ここから本文です
ネパールの山と花と人;ブログ編
ホームページの「Nepalの山と花と人」のブログ編です。

書庫全体表示

岩木山

4月30日 曇り
 早朝、岩木山に向かう途中弘前城で桜を見物。早朝のため、城近くの駐車場にすぐに駐車でき、天守閣周辺の入場料も無料だった。
 弘前城から見た岩木山。
イメージ 1



















 弘前城に寄って時間が少なくなったため、百沢スキー場から登るのは止めて、スカイライン8合目から登ることにした。
イメージ 2





















 殆どの人はリフトで鳥海山近くまで行くが、それでは山屋の端くれとしては問題だと、駐車場の奥から雪の上に上った。
イメージ 3





















 この大斜面は結構急なためアイゼンに慣れていない人には危険で、ルートファインディングも要求される。ほとんどの人はリフトで登る訳だった。
岩木山頂上方面。この斜面は雪があり滑れそうだ。
イメージ 7




















 トラバースをしながら上り、さらに右上すると、リフトトップからの登山道に出た。駐車場に下る登山道の標識もあったが一般の人は積雪期は危ない。
イメージ 4





















 登山道には雪は少ない。
イメージ 5





















鳥海山と右側にリフトの建屋。
イメージ 6





















鳳鳴ヒュッテ。この時は忘れていたが、ここが百沢コースへの分岐点となる。
イメージ 8





















 鳳鳴ヒュッテから先が近いようで結構ある。どこの山も同様だが、ピークだと思うとその先にまたピークがあり簡単には登らせてくれない。
 岩場で雪が少ないのにアイゼンを履いている人も多い。雪があるとアイゼンを履かないといけないと思っている人も多いようだ。
 ガスって景色はほとんど見えなくなり、やがて岩木山神社と頂上避難小屋。
イメージ 9




















イメージ 10




















 下山の途中、間違えて長平コースを下りてしまった。雪が多く急なのでおかしいなと思い戻ると、分岐標識があった。
 リフトとの分岐点の手前でスキーヤーに会った。どこを滑るかと尋ねたら、弥生コースとのこと。ただ駐車場で会ったので、この濃霧で止めたかもしれない。
 分岐点では濃霧がひどく、雪の大斜面を下るのはやばそうなのでリフトで下りることにした。
イメージ 11





















リフトトップイメージ 12





















 リフトのついている尾根はなだらかで、また尾根が風よけになっていてほとんど揺れない。楽ちんな下りだった。
 この日は三本柳温泉で一泊した。

 翌5月1日は百沢コースの登山口を見に行ったが、桜林公園を通り過ぎてしまい上の方の登山道は分からなかった。雪がないので相当上まで行かないとスキーは無理だろう。また時期的にももっと早くないとダメだろう。
 朝、岩木山神社に寄って帰った。帰りの走行距離は、一日としては最高の690㎞だった。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事