることがなかったでしょう。そして、東電OL殺人事件でゴビンダさんが逮捕されたのが5月20日ですから、その一週間後に明らかになったサカキバラセイト事件をよりセンセーショナルなものにして再度世間の関心を動かしたということです。

 日本の原発設置を実質的に引っ張ってきた東電本社がある東京で東電OL殺人事件を起こし、それによって原発が地震で事故になるという問題提議を封じ込める。そして、この事件の不自然さに関心が向かうのを防ぐためにより衝撃的なサカキバラセイト事件を阪神大震災の地元で起こし、結果的に児童殺傷事件として衝撃的な縦揺れとか地震衝撃波の被害を指摘する声を黙らせる。

 ある意味、とても見事で鮮やかな手口ですが、結局、これによって日本の原発政策は見直しが出来ず、福島第一原発事故を避けることが出来ませんでした。地球環境への放射能漏れが大規模に起こり、長期的に見れば誰にとってもいい結果とはなっていないはずです。

 311の福島第一原発事故は、どこまでが自然災害であり、どこまでが人為的な事故なのか、またはどこまでが人工的に、故意に起こされた事故なのか、はっきりしません。311の福島第一原発事故は今後、日本に、または世界にどんな影響を与えるのでしょうか。

 2004年と2011年のM9級の大地震は、今後、ヨーロッパや北アメリカ大陸で大地震が起こる可能性を示唆しています。原発廃炉をこのことは促しているはずです。そして、それは同時に、核廃棄物処分をどうするのかという問題提議でもあります。また、原発や化石燃料から次のエネルギー源へどうやって移行して行くのかという問題も出てきます。

 多分、311の事故が明らかにしたことは、東電OL殺人事件やサカキバラセイト事件のような工作は、結局、誰のためにもならないのだということのはずです。そうであれば、次に取るべきステップは、原発の地震に対する脆弱性と核廃棄物の危険性を広く世界中の人々に情報公開して、その上で対策を話し合うということではないでしょうか。

2015年4月21日22時25分 武田信弘 ジオログ(http://geocities.yahoo.co.jp/gl/taked4700)はヤフーブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/taked4700)へ移行しました。CN:16737 SN:3519

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事