全体表示

[ リスト ]

昔は夢中になっていたのに今じゃあ全然、っていう物誰にでもありますよね。
 
僕の場合はそれがエラリー・クイーンの推理小説なのです。何で夢中になったのかも良く分からないけど、今全く読まなくなってしまったことは更にオドロキです。
 
確かあれは僕がまだ小学校4年生くらいの時だったと思うんだけど、姉の本棚を物色していてたまたま手に取ったのがクイーンの《エジプト十字架の謎》で、動機はというとただ単に当時古代文明マニアだったので《エジプト》に惹かれたんだと思う。勿論クイーンの名前も知らなかったし、ましてやこれがかの有名な《国名シリーズ》の中でも特に優れた一冊だとは知る由もなし...
 
で読んだら嵌った。姉の本棚にあった数冊のクイーンを読み終えると居ても立ってもいられなくなって本屋へ直行。でも当時のお小遣いで買えるのはせいぜい文庫本で月2,3冊、買ったそばから読んでしまい次の月が待ち遠しい。でもって正月にお年玉が入ったとたん本屋へ行って毎日5冊6冊と買い漁るもんだから(しかも小学4年生)、お店のおばちゃんに顔を覚えられて最後の方では一冊おまけしてくれたりしたような... 当時クイーンの作品はハヤカワミステリと創元推理文庫から出ていて、確か1ヶ月で全部集めたんだと思う。それから高校に入るまで何度と無く読み返したなんて... 大体推理小説を(トリックも犯人も分かった上で)何度も読み返して面白いんだろうかと当時の自分に訊いてやりたい!今だったら松本清張の方が面白いんだけどな。
 
で、ただ一つ思い当たるのは... 当時ミステリが好きな人はみんなアガサ・クリスティーを読んでたと思う。右を向けばアガサ、左を向いてもアガサ、テレビでも映画館でもアガサ、というのが何となく気に食わなくて、『ケッ!』という感じで見ていたんだと思う(何て可愛気の無い小学生!)。今読めばアガサ・クリスティーも素晴らしいと思うんだけど、当時は今にもまして天邪鬼だった僕は無意識のうちに《みんなが夢中になっているアガサ》の代わりに熱中できるものを探してたんだと思う。そんな時にたまたま出会ったのがクイーンだった訳です。
 
まあ今殆ど推理小説は読まないし、何とクイーンの作品は殆ど仏訳されていないので読みたくても読めない。それでもネットで一冊見つけて買ったものの読んでない... 本は1年中読んでいるのに何で推理ものを読まなくなったのかは不明。年取って複雑なトリックを解き明かす様な能力が衰えているのか、はたまた登場人物が多すぎて話が理解できなくなったのか。
 
実家に帰れば未だに本棚にクイーンだけズラーっと全冊並んでいるはずだけど。今こちらで無理して高い日本の本を買ってまで読むのは小林信彦と群ようこ位かな。漱石とかは殆ど仏訳を読んだけど、古い翻訳で日本人がやっていたりして(別に日本人が仏訳しちゃいけないわけじゃないけどさ、やっぱり日本語に精通したネイティブの人がしたほうが良い)本当に酷い。僕が好きな『こころ』なんて題名から変えてあって数ページ読んだだけで大魔神に変身して『おんどれ〜〜〜何じゃこりゃ〜〜〜〜!!!』と本を壁に投げつけたくなった。漱石大好きなのに...
 
最近(といっても読んだのはもう数年前だけど)面白かったのは宮部みゆきさんの『Une carte pour l'enfer』だった。日本語の題名は確か『火車』だったと思うんだけど、これにはどきどきしました。
 
うーんまた推理小説読んでみるか。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事