たけなか まさはる

筆者が正しいと考える事実に基づいて記述しておりますが、その正誤については責任を負いません。自己責任でご判断ください。

全体表示

[ リスト ]

毎度のロイターコラムです。
本日昼前に掲載されました。


***

「米国株に黄信号、1月の高値超えられない訳=竹中正治氏」

冒頭引用:「[東京 24日] - 米国の株価指数S&P500は今年1月26日に高値2872.87を付けた後、ボラティリティー・インデックス(VIX指数)を巡るショックで久しぶりに高値から10%強の反落となった。

その後もフェイスブックの情報流出問題、トランプ米大統領による「アマゾン・ドット・コムたたき」、「米中貿易戦争」など、投資家心理を冷やす悪材料が相次ぎ、安値の更新はないものの方向感のない上下動が続いている。

今年1月のコラムで当時のVIX指数の歴史的な低水準への下落が、むしろ次の株式市場の激震を示唆する不気味な予兆であると指摘したが、それは早くも2月初旬の「VIXショック」として実現した(参考コラム:「次の米国景気後退と株価下落余地を考える」2018年1月10日付)。

こうした状況下、企業利益予想が前年比で2桁%の増益予想を維持していることが投資家の心の支えになっているようだ。筆者も今年いっぱいは米国景気が失速することはないと考えている。

しかし、米国株が今年1月の高値を年内に大きく更新することはあまり期待していない。むしろ戻り高場面では多少売って米国株式の比率を下げるか、何かしら部分的にヘッジをした方が良いだろうと判断するに至った。この点を説明しよう・・・」

***



この記事に

閉じる コメント(4)[NEW]

顔アイコン

米国株価投資では「バイ・アンド・ホールド(買い持ち)」がよい、との論点について、、、

前回の金融危機後の米国株が割安の時に米国株を買って、平均購入価格が十分に低い方は、次のリセッションで多少含み損が発生しても、バイ・アンド・ホールドする方針で長期的には十分に利益が得られると思います。

しかし、最近の米国株が割高のときに米国株を買って、平均購入価格が高い方は、戻り高値で適当な利益で米国株を全てサッサと売却し、今後は米国債券(ETF)に投資するか、残りは日本円(JPY普通預金)で保有し、次のリセッションを楽しみに待つ、という方針がよいと思いますが、どうでしょうか???今後2年ぐらいの上げトレンドの中で取り残され、さみしい思いをするでしょうか?

削除

2018/5/14(月) 午前 10:54 [ とうしろ個人投資家 ] 返信する

顔アイコン

> とうしろ個人投資家さん

それは判断が難しいところですね。どこが高値になるかなんてことは、所詮わかりませんから。

持値の悪い人、今回の高値圏で売れなくても、次の景気後退時の安値圏でまとまった額を買えれば、買値は平均化され、それで良いとも言えます。

2018/5/14(月) 午後 0:03 [ たけなか まさはる ] 返信する

顔アイコン

90年代の米国株はイールドカーブがほぼフラット化して、Perも上がって学者が高値警戒を言い出してから驚くほど上がってITバブルへ突入しました。90年代と今回が違うのは、下記の2点だと思います。
・今回はすでにドルの実効レートが高い。95年ごろはドルにデックスは底値。
・今回は長期金利が金融緩和で人工的に引き下げられたことによってフラットニングが見えてきている

つまり、いずれは景気後退は来るでしょうが、問題は政策で1,2年ずれることはいくらでもあるので読みにくい、というところでしょうか。

2018/5/15(火) 午前 10:31 [ yos*i*sie ] 返信する

顔アイコン

> とうしろ個人投資家さん

米国の機関投資家の80%は、米国株を売って米国債を買うのは、米国長期金利が3.6%になってからだ、と考えているそうです。アンケート結果をニュースで言ってました。

だから、とうしろが米国株を売って米国債を買うのは、まだ早すぎるのではないですか?

削除

2018/5/19(土) 午前 8:53 [ とうしろ個人投資家 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事