竹中 正治(たけなか まさはる)

筆者が正しいと考える事実に基づいて記述しておりますが、その正誤については責任を負いません。自己責任でご判断ください。

「米国の次期景気後退入りは2020年、最大4割の株価下落に要警戒」

ダイヤモンドオンラインへの寄稿です。今朝掲載されました。 https://diamond.jp/articles/-/208947 *** 米国の次期景気後退入りは2020年、最大4割の株価下落に要警戒 冒頭部分引用:「 米国経済の景気がピークアウトしつつあることを示唆する経済指標が出始めているにもかかわらず、 7 月末の米連邦公開市場委員会( FOMC )で利下げが行われるという金融緩和期待で米国株価は高値を更新した。  株価の変化は景気の変化を先取りすることもあるが、逆に遅行することもある。その例として、リーマンショック前の 2007 年の展開を想起しておくべきだろう。  その年の夏、すでに住宅ローンの証券化債券などに投資していたパリバ銀行系のヘッジファンドが行き詰ますべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ダイヤモンドオンラインへの寄稿です。今朝掲載されました。 https://diamond.jp/articles/-/201767 抜粋引用 :「銀行の株価低落が止まらない。特に地域銀行(地銀 ...すべて表示すべて表示

ダイヤモンド・オンラインに寄稿しいました。 2020年末までの相場見通しの結論は昨年末に「現代ビジネス」に書いた時と同じですが、楽観、悲観、弱い悲観の3通りのシナリオに基づく日経平均の予測推計値を示しています。 https:// ...すべて表示すべて表示

講談社現代ビジネス、マネー現代への寄稿です。今朝掲載されました。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63323 先日ブログに書いたテーマですが、もう少し膨らませて丁寧に書いております。 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事