たけなか まさはる

2010年4月からブログ始めました。不適切コメントは掲載しません。過度にしつこいコメントも嫌いです。

政権の寿命も株価次第? 戦後日本の政権寿命と株価騰落率の関係

政権の寿命と景気動向に関係性がありそうなことは以前から感じていた。そこで遊びのような分析だが、戦後日本の内閣の寿命とその期間の日経平均株価指数(以下、「株価」)の騰落率の関係性を見てみたら予想以上に高い正の相関関係があることが分かった。 内閣の寿命は、内閣改造があっても首相が変わらなければ同じ内閣として計算してある。またわずか期間2か月前後で終わった超短命内閣(石橋、宇野、羽田)は、事情が特殊過ぎるので除外した。日経平均株価指数は月末データで、内閣成立月の月末から終焉前月末の比較である。 その結果が上段の散布図である(明細は下段の表)。決定係数0.608(R2)、相関係数0.780であるから、かなり高い正の相関関係だ。 株価指数(あるいはそれに代表される経済状況)→内閣の寿命という因果関係を想定した場合、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

マンション暴落が来る? まあ、1980年代末のような狂い方ができるほど、日本人は既に若くないから、基本はプチ下がりだと思う。 それでも直近の高値から20%も下がれば、在庫を抱えた業者は大赤字、資金繰りに行き詰まる業者も出てくるだろう。 ...すべて表示すべて表示

今月のトムソン・ロイター社コラムへの寄稿です。ただいま掲載されました。 コラムでは図表はひとつしか掲載できないので、補足図表を掲載しておきます。 「株安・円高の呪縛が解ける日」↓ http://jp.reute ...すべて表示すべて表示

気がついたら、金融・投資の世界はロボット(AI)だらけ! 「 人口知能が金融を支配する日 」櫻井豊、東洋経済新報社、2016年8月 この本は日本の金融・投資に関わる全ての方々に読んで欲しい。 アマゾンでの発売日 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事