たけなか まさはる

筆者が正しいと考える事実に基づいて記述しておりますが、その正誤については責任を負いません。自己責任でご判断ください。

金融・投資

すべて表示

米国株に黄信号、1月の高値超えられない訳

毎度のロイターコラムです。 本日昼前に掲載されました。 https://jp.reuters.com/article/column-masaharu-takenaka-idJPKBN1HU14U *** 「米国株に黄信号、1月の高値超えられない訳=竹中正治氏」 冒頭引用:「[東京 24日] - 米国の株価指数S&P500は今年1月26日に高値2872.87を付けた後、ボラティリティー・インデックス(VIX指数)を巡るショックで久しぶりに高値から10%強の反落となった。 その後もフェイスブックの情報流出問題、トランプ米大統領による「アマゾン・ドット・コムたたき」、「米中貿易戦争」など、投資家心理を冷やす悪材料が相次ぎ、安値の更新はないものの方向感のない上下動が続すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

現代ビジネス(講談社)に論考が掲載されました。 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54924 *** 冒頭引用:「 昨年ノーベル経済学賞を受賞した行動経済 ...すべて表示すべて表示

毎度のロイター・コラムです。本日午後に掲載されました。 https://jp.reuters.com/article/column-masaharu-takenaka-idJPKBN1FP0FO?VideoId123 ...すべて表示すべて表示

ご承知の通り米国株の歴史的な高値更新が続いている。「買いたいけど急落が怖くて買えない」あるいは「下落場面を買おうと思っているが、大きな下落がないので買えないまま」という投資家も少なくないだろう。 図表1参照。 たしか ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事