全体表示

[ リスト ]

一生学級委員...

怒涛の2ヶ月が過ぎてやっとこさ休みになりました。とは言っても学校の授業は週に一回あるんだけど...

でも取り敢えずは飛行機、列車、ホテルの日々から開放されてほぼ2ヶ月振りに田舎の家へやって来ました。11月末からの移動を並べてみると、

パリ>ブザンソン>パリ>ラ・ロッシェル>ポワティエ>シャテルロー>モーズ・トゥワルゼ>ラ・トランブラード>二オール>ロッシュフォール>パリ>ドルトムント(ドイツ)>グルノーブル>パリ>ポワティエ>パリ>ポワティエ>ラ・ロッシェル>マレンヌ>エーフル>アングーレム>パリ>ザルツブルク(オーストリア)>ケルン(ドイツ)>ザルツブルク>パリ>ナント>パリ>リヨン>グルノーブル>パリ...

ぜいぜいぜい(息が荒い)

大体元々が家っ子で出来ればずーっと家の中で過ごしたいのに何でこんなに移動が多いんだ!!! それにツアーが続いて外食ばかりになるとどうも体の調子が... 若いときほど家では肉類を食べなくなっているのにどういう訳か外食だと肉類が多くなってしまう。魚が美味しいお店をなかなか見つけられないというのも一因かも知れないけど。で、練習の後はみんなで食事しながらワイン飲んだりするし、気が付くと5キロ位簡単に太ってしまうのでした。それでも何年か前まではそれなりに時間もあって、水泳とウェイト・トレーニングをちゃんとしていたんだけど、この年になるとさすがに練習の後にプールに、という気にはなれない。今日から2週間弱休みなので食べるものにも気をつけてちょっと冬の間に付いてしまった贅肉を取ろうかなーと... 日差しも日に日に春らしくなってきているし、ちょっと気合を入れて...

さてタイトルと全然関係ない話が続きましたが、先日中学校の同級生から同窓会案内のメールが入りました。高校のときに引越しをして以来《消息不明》のリスト入りをしていたにも拘らず、親切な人がネット検索で僕のことを見つけて連絡してくれたのでした。で、今月27日にある同窓会には勿論出られないんだけど、同窓会ネット(?)とかいうサイト上に書き込みをしたら、ものすごーく懐かしい友達からメールが来ました。

彼女とは中学校で一緒に生徒会をしていて、すごく仲が良かったにも拘らず、卒業後お互い音信不通になっていました。その頃の生徒会はなんだか名物生徒が多くて... よだれの会長とか... 同窓会来られたら昔の話色々できたのにねー、というのがその内容だったんだけど、その時に思ったのが、

何か昔からずっと学級委員...


という事だった訳です。小学校も殆ど毎年学級委員をやってたし、中学では学級委員、全校会議議長(!)、生徒会役員と色々やってました。今思うと正に『何で僕が???』という感じですが、当時は結構真剣に取り組んでたんだよなー、

うああああ〜恥ずかしすぎ。


いるでしょ時々、喧嘩弱いくせに妙に正義感だけ強くて、敬語駆使して大人みたいにしゃべって、子供のくせに融通が利かないガキ。それが僕。穴があったら入りたい... 

さすがに高校へ入ると箍が外れて日々へらへらと過ごし、そういう生徒の活動とかには全然関わらなかった。大学にもそんなもん無かったし(あったのかな、もしかして...)。

なのに最近良く考えるとまたもや《学級委員》ぽい事をやらされてるよなー。ペレアスでは団員代表の一人だし、芸術顧問もやってるし、ポワトゥーシャラントは次回の団員代表に絶対立候補しろ、と根回しが来てるし、学校でも管楽器科の代表やらないか、って言われてるし... ペレアスはしょうがない(創立メンバーだから)からいやいややってて、他は今まで逃げてきたんだけどそろそろ逃げ切れなくなりそうな気配が... それでなくても自分のための時間が無いのに絶対イヤだ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!! って言えばいいんだろうけど何だかそれはそれであまりにも自己中な気がするし...

で、なんでみんな僕にやれって言うのかな、と考えてみて思いついた事が幾つか。先ずは、

口が上手い


確かにそうだ。そういえば今まで一体何度様々な危機をこの《舌先三寸》(実際には九寸位あるかも)で乗り切ってきた事か。よく言えば口が達者、悪く言えば人を丸め込むのが上手い。詐欺師に近い(?)かも。次は、

お人よし


人から何か頼まれるとなかなか嫌と言えない。後で引き受けた事を後悔するのが分かっていても断れない(いや、断れなかった、と過去形にするべきか)。で、引き受けてしまった自分自身にぶつぶつ文句を言いながら何とかやり遂げる(ちょっと引きずるタイプ???)。それともうひとつ、

見た目よりまめ


というのも一因かも。昔から世界史の年表作ったりするの好きだったし。ってあんまし関係ないか。

そうかー要は『こいつに頼んでおけば嫌でも引き受けてくれるし、一度引き受けたらそれなりに責任を持って最後までやりそうだな』という感覚なのではないかと... でもこれって単なるカモネギじゃん。やっぱり人望が厚かったわけじゃないのか。正に

とほほ...

閉じる コメント(4)

顔アイコン

フランスでも口が上手い扱いを受けるなんて、さすがですね!!!

2010/2/10(水) 午後 10:26 [ むっしゅえるも ]

顔アイコン

ある程度の年代になってくると(自分も40代です)
仕事では逃れられない役職って回ってくるんですよね。
自分も仕事では、重たい役職をやらされ毎日疲れています。

オケでは運営委員を引き受けていますが
演奏会前は諸準備やローテーション決め(これが厄介)など
かなり神経を使う作業があります。
時々こういうしがらみから解かれて、楽器だけを
吹いていたいと思うこともあります。

2010/2/14(日) 午後 8:25 [ bay*eut* ]

はじめまして、みうママというものです。
3月16日からパリに8泊で、仕事に行きますが、そちらでクラシックを聴きたいとリサーチしています。
OPERAのサイトでNEMOTOさんのお名前を発見しましたので、書き込みさせていただいています。
OPÉRA DE CARL ORFF (1938) D’APRÈS LE CONTE DE GRIMM の内容が理解できませんので教えていただけますか?
当日仕事の都合がつけば鑑賞したいのですが、チケットは直接Amphithéâtreに行って買えますか。
出演者ご自身にお聞きするなんて申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

2010/2/23(火) 午後 0:41 miumiu

顔アイコン

はじめまして。これはオルフ(カルミナブラーナしか知られていませんがオペラも幾つか書いています)のオペラでグリム兄弟のお伽噺《月》を基に書かれています(これがd'après le conte de Grimmですね)。僕の書いたこの室内楽ヴァージョンは一昨年同じオペラ座のAmphithéâtreで初演したのですがホルン吹きがひどくて...今回文句を言ったら『じゃあご自分で吹かれますか?』と言われて出演する事になりました。何だかなあ...チケットは直接オペラ座で買えます。ただしAmphiは席が少ないので出来れば事前に電話で確認することをお勧めします。あと、昼の部と夜の部がありますが、夜の部をお勧めします。昼はガキんちょが沢山来ます。それからナレーション以外はドイツ語で字幕なしなので(一応話は理解できる事になっているのですが)事前にあらすじをネットで読まれていかれた方が良いと思います。僕は前回のゲネプロの時全然話が理解できなくて...いらっしゃる時は一声かけてくださいね。

2010/2/23(火) 午後 7:08 Takenori Nemoto


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事