ガレージライフ

世界最小クラスの、公道を走れるバイク、仔犬の誕生から成長記です。
時間軸で追った全ての【タイトル集】は、こちらです。→Go

2019年、安全と楽しい1年を願う新年のミーティングに参加しました。
イメージ 7

集合場所は、調布市の神代植物公園。
イメージ 1
皆さん、朝が早いようです。

遠くは三重や福島から参加の方もいらっしゃいます。もちろん、前日入りの方も。
イメージ 2
駐車場では、2つのサプライズがありました。
集合時間が、まさに『部分日食』を観察できる時間帯でした。大人も子供もサングラスをかけて観察・興奮しました。
帰宅してから調べたところ、なんと日本では3年振りの現象。しかもこの時間だけ雲がはれたんですヨ。
次回は年末12月26日、2019年は2回見られる珍しい年だそうです。

「なんか、素敵な集まりをしているのかな」と、お巡りさんが沢山見に来ました
SA社長はとりあえず聴取されました(笑)
施設管理者からの苦情無く、違法なことをしていない確認が取れて一安心

集合写真を存分に撮った後、全員で自己紹介をしました。初めて参加する方、これから仔猿を所有したい方、お馴染みの方・・・
何とビックリ!自宅同士が車で10分位に住む方と知り合えました。
今度は家の近所で遊びましょう。

全員の準備が整ったら、駐車場外へ愛車を運びます。
場内はバイク禁止なので手押しです。
イメージ 3
1台ずつ、フラッグの下をくぐって出発する姿を撮影しましたが、どんな風に写っているのでしょう。

目指したのは深大寺参道にある鈴屋さん。
イメージ 6
昼食お目当ては暖かいお蕎麦。

仔猿・仔犬・大猿のために裏の駐車場を使わせてくださりました。
イメージ 4
小さいのが総勢23匹。同じ車種でも、十人十色の仕上げです。
こんなに個性が発揮できるのも仔猿の良いところですね。
イメージ 5

おそばを食べ終わったら、続けて別腹でおまんじゅうを食べました。
イメージ 8SA社長が全員に振る舞ってくれました。

深大寺の参道を散策すると、ゲゲゲの鬼太郎の姿が。
イメージ 9
鬼太郎茶屋があったのです。
なんでも、水木しげるの第二の故郷だとか。
イメージ 10

そして到着したのが本堂。皆で揃ってお参りをしました。
イメージ 11境内にはそのほか国宝仏が鎮座ましましていました。
私は新年の目的であった、仔犬用「交通安全お守り」を買いました。
イメージ 12

次に移動したのは近藤勇の墓がある龍源寺。
イメージ 13

その次は調布飛行場。仔犬が2台並んだのでパシャ
イメージ 14
数々の工夫とギミックが仕込まれた青い仔犬。後で紹介します。

本日最終目的地は全員の聖地です。
イメージ 15
来客をもてなし飾るためなのか、ひな壇が準備されています
イメージ 23

仔猿ハウスの中は立ち状態です。
イメージ 16
色々談義をしていると、あっという間に時間が経過してしまします。楽しい時間って、過ぎるのが早いですよね。。

本日気になった部品や工夫を紹介します。
まずはニューカマー、アルミフェンダー
うらやますぃ〜
イメージ 17

ヘッドライトステー。これすれば、アレが付けられるなぁ・・・なんて、妄想がまた高まりました
イメージ 18

同じ車種のノーマル状態はコチラです↓
イメージ 19

最後は、友達の青仔犬です。
この1カットに2つも3つも、いやもっとアイデアが詰まっています。仔犬オーナーなら判るでしょう
イメージ 20

1周回って朝の駐車場に戻ってきました。本日の走行距離は11.05km
走りよりも顔合わせとお喋り目的のミーティングでしたので大満足です。
イメージ 22

Special thanks to my friendイメージ 21
毎回「忘れ物をしちゃいけない」と思いながら何かを忘れます。もはや若年性ア〇ツではないかと自身心配になります
この極寒の日にグローブを忘れました。
車に2つの手袋を準備していたチーム湘南の先輩が一つ貸してくれました。このお陰で楽しく怪我無く、無事に1日を終えることができました。

今回のミーは23台の仔が集まり、オーナー・家族・友達・ゲストで40人近く集まりました。
とても全員の名前までは覚えられませんでしたがとても良い縁に巡り合うことができました。

イメージ 24
全行程でした。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします

この記事に

開く コメント(2)

時間軸で追った全ての【タイトル集】は、こちらです。→Go

今回のトラブルはパンクです。
2018年5月の発生状況はコチラ→子犬と散歩

楽しい1人ツーリングを終了に追いやったのはこのホッチキスの針みたいな金物です。
イメージ 1
家に帰って早速抜いてみると…
とんでもないものが出てきました
刃渡りウンcm、日本刀のようなアルミの板でした。
イメージ 2
台風でやられた護岸の工事真っ最中のため、たくさんの工事車両が行き交っていたりするためでしょうか

なんにせよクヨクヨしても仕方がないので直しましょう
リア周りをバラします。
イメージ 3
手慣れた作業なのでここまでものの数分です。

刺さっていた時の状況を再現すると、こんな状態。もっと根本までズッポリですが
イメージ 4

使用するパンク修理キットは、過去に子供の自転車を直したときの残りです。
100均で買ってます。
イメージ 5
こんなの粗悪品じゃないのと気になる方もいるかもしれませんが、修理から半年、エアー漏れなくきてますよ

ここから先は、チューブタイヤのパンク修理方法です。
をやったことのある方は、全く同じです

まず患部の準備。基本は付属の紙ヤスリでパッチ+αの面積を撫でます。これは、ゴム糊がつきやすくするための面荒らしも兼ねます。
イメージ 6

専用のゴム糊をチューブ側に。私は結構ドロッと厚目に塗ります。
イメージ 7

糊の表面が少し乾燥した頃にパッチをあてがうと同時にガッツリ押し付けます。
付属の鉄ヘラの他に、高いキットではローラータイプがついてることも。
イメージ 8
丸1日は乾燥させた方が良いと思いますが…
自転車・バイク屋でも即日納車してますよね。

30分も置いたら軽く空気を入れて浮きが無いかを確認します。
イメージ 9

よろしければ元通りに組んで所定の空気圧まで入れます。
これで、チューブとタイヤの間に隙間なんて無くなり密着してますからパッチが剥がれる心配も皆無です
イメージ 10

ここで、組立てのコツを紹介します。
インナーカラーがあるのですが、瞬着(アロンアルファ等)を点付けでブレーキドラムにくっ付けてしまいます。
イメージ 11
するとアラ不思議いともたやすくリアアクスルが通せます。お試しあれ。

ハブを組む前の状態。何度も組みバラししてる人には当たり前ですが、鉄リム・アルミリムなどの向きに気を付けましょう。
イメージ 12

これで完成です。
イメージ 13

バルブの拡大です。リアハブが、いかに計算し尽くされた形状か見てとれると思います。
イメージ 14
これぞ正に機能美というのでしょうね
このあと、元通りに組みつけたら完了です

この記事に

開く コメント(0)

時間軸で追った全ての【タイトル集】は、こちらです。→Go

今回は、ヘルメットです。
これまではジェットヘルを使っていたのですが、今年は夏前から暑い日が続くために、頬のあたりが汗ばみます。
そこで、ハーフタイプ(半キャップ)のメットを買いたいなと思いました。

取り敢えずの、NAPSです。仔犬で行っても15分位なので便利です。
イメージ 1
到着したら、モンキーが泊まっていました。

大柄なバイクに見えますね

お店に入ると、ざっと20種類くらいが売っていました。
イメージ 2
上から2段目、スヌーピーやウッドストックのシリーズが「ピン」と来たのですが、やはり高い。
1時間くらい悩んで決断したのが・・・

今のジェッペルと同じ真っ白を買ってしまいました。
イメージ 3

SGマークがついている中で、かなり安い部類でした。
イメージ 4
赤いプラスチックが「安物感」を引き立てています。
なぜこれを買ったのかと言うと、カスタムの素材とするためです。

そこで、まずは赤いプラスチックを黒塗装します。
イメージ 5
赤い部分以外をマスキングします。メット本体はスーパーの袋をスッポリ被せています。
仕上がりは、後ほどまとめてお見せしましょう。

次は、デザインをします。
イメージ 6
ヘルメットのセンターを出します。測り出した中心点に、細幅のカッティングテープをつけます。

センター印をガイドにして、帯状にマスキングをします。
イメージ 7

側頭部の塗らない箇所にはまたコンビニ袋でマスキング。
使用するスプレーは、99工房のボデーペン・シリーズ。
イメージ 8

いつもの、ミッチャクロンをスプレーしたのちに、パラ吹きから。イメージ 9

今回使用した色は、私の仔犬と最も近似した赤です。イメージ 10
顎紐を留める箇所の黒もこの様子です。布製の「赤い帯」は、アクセントに敢えて塗っていません。

「らしく」するために、ゴーグルを購入しました。
イメージ 11
送料込みで600円のオモチャです。

ゴーグルを取り付ける前に、もう一工夫を考えました。
イメージ 12

曲面に貼れるステッカーを自作するキットです。
イメージ 13

ネットから、フリー素材を使わせていただきました。
イメージ 14

こちらを私の「ナイス・センス」でレイアウト。右側です。
イメージ 15

左側です。
イメージ 16

メット+ゴーグル+ステッカー+塗料=5千円以下でオリジナルヘルメットが作れました。
この夏は、このハーフキャップで涼しく快適にバイク乗りできました

この記事に

開く コメント(0)

時間軸で追った全ての【タイトル集】は、こちらです。→Go

2日目の朝が始まりました。
朝7時オープンのパン屋さんに行き、朝食をとりました。
イメージ 1

焼きたてパンとホットコーヒー

食べ終わりましたら、初日と同じふぃしゅーなに一旦集まります。
イメージ 5


シゲさんを待つ間、公園を散策しました。
海釣り公園にもなっており、とても良い景色でした。
イメージ 2


次は、日帰り参加のお〜ちゃんと合流するため、久能山ふもとの駐車場へ小移動。
地味に体調不良らしいけど、休まず来ました。
イメージ 3

早速走り始めます。大きく回り込むように山を登ります。

日本平パークウェイをグングン登り、
ロープウェイの終点側、日本平県立公園駐車場に辿り着きました。

すでに大型バイクのツーリングが沢山停まっていました。
仔猿の認知度はなかなかのもんです。知ってるライダーがいました。
イメージ 4


お次は、日本平パークウェイをダウンヒル
とても景色の良い場所で記念撮影
イメージ 13
まるで合成写真のような美しさ


赤い仔犬を気に入ってくれた女の子と記念撮影
イメージ 6


ダウンヒルをかっ飛ばして、次の観光地は三保の松原。
と、その前にお昼ご飯を。
イメージ 7


バイクは10台いますが、駐車マスは1台分しか使いません。
イメージ 8


お〜ちゃんにごちそうになっちゃいました。
イメージ 9


蕎麦におでんに満腹になってから向かったのは三保の松原。
その全体景色が世界文化遺産登録されています。
イメージ 10


お次は、三保飛行場(跡地)に到着。
去年のリベンジミーでは5台しか来れなかったけど、今年は10台来れました。
イメージ 11


楽しかった時間はあっという間に過ぎ、お帰りの時間です。
去年と同じアイス屋さんに寄りました。
イメージ 12
とても美味しく、トリプルをおかわりする強者も居ました。

全員、無事にもとの駐車場へ戻ってこれました。
これだけの大所帯を2日にわたってもてなしの準備をしてくれた鯖さんに大変感謝です。

みんなで、新年と夏のCKのツー・ミーに行きましょうねって話したりして帰宅しました。

この記事に

開く コメント(2)

時間軸で追った全ての【タイトル集】は、こちらです。→Go

実は、2017年に仔犬を飼い初めてから撮りためた写真を使って作成し始めた当ブログですが、まだ日付がリアルに追い付いていません

フォルダに沢山写真がありますので、引き続き地道に紹介していきます。
お暇な方はお付き合いください

今回は、いくつかのネタを飛び越してNow(ナウ)をご紹介します。

【出発2週間前】
出発前の点検をするためにチーム湘南のお友だちのガレージへ行きました。
イメージ 8
2日間走り倒すので、特に念入りにどちらも、準備万端です

【出発2日前】
天気予報では前日が雨とのことなので、2日前に積込を行いました。
イメージ 1


【出発1時間前】
前日から、ワクワク・ソワソワしながら準備。忘れ物が無いか何度も確認します。
ツーリングって、久々に会う人がいたり、持って行きたい物とか色々あるのですが、何か1つは必ず忘れます。年のせいでしょうか、、、
イメージ 9
さばさんの助言を聞き、毛布も一枚準備してあります。

ツーリングに持っていくのは、予備の部品や工具類です。
友達が私のガレージまで迎えに来てくれて、朝の時、出発します。

【10月20日朝9時】
静岡は焼津のふぃしゅーなと言う施設近くに集まります。
イメージ 2

もうすでに5台が到着済み。
久し振り、はじめて会う方ともご挨拶。
イメージ 3

出発前の最終点検は万全でしょうか?
イメージ 4

そして、一人到着するたびに囲まれます。
イメージ 5

イメージ 20


出発前に、みんなで自己紹介と互いに挨拶をしました。
普段、ネットだけで会話していた方とお会いできました。

最初に向かったのは用宗漁港の「どんぶりハウス」というお食事屋
イメージ 6
マグロやシラスを食べられました。私は、「生シラス+漬けマグロ丼ご飯大盛り」の、スペシャルです。
あまりに美味しく、あっという間に食べ終わってしまいました。

お次は東海道五十三次20番目の、丸古宿に立ち寄ります。
イメージ 7
とてもきれいな茅葺きでした。

お店の前にあった看板。
イメージ 10

宇津ノ谷峠にある、「明治のトンネル」にやって来ました。こちらは国の登録有形文化財にもなっています。
イメージ 11

心霊のスポットとも見まごう。。。イメージ 12
リアフェンダーをかなり後ろに下げたのですが、少しやり過ぎたなぁ
イメージ 13

ツーリング参加者が見ることのできる景色。イメージ 14

走行中の風景ですが、ゆっくり走っているのでまるで時が止まっているような写真になりました。
イメージ 15

後方から、雷雲が追いかけてきます
イメージ 16

戻ると直ぐに、明日のために準備。
イメージ 17
車載のコンプレッサーがある車でした。

1日走った興奮(エンジン熱)を冷ましたら、また車に積んで温泉へ
イメージ 18

お泊りは、幹事の自宅でした
イメージ 19
夕食も準備してくださり、何から何までお世話になりました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事