ウイスキーと語る

兼業農家のグラフィックデザイナーです

日々思うこと

すべて表示

【外国人労働者】受入れに思う

トリクルダウンは理論上の話で、実際には起きないといった説が有力だった。わたしは正直なところそれが理解できなかった。企業が利益を出せば社員の給料は上がって、消費が回復してスタグフレーションが解消される。ごく当たり前のことだと思っていたが、それは施政者が愛国者だった場合の話だと、やっと理解できた。

給料を上げれば日本人労働者はいくらでも集まってくる。だが行政が欲しいのは奴隷であって、労働者ではない。賃金など払いたくないからだ。そんなものを払ったら物価が上がって日本の製品が売れなくなるし、外国人観光客も減ってしまう。だから奴隷の輸入は政府の喫緊の課題である。日本だけの事情ではない。グローバリズムの成れの果てだ。

秋篠宮殿下がご自分の言葉でひとつの価値基準を示され、宮内庁をご叱責された。「大嘗祭への公費支出はけしからん。これ以上国民に負担をかけるな、この愚か者どもめが(私訳)」。このお言葉を政府は無視した。「民のかまど」として語り継がれてきた逸話がある。

「民のかまどから煙が立っておらんのは、もしかして食べるものがないのではないか。都がこれなら地方はもっと酷いはずだ。向こう三年、税を徴収してはならん」。第16代天皇、仁徳天皇のお言葉である。天皇の衣はボロボロになり、皇居の茅葦屋根は破れ、最後には星空が見えるほどの穴が空いたが、収入がないため修繕されなかった。三年後、仁徳天皇は高台に立たれ、民のかまどから煙が立っているのを見て微笑まれた。だが「さらに三年、税を徴収してはならん」と仰せあそばされた。そうしてやっと景気回復は固定された。

現在、スタグフレーションで民のかまどから煙が立っていない。苛斂誅求が追い打ちをかけている。秋篠宮殿下は「血税を無駄遣いしてはならない」と言われているのに、「いや、お金ならいくらでもありますので。もう業者手配しちゃいましたし」と返答したのが自民党、安倍政権である。殿下はまだ陛下ではないが、即位されれば朝敵である。自民党は選挙で平和的に倒すべきである。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事