たけなか まさはる

筆者が正しいと考える事実に基づいて記述しておりますが、その正誤については責任を負いません。自己責任でご判断ください。

全体表示

[ リスト ]

現代ビジネスに寄稿した論考が掲載されました。

***

結論部分抜粋引用:「2018年の日本経済は、「朝鮮半島での有事」というリスク要因はあるものの、安倍政権下での景気回復が続く見込みだ。
...
そうなると景気回復の期間は73か月となり(前回の景気の谷は2012年11月)、低成長ながらも戦後最長だった2002年1月から08年2月までの景気回復期と並ぶ長さになる。

しかし長い景気回復にも係らず、現下の景気回復は2000年代同様の重大な弱点を孕んでいる。そのため、再び世界景気の回復が頓挫すれば大きな後退を余儀なくされよう。そうした脆弱性とその原因についてご説明しよう・・・」

「では、何が日本の自律的な景気回復を阻んでいるのか。ひとことで言うならば、民間企業部門の過剰な貯蓄超過である。図2をご覧頂きたい。」

「企業利益が史上最高を更新し、株価が上昇を遂げている現在、日本経済が消費を中心にした自律的な回復に転換するために必要なことは、もはや明白だ。

すなわち企業部門の過剰な貯蓄超過と言う不均衡が是正され、賃金や配当の形で家計への所得の移転が起これば良いのだ。あるいは人手不足が深刻化した今日、AIの利用を始め機械化によるビジネス・イノベーションのための設備投資も有望だ。

この点で2000年代と違った希望の芽もないわけではない。図1に示した通り、2006年以降の第3期には、雇用の増加で雇用者報酬が年率プラス2.3%と高い伸びをしていることだ。

ただし1人当たり賃金(1人当たり現金給与総額)の伸び率は微弱で、ほとんどは雇用者数の増加によるものだ。景気の回復で失業率が下がり、さらに女性の労働参加率が上がり共働き世帯の増加や、高齢者の労働参加率が上がった結果である。

賃金の伸びが抑制されているためだろうか、消費者のマインドを示す内閣府の「消費者態度指数」はジリジリと改善はしているが、依然先行きには警戒的な消費者が多いのだろう。

そうした事情が2006年以降の実質雇用者報酬の高い伸び(年率平均プラス2.3%)と相対的に低い最終家計消費の伸び(年率平均プラス0.9%)という跛行的な状況を生み出していると考えられる。 

こうした問題状況は現政権も理解しており、賃金と設備投資を増やした企業には法人税率を引き下げる税制面の優遇処置を打ち出している。これまで強い賃上げ要求に及び腰だった連合もようやく4%(定昇込み)を掲げ、経団連も賃上げ3%の方針を検討しているそうだ。

労働市場の流動性を高め、高い専門能力を有する人材を優遇する方向への労働規制改革が、連合などの抵抗でなかなか進まない点に歯がゆさもあるが、マクロ経済的には順風が吹いている。

この順風の局面を活かして、本当に内需主導の自律的な景気回復パターンが始まるか、あるいは海外景気依存の脆弱さを克服できないまま終わるか、2018年の日本経済はひとつの分岐点に差しかかっていると言えよう。」

***






この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

日本では不採算な社員には解雇規制が強く、不採算な部門にはM&Aの不活発、不採算な会社には倒産を良しとしない文化があります。儲からなければあっさり辞めていいとなっても内部留保は続くのでしょうか。
大学生の就職先は90年代に外資が入ってきて2000年代には東大生が官庁に行かなくなり、2010年代にはベンチャーへ行くようになりました。働く側から大企業で終身雇用の意識が消えるまでは現在の構造は変わらないのかもしれません。

2018/1/12(金) 午前 9:49 [ yos*i*sie ] 返信する

顔アイコン

マクロでみると、企業は投資していない、ということになっていますが、ミクロでみると、各企業はやっているように感じてしまうのは、なぜなんでしょうかね?

自動車:電気自動車や自動運転他電機関連投資
AIやIOtによる投資
情報・通信 クラウド他
電気機器:どちらかと言えば選択と集中(しかし買収等多い)
商社:非資源分野だけど財務は結構投資家から見られるので無駄なキャッシュは少ないと思う

M&Aを一杯やって、失敗が最近目につきますが、実行残高は過去最高を更新していたような気がします。

配当も過去最高を更新していたはずですし。自社株買いも多くなった。誰がため込んでいるのか興味がわきます。

2018/1/12(金) 午後 6:32 [ gonchan ] 返信する

顔アイコン

> gonchanさん

「企業が設備投資や買収をしていない」のではなく、増えたキャッシュフロー以下でしかやっていない、その結果、貯蓄超過になっているということです。

配当も増えてはいますが、やはり同様の範囲内でしかやっていないということです。

2018/1/13(土) 午前 10:18 [ たけなか まさはる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事