過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ピリオド・アプローチ

最近日本でもピリオド・アプローチの事が話題になって来ているようですが...

管楽器は進歩の速度が早いので果たして全部完璧にピリオド・アプローチで演奏できるかどうかというと問題がちらほら。特にフルートは5年10年おきに新しいシステムや発明が行われた時期があるので、下手すると同じ作曲家の曲ばかり集めたコンサートでも初期と後期では楽器を変えなければならなかったり...

ホルンに関してもこの曲には絶対これ、という掟はありません。例えば今度友達がやってるオケがヘンデルのジュリアス・シーザーを演奏する際に穴なしのバッロクホルンでやるか、穴付きのバロックホルンでやるか、はたまたナチュラルホルンでやるかというのでとても揉めたそうです。結局は穴なしのバロックホルンで右手のテクニックを使って演奏するという事に決まったそうですが、じゃあナチュラルホルンでやればいいのに...という気がしないでもない。

僕は去年同じヘンデルの《アルチナ》とグルックのバレー音楽が一緒に入っているプログラムで何の楽器で吹こうか散々悩んだ末、結局ナチュラルホルンで全部通した事があります。でもやっぱりバロックホルンとは音色が違うので(演奏の出来は別として)あまり良くなかったかも、と思っています。でも正直言って楽器を2つも3つも持って飛行機には乗れないし。

しかもその前には《ベルリオーズが指揮していた当時のパリ音楽院のオーケストラを再現する》というお達しがあって、ピストンホルンでグルックを吹いたことがあって、ここまで来るともう脳みそが逆噴射しそうです。しかもピッチは歌手の都合で440だったりする(苦笑)。

今年はストラヴィンスキーのプルチネルラとかワーグナーのオペラ《ラインの妖精》(知らないよそんなオペラ)とかをピリオドアプローチでやる予定ですが、一体どの楽器で演奏してよいやら...ストラヴィンスキーは多分セルマーの上昇管システム、ワーグナーは替え管付きのピストンホルンでと思っていますが、ワーグナーテューバとかはどうするのかなー、疑問。

でも一番問題なのはどの楽器も常々平行して練習しておかないといざと言う時に困るという事。それでなくても練習する時間が無いのにねー。という今も本当は明日からのマヌリの新曲の練習をしなきゃいけないんだけどさっき楽譜開いてちょっと(難しくて)目が点になってしまったのでただいま《逃避中》です。本番は金曜日。ほっほっほっほっほ、麿は苦しゅうないぞよ。ちこう寄れちこう寄れ。ってお公家さんごっこしてる場合じゃないんだわさ。まだスーツケースの整理もしてないし、洗濯もしてない。あーあ。

あと一週間で何日か休みが...

がんばって〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ


誰も励ましてくれないので自分を励ます奴。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事