たけなか まさはる

2010年4月からブログ始めました。不適切コメントは掲載しません。過度にしつこいコメントも嫌いです。

失業率の低下に伴って自殺率が大きく低下してきた

失業率と自殺率の非常に高い正の相関関係 自殺の発生件数と景気動向には相関関係があると前から思っていたが、実際に確認してみて驚いた。実に高い関係性があるのだ。図表1は1970年以降の失業率と自殺率(人口10万人当りに対する1年間の自殺件数)の推移である。山と谷の波がかなり重なっていることがわかる。 これを見ると、自殺率が急騰したのは1998年、銀行の不良債権危機で戦後最悪の不況になり、失業率も跳ね上がった年だ。そして1998年から2009年まで自殺率は高止まりする。失業率は2002年から07年までの景気の回復で低下するが、自殺率はこの時の失業率の低下にはあまり反応していない。 その後、自殺率は2009年以降の景気の回復、失業率の低下に伴って下がり始める。特に12年以降の低下が目立っている。すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

マンション暴落が来る? まあ、1980年代末のような狂い方ができるほど、日本人は既に若くないから、基本はプチ下がりだと思う。 それでも直近の高値から20%も下がれば、在庫を抱えた業者は大赤字、資金繰りに行き詰まる業者も出てくるだろう。 ...すべて表示すべて表示

今月のトムソン・ロイター社コラムへの寄稿です。ただいま掲載されました。 コラムでは図表はひとつしか掲載できないので、補足図表を掲載しておきます。 「株安・円高の呪縛が解ける日」↓ http://jp.reute ...すべて表示すべて表示

気がついたら、金融・投資の世界はロボット(AI)だらけ! 「 人口知能が金融を支配する日 」櫻井豊、東洋経済新報社、2016年8月 この本は日本の金融・投資に関わる全ての方々に読んで欲しい。 アマゾンでの発売日 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事