ここから本文です
ネパールの山と花と人;ブログ編
ホームページの「Nepalの山と花と人」のブログ編です。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

富士山

6月5日 曇り 一人 富士山 富士宮ルート

 久しぶりに高所順応で富士山に登った。逆に言えば、2015年以来ヒマラヤにご無沙汰だった。
 水ヶ塚から見た富士山。雪が少なく見えたが、下りは登山道を通らずに、ほとんど中央左の二つの雪渓を下ったため結構雪の上を歩いた。
イメージ 1





















 五合目の登山口はゲートで閉じられていた。ここは以前はなかったような気がする。六合目宝永山荘の脇の登山口は従来通りのゲートで閉じられている。富士山より難しい北アルプスなどはゲートはなくオープンだが、それよりも容易な富士山は夏山時期以外は特に富士宮口は閉じられているのが不思議。安易に登って事故が多いせいか。
七合目の雪渓 
イメージ 2





















八合目の避難小屋。昔ここで泊まった。

イメージ 3





















九合目の小屋
イメージ 4





















浅間神社の下の雪渓。登山道は雪の下。
イメージ 5





















浅間神社。以前登った6月より雪が多い感じがする。
イメージ 6





















剣ヶ峰。火口の底までスキーのシュプールだらけ。
イメージ 7



















火口壁。結構カラフルだ。
イメージ 8



















浅間神社と山小屋方面
イメージ 9




















下山は雪渓をつなぎながら下り、早い。
イメージ 10





















イメージ 11

















 
 
 帰りは溶岩がゴツゴツした登山道を歩かずに、雪の上は重力を利用しながらほぼ真っ直ぐに下るので時間が節約でき助かった。登りも分かっていれば雪の上を歩いたかもしれない。
 年寄りは登るのが遅いし(若い人はぐいぐい登る。私はヨタヨタと。)、しかも自宅から登山口まで片道4時間近くかかるため、当てにしていた温泉には入館時間に間に合わず、汗を流さずに家に帰った。

筑波山の男体山の花や樹木などを掲載。ルート、撮影場所は様々で撮影順に載せている。

5月12日
 冬から春にかけてイノシシの穴掘りが活発になり、登山道の脇は至る所で掘り返されている。薬王院の法面も崩され、道路に土が落ちている。
イメージ 1





















 薬王院の境内や周辺にはスダジイの巨木がいくつもある。その上のいわゆる坊主山の中腹にも大木があり、ひそかに三大大木と呼んでいる。樹種は浅学にしてよく分からない(高くて葉がよく見えない)。
下の二つはスダジイか?落ちた葉の裏を見ればすぐわかったと思うが、気が回らなかった。
イメージ 2

























イメージ 3




























この木が3本のうちで一番大きい。2週間後にまた見たが他のスダジイに見られた落葉はなく、遠目に見上げた葉は針葉樹っぽかった2が・・・・?
イメージ 4

























ヤマツツジ  ツツジ科
坊主山周辺にはヤマツツジが多い。
イメージ 6





















ユキザサ  ユリ科
イメージ 5

























トウゴクミツバツツジ   ツツジ科
イメージ 7





















ツルキンバイ   バラ科
イメージ 8





















ヤマブキソウ   ケシ科
筑波山の花としては割と大きく、非常に目立つ派手な花で見た時に感激した。今まで全くこの花の存在に気がつかず、名前すら知らなかった。樹林帯の崖縁やその下など近寄るのに危ない所に植生しており、群落もある。

イメージ 9





















シロヤブケマン  ケシ科キケマン属
イメージ 10
























ミヤマハコベ   ナデシコ科
イメージ 11






















ニリンソウ 群落  キンポウゲ科
イメージ 12




















チゴユリ   ユリ科
イメージ 13





















5月22日
ツクバネウツギ   スイカズラ科
この花も今まで気がつかなかったが、ツクバネと名前がついているだけによく見られる。
イメージ 14




















エンレイソウ   ユリ科
イメージ 15





















ギンリョウソウ   イチヤクソウ科
今年初めて見たギンリョウソウ。
イメージ 16





















何の木か分からないが、面白い形!
イメージ 17




















まだ調べていない、名前が分からない木
イメージ 18



















5月26日
薬王院の御神木のスダジイ
イメージ 19


















コゴメウツギ  バラ科
イメージ 20



















ノイバラ   バラ科
イメージ 21





















オカタツナミ  シソ科
イメージ 22





















コアジサイ    ユキノシタ科
イメージ 23






















イメージ 24




















フタリシズカ   センリョウ科
イメージ 25





















※急いで調べたので、名前の間違いがあるかもしれない。また、まだ調べ切れていない花もある。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事