竹中 正治(たけなか まさはる)

筆者が正しいと考える事実に基づいて記述しておりますが、その正誤については責任を負いません。自己責任でご判断ください。

全体表示

[ リスト ]

毎日新聞社のエコノミスト4月臨時増刊号に寄稿しました。雑誌は昨日3月24日から販売されています。
「長期投資で勝ち越す『修正積み立て投資法』」  (←最近のヨドバシカメラはオンライン書店もやっている)
 
これは昨年夏にも書いたネタなんですが、今回は相場の短期的・中期的な変動に対応する手法として日経225オプションを買う手法の紹介を加えています。 
 
現物のポートフォリオはそのままにして、大きく下がったら(例として日経平均が1万3000円台)コール買ってコスト限定のナンピンをする。また反対に相場が吹きあがったら(日経平均でまた1万6000円台)プット買ってヘッジする、という極めてシンプルな手法です。
 
まあ、相場でリターンを上げるためには、技法に凝ってもたいてい無駄で、シンプルな合理性を一貫してぶれずに継続できるかどうかだと思います。
 
一部引用:
「筆者は1998年に個人資産のポートフォリオに本格的に株式投資を組み込み始めて以来、一貫してインデックス・ファンドによる長期投資派である。
『それでは投資リターンが上がらないでしょう?』ときかれるが、そんなことはない。米国株のS&P500連動のETF投資は絶好調だし、TOPIX連動の日本株投資(含むREIT)は米国株ほどではないが、そこそこのプラスのリターンとなっている。
 
日本株、長期分散投資で勝ち越す要諦
日本株でも長期でプラス・リターンの要諦は、実に簡単なことで以下の2点に尽きる。①株式投資はTOPIXなど株価指数連動のETFを中心に景気後退後の株価低迷局面でしか買わず、かつ評価損にかまわずナンピン買いをする。②景気回復・株価上昇時には中期的な時間をかけて分割して売り上がり、現金比率を高める。これだけだ。 これだけでどれほどの投資結果の違いになるか、ご覧に入れよう・・・・」(以下図表ご参照)
****
まあ、それでも米国株(S&P500のETF)を長期で買い続けてbuy and holdした場合の(円高による為替孫を含めても)リターン(以下の下段の図)には及びませんがね(^_^;)
 
以下の図の説明
上段:TOPIX連動のファンド(ETFか投信)で毎月末に1万円の購入を1990年1月から継続した場合
   2013年12月末時点でキャピタルゲインはわずか累積投資額の8%(除く配当)
 
中段:同じくTOPIXで、基本は毎月末に1万円購入、ただしポートフォリオの評価損が2割を超えた月は
   4万円の増額購入、評価益が2割を超えた月は2万円の売りをした場合
   2013年12月時点でキャピタルゲインは累積投資額の35%(除く配当)
 
下段:S&P500連動のファンドで毎月円資金から1万円の購入を継続した場合
   2013年12月末時点でキャピタルゲインは累積投資額の105%(資産価値が累積投資額の2.05倍
    になる)(除く配当)
 
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takenakamasaharu/  Yahooニュース個人
↑New!YouTube(ダイビング動画)(^^)v
 
イメージ 1

イメージ 2
 

閉じる コメント(13)

顔アイコン

実は、私の亡父は、証券業でした。 プロ中のプロでしたが、私が、幼い時に、罫線を沢山並べて、私に値上がりする株式銘柄を選ばせたのです。 それが、中ったそうです(嘘のようですが)。
中学生の折には、亡父の勧めで自分の貯金から、幾らかの銘柄を買ったのですが、全部外れ、でした。
昔の証券投資とは、そんな程度のものでした。 とても先生が唱道されるような科学的な投資法ではありませんでした。
それ以来、私は、特定銘柄を買う証券投資はしていません。

そもそも、日本株市場では、余り期待出来ないのでしょうか。 日経平均が3万円以上した時があるのが嘘のようです(当時は、仕事が忙しくて投資は出来ませんでしたが)。

>下段:S&P500連動のファンドで毎月円資金から1万円の購入を継続した場合

日本株と比較して余りの差に、呆然です。 株式市場だけの問題では無いのでしょうね。 削除

2014/3/25(火) 午後 10:09 [ とら猫 ] 返信する

顔アイコン

とら猫さん

日本株の90年代以降の不振は、バブル崩壊の90年代初頭を除けばやはり長期デフレ基調の結果だと思います。

2014/3/25(火) 午後 10:21 [ たけなか まさはる ] 返信する

顔アイコン

橘玲、お薦めのACWIという世界株の平均を買いさがるという方法もありますね。流動性が低いことと、為替リスクがくっついてきますが。それと、日本株は長期停滞してきた歴史があるので、生リートの買い下がりで、配当を貰いながらホールドという選択肢も賢いやり方かと思います。もちろん、銘柄は気をつけなければいけませんが。

2014/3/27(木) 午前 1:09 [ おむれつ123 ] 返信する

顔アイコン

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1knX7_RL9kfyiySDDPPxCaAI7AGQkzfH2qJfpQizl0Uo/edit?usp=sharing
数値検証してみて、リターンの高さに納得です。

2つ質問です。

1.
-20%で4倍、+20%で2倍のパラメーターをいじって(例えば-15%で5倍とか)などして、
さらに最適なリターンを求めることに意味はあるでしょうか。

本文中、「著者の場合はこの投資手法をさらに徹底していて、既述のとおり景気後退移行後の株価低迷期にしか買わない。」とあります。
修正積み立て投資法は、「株価低迷期」を判断できない人でも、おおまかな精度で買い増し、売却ができるようにする方法であり、
パラメーターを細かく突き詰める意味はない。
仮に最適化したとしても、それは過去20年への極度な最適化となり、今後20年にも最適とは限らないため、意味がない、と考えました。

(次コメントへ質問つづく) 削除

2014/6/25(水) 午前 11:52 [ どこでも ] 返信する

顔アイコン

2.
これから、S&P500に連動する投信を、毎月数万円程度で、修正積み立て投資法で購入したいと考えています。
(記事で紹介されているから、という理由だけではなく、今後20年も日本よりアメリカが成長すると仮定しています。)

S&P500に連動する投信は、ETFの1557を利用することになると思うのですが、この場合は定額購入ができないため、口数で買うことになります。
今口座のある証券会社で定額購入できる投信では、NYダウに連動するものを買うことができます。

ここで、NYダウか、S&P500か、購入口数が単元か、を判断する基準がわからなくなりました。
過去のリターン検証では、口数購入より定額購入が、少ない銘柄よりは多い銘柄に連動する投信が良い(気がする)のですが、
竹中先生が記事中でNYダウではなくS&P500を、日経平均ではなくTOPIXを選んだのは、理由がおありでしょうか。

これも、細かいことは気にしなくていい、過去への極度な最適化は不要、ということになるのでしょうか。 削除

2014/6/25(水) 午前 11:53 [ どこでも ] 返信する

顔アイコン

どこでもさん
「(倍率を)仮に最適化したとしても、それは過去20年への極度な最適化となり、今後20年にも最適とは限らないため、意味がない、と考えました」 よくお判りですね。その通りです。

2014/6/25(水) 午後 0:45 [ たけなか まさはる ] 返信する

顔アイコン

S&P500もTOPIXも「株式の時価総額をウエイトにして加重平均値を算出する」という合理的でシンプルな指標です。

それに比べると日経平均やダウ平均は、いわゆる値がさ株の動きに支配される度合いが高く、私には指数としての合理性が不完全に思えます。
そういう好みで私のインデックス投資はTOPIXとS&P500にしていますが、こちらの方が投資として絶対良いというような判断はできないと思います。

2014/6/25(水) 午後 0:50 [ たけなか まさはる ] 返信する

顔アイコン

たびたびすみません。検証のスプレッドシート、こちらをご利用ください。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1knX7_RL9kfyiySDDPPxCaAI7AGQkzfH2qJfpQizl0Uo/pubhtml 削除

2014/6/25(水) 午後 1:09 [ どこでも ] 返信する

顔アイコン

さっそくの回答ありがとうございます。

日経平均の別名が「ユニクロ指数」という冗談もあるくらいで、個別銘柄のリスクを避けるために。できるだけ幅広い銘柄の平均が理想と考えて、S&P500がいいな、と考えています。

質問の再掲となりますが、ETFであれば定額での購入が難しくなります。
単位を口数とするか、定額にするかで、変わってくるリターンは、
過去のたまたま、でしょうか。 削除

2014/6/25(水) 午後 1:17 [ どこでも ] 返信する

顔アイコン

定額で買うのが合理的です。

株が安い時により多くの株数を買い、高い時にはより少ない株数を買うことになりますからね。
完全な定額でなくても、定額を価格で割って、買うべき単位数を調整すればよろしいと思います。

2014/6/25(水) 午後 7:44 [ たけなか まさはる ] 返信する

顔アイコン

どこでもさん

お覚悟の上のことだろうとは思いますが、この水準からS&P500を継続的に買っていく場合、最初に遭遇する大きな変動は、上昇よりも下落の可能性が高いという想定が賢明かと思います。もちろんあくまでも可能性の問題ですが。

2014/6/26(木) 午前 8:31 [ たけなか まさはる ] 返信する

顔アイコン

竹中先生
以前「長期・分散でも報われない日本株投資」とここまでひどい投資結果にしか成らないと日本株についてのレポートを書かれていましたが、今日あたりの株価水準だったらどのくらいの収益がとなっているのでしょうか?
続編レポートの予定はないですか?

2014/11/11(火) 午後 4:11 [ toy*ta*999j* ] 返信する

顔アイコン

続編予定あります。今月の下旬にでも・・・

2014/11/11(火) 午後 8:56 [ たけなか まさはる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事