takekyuのブログ(本館)

「招かれざる客」対策にコメント承認制実施中...。

鉄道車両(貨物)

[ リスト | 詳細 ]

貨車の形式写真的なもの又は車両中心の記事など。
記事検索
検索

タキ1000-5&タキ1000-12

よく拝見させていただいている、ムラサキさまのブログ記事を拝見すると
タキ1000-12のお写真が!
なんとなく記憶のある番号だったので、探してみると、私も撮影していました。

タキ1000-12+タキ1000-5
イメージ 1
倉賀野貨物駅にて 2004.5.29撮影

タキ1000-12
イメージ 2
アップで撮影。
イメージ 3

タキ1000-5
イメージ 4
アップで撮影。
イメージ 5

この2両は新製時、JOT(日本石油輸送)の緑と灰のツートーンカラーでしたが、撮影時はOT(日本オイルターミナル)色になり、活躍していました。その後調べると2007年頃、青塗装のままJOTに戻り、2013〜2014年頃まで続き、
現在はJOT(日本石油輸送)の緑と灰のツートーンカラーになっています。
今は2両とも根岸駅常備で千葉地区発着の列車で活躍しているようです。




イメージ 7
 
 
 
 

 
乗り物写真ブログランキング参加用リンク一覧

イメージ 11

イメージ 8


6/4に見かけたコキ車

2016.6.4 札幌貨物タ駅にて撮影。2060レ 大阪貨物タ行きの編成中にて

コキ104-2002
イメージ 1

コキ104-688
イメージ 2

3086レの編成より
イメージ 3
コキ107-1100
全検表記を見ると平成27年4月20日付の川崎重工製でした。


イメージ 7
 
 
 
 

 
乗り物写真ブログランキング参加用リンク一覧

イメージ 11

イメージ 2

イメージ 8


タキ43286

よく拝見させていただいている、ムラサキさまのブログ記事を拝見すると
タキ43286のお写真が!
なんとなく記憶のある番号だったので、探してみると、
やはり北海道で活躍したタキ車でした。

イメージ 1
タキ43286 浜五井駅常備 本輪西駅臨時常備
(2012.9.28 札幌貨物タ駅にて)

調べたところ、1971年日車製で登場時はブルーのOT車でした。
関東地区で活躍したあと、JOTのタンク車として北海道で活躍し、いまは社名板と社紋板がステッカー化され、
浜五井駅常備で活躍しているようです。
北海道で廃車されずに本州に戻って良かったです。



イメージ 7
 
 
 
 

 
乗り物写真ブログランキング参加用リンク一覧

イメージ 11

イメージ 2

イメージ 8



コキ106-333

札幌貨物タ駅にて見かけたコキ車から
(撮影日:2016.5.10)

3086レの編成中のコキ車より
コキ106-333
イメージ 1

久々にゾロ目の番号の貨車に遭遇しました。

撮影後、JR苗穂工場の解体線の様子を見に行きました。

つづく


イメージ 7
 
 
 
 

 
乗り物写真ブログランキング参加用リンク一覧

イメージ 11

イメージ 2

イメージ 8


コキ104-5028

札幌貨物タ駅にて見かけたコキ車から
(撮影日:2016.5.10)

3064レの編成中のコキ車より
コキ104-5028
イメージ 1

コキ104形についてWikipediaにて調べました。
5000番代
埼玉県資源活性化財団所有の私有貨車として、1996年に36両 (5001 - 5036) が製作された。同時に製作された私有無蓋コンテナ UM12A形(5000番代)を積載し、さいたま新都心の建設残土輸送に使用された。標記の一部以外に JR貨物所有車と相違はなく、残土輸送終了後は JR貨物に譲渡され、一般車と混用されている。譲渡後の番号変更はない。
とのこと。
数多いコキ104形式の中で36両しかない5000番代でした。

つづく


イメージ 7
 
 
 
 

 
乗り物写真ブログランキング参加用リンク一覧

イメージ 11

イメージ 2

イメージ 8


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事