ウイスキーと語る

兼業農家のグラフィックデザイナーです

日々思うこと

すべて表示

【日韓】韓国が先進国でなくなる時

かつてわたしには韓国に近いメンタルの友人がいた。

セブンイレブン本部の経営方針が気に入らないから、セブンイレブンを利用しないという。いわゆる消費者様意識による不買運動である。

自由経済圏で生きる以上、価値観やポリシー、アイデンティティは、どんな製品(モノやサービス)を選択して、消費するかでしか示すことができない。その製品が粗悪であったり、品質と価格が一致しないという理由で不買するなら至極当然である。そうではなく、優良な製品が提供されているにもかかわらず、気に食わないという理由で品質の劣る他の製品にシフトするなら、打撃を受けるのは自分自身である。

わたしは嫌韓派だが、普通に韓国製品を使う。ちょうど今、目の前にあるディスプレイが韓国製だ。品質のわりに安いと思ったから買った。提供側と消費側で利害が一致すれば味方同士である。製品の選択は、好きか嫌いかではなく、味方か敵かで決めなくてはならない。そうでなければ、長い目で見たとき生存競争で淘汰されてしまう。

わたしたちは歴史的な瞬間に立ち会っている。韓国という、名目GDP世界第12位の経済国が、そのリストから消えようとしている。韓国経済を支えていたのは日本の優遇だ。なのに韓国は、日本という最大の味方を、「敵」と見誤ってしまった。

かつてアジア各国の軍部代表がマニラに集まったとき、韓国の軍人は延々と日本を罵り続けた。日本代表の自衛官は一言も返さず、じっと堪えていた。キレたのはインドネシアのアリ・ムルトポ准将だった。彼はその場で次のように述べた。

「我々インドネシア人は、日本は何もしてくれなくてもよいと考えている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分、アジア・アフリカ地域に尽くしていると考える。だから我々アジア人は、外交の苦手な日本を応援したい。援助をもらうだけで応援しないのでは運命共同体とは言えないし、対等のパートナーとも言えないのではないか」

アリ・ムルトポ准将は、インドネシアの軍人で、政治家だが、当時オランダの植民地東インドで生まれている。オランダのインドネシア支配は過酷で、コーヒー、砂糖の栽培などで奴隷労働を強要し、利益のほとんどを吸い上げるというものだった。独立派は何度も反乱を起こしたが、その度に制圧され、処刑され、締め付けはさらに厳しくなっていった。そこへ日本軍が現れた。まさに鎧袖一触、わずか七日間でオランダ軍を降伏させた。第二次世界大戦を戦った欧米諸国は、戦争には勝ったが、すべての植民地を失った。『すべて』である。負けたドイツも、イタリアも、すべての植民地を失った。

「日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分」

この言葉に要約されているのは、白人だけが地球の支配者ではない、ということ。核兵器が開発された今では、大砲を撃ち合ったり、戦闘機で空襲するような戦争はできなくなったが、時代は必ず繰り返す。戦争は形を変えて必ず勃発する。

韓国の反日は大政奉還から始まった。江戸時代まで朝鮮は日本に朝貢する親日国だった。支配し、略奪するだけの支那やモンゴルより、一人前の国家として扱ってくれる日本のほうがいいに決まっている。韓国にとって徳川家は、韓国出兵した豊臣秀吉を倒した英雄である。その徳川家を追放し、明治天皇が直接的に政権を握ると、韓国国内は騒然とした。そして日本の新政府との交際を拒否した。韓国は徳川家に仕えていたのであって、日本天皇家に仕えたわけではない。

そして西郷隆盛らが征韓論を持ち出した。背景には、日本はやがてロシアと戦わなければならなくなる。そのためにまず韓国を制圧して、軍事拠点を築こうということだ。日本のようなシーパワーの国が朝鮮を手に入れても使い道はないのだが、武士の戦い方の基本は地上戦である。

結局、韓国内の親日派の暗躍により、軍事制圧ではなく、調印によって併合することになった。韓国のような小さな国は、いずれかの大国に保護されながら存続するしかない。歴史的にもそうだったし、現在も日米に保護されている。歴史的な瞬間とは、日米がその保護を放棄しようとしていることだ。防衛ラインは北朝鮮・韓国国境から日本海に後退するかもしれないが、日米の軍事力を鑑みれば大きな問題ではない。

韓国国民は不買運動などするべきではない。日本企業の資産に手を出したのは最悪の一手だった。韓国人が日本の財界に利する行動をとれば、日本政府は財界と米政府の声にだけは耳を傾ける。とくに安倍政権は財界の犬である。不買運動など蟷螂の斧だが、在韓日本企業あっての韓国経済だ。日本資本が引き上げた後は、日本政府が韓国に対しカントリーリスクを上げるだけで終了する。それは日本の銀行による信用状の不発行を意味し、韓国ウォンの無価値化を意味する。

韓国経済の生殺与奪権は日本にある。なのにどうして韓国はあんなに威張っていられるのか。韓国というか文政権だが、理由はひとつ。バックに核兵器を保有する北朝鮮がいるからだ。かの国が核を持つ限り、米国でさえ一目置いた外交をする。しかし残念ながらこれは韓国の外交カードにならない。なぜなら北朝鮮は100%韓国の味方とは限らないからだ。同じ朝鮮人でも朝がもっとも喜ぶ貢物を差し出さなければ朝は味方にならない。日本はそれを規制したのである。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事