たけなか まさはる

筆者が正しいと考える事実に基づいて記述しておりますが、その正誤については責任を負いません。自己責任でご判断ください。

政治・財政

すべて表示

分断されるアメリカ

今回の米国の中間選挙とその結果を通じて、 米国の保守とリベラルの政治的二極化は戦後で最も際立ったレベルになった感がある。 二極化の傾向は過去幾度も指摘されてきたが、おそらく1970年代頃まで遡るトレンドだろう。 いわゆるpolitical correctnessを破壊しながら当選したトランプ大統領は、そうしたトレンドから生み出された現象であると同時に、二極化・分断を一層煽る政治的な存在として働いている。 二極化・分断の原因は一言で表現できるほど簡単ではないが、主因のひとつはアメリカ社会の民族的構成の長期的な変化だ。 民主党にはリベラル派の白人層と非白人層の票が集まり、共和党には保守派の白人層の票が集まる傾向が一層顕著になっている(以下掲載WSJの図、参照、有料サイト)。 https://jp.wsjすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

現代ビジネス(マネー)への寄稿論考です。11月5日(月)朝、掲載されました。 この前のブログで書いたことですが、加筆修正し、もっと丁寧に説明しています。 図表も最新データに更新済。 https://gendai.ismed ...すべて表示すべて表示

facebookで友達つながりのある上念司さんが、「虎ノ門TV」とかで私のマンション価格・賃料図表を引用・紹介しながら、「不動産価格の下落の始まりが近づいているぞ〜竹中正治さんの予想は良くあたるぞ〜」と「大予言」をしたことから、facebo ...すべて表示すべて表示

ユヴァル・ノア・ハライの 「ホモ・デウス(Homo Deus)」 を読んで考えるところがあったので、ノートしておこう。 著者は前著「 サピエンス 」でも同様だったが、宗教についても進化論的なアプローチをしている。すなわち、 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事