ガレージライフ

世界最小クラスの、公道を走れるバイク、仔犬の誕生から成長記です。

全体表示

[ リスト ]

フロントフォーク廻りと、リアショックの組み立て工程です。

フレームのネック部分には、
上下にベアリングと、内部にボルトのカラーが入ります。
ベアリングは、圧入済みかもしれませんが、私のロットではお楽しみ項目になっていたので、自分で圧入します。

イメージ 1

上からボルトで貫通、下にワッシャー・ナット。上部には、トップワッシャーも取り付けます。
トップブリッジ(フロントフォークと一体)がスンナリ入る深さまで、ベアリングを圧入します。


これは、まだ内側に入ります。

イメージ 2

ベアリングも、ブレーキと同様、叩いてはいけません。
ボルトナットを締め付ける力で入れば良いのですが、、、

私は自信があったので
回転しない部分、この場合はアウターと同寸法のもの、ボックスレンチのコマを活用してハンマーでカツーンと打ち入れました。

イメージ 3


次の肝はハンドル。
ノーマルの状態は、誰もがキツいと言います。一度組んだら、抜けないかも。

私は、絶対にくるくるハンドルを再現したかったので、見えない内部を削りました。

イメージ 4

これも、行きすぎないよう、まずは塗膜をめくる程度。次に、キツさ加減を何度も確認しながら、最適の穴径にしました。

くるくるのノブを回して、ハンドルが畳めるようになりました。

イメージ 5


リアショック取り付けは、簡単ですが、

イメージ 6

ボルト穴にしっかり塗料が入り込んでいるので、タップを。

イメージ 7


ダンパーゴムが飛び出してこないよう、上下ともに、化粧のステンレスワッシャーを入れました。

イメージ 8

今は、対策でショックの内外にワッシャーを入れています。

ここまで来ると、かなりバイクの姿に…

イメージ 10


左から。

イメージ 9

手前のオイル缶は、本体に塗りたい色のスプレー練習です。

もう、シートがついていますがそちらは次の章で。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事