過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Théodor Duboisって誰???

さて今日までポワトゥー=シャラントのオケでテオドール・デュボワの作品集を録音してました。誰それ?と思った方、別にあなたは無教養ではありません。僕も名前しか知らなかったし... ヴェネツィアにある財団が『ロマン派フランス音楽』のためにお金を出しているのでそのせいでこの作品集録音となった訳です。結論から言うと『思ったよりましだった』というところです。美しいメロディーもあるし、良く書けてはいるけれどあんまりスタイルに統一性が無くて時にはワーグナー、時にはサンサーンスという感じで、曲当てしたら絶対に分かりそうにない無個性なものが多い。彼は何と500以上の作品を残しているそうなので中にはもっと良い作品もあるのかもしれないけれど、彼のせいでラヴェルはローマ大賞をもらえなかった事を考えるとちょっと『ウーム』と唸ってしまう。録音した中にチェロとピアノがソリストの曲があって、その中にラフマニノフも尻尾を巻いて逃げ出すような超ロマンティックなホルンのソロがあって、録音のあとみんなが寄ってきて『ブラヴォー、凄い良かったよ!』と言ってくれれば言ってくれるほど複雑な気分に...何か演歌歌手になった気分だなー。コブシ利かせて...
 
で、午後からは2つ目のCD、ベルクの室内協奏曲の録音が始まりました。頭の切り替えも大変だけど、楽譜自体がデュボワの数倍難しいのでちょっと辛い。お昼ごはんなるべく早く食べて練習。でも録音5日目に入ると流石に疲れが溜まってきて... 一体金曜まで持つのやら...
 
で、お茶飲んでボーっとしてたら、事務局長が寄ってきて『あ、言っておかなきゃと思ってたんだけど、11月にブザンソンで初演する君の曲、来年うちのオケでもやるから』との事。喜んでいいのやら... というのもこの曲は普段書いてる曲とは大分違って『日本の歌』を基に書いてくれという条件付だったので、どちらかというとバルトークとかショスタの民謡集と一緒でほぼ調性音楽だし、出来たら新曲書かせてもらえる方が嬉しかったんだけど... という訳で『あ、出来たら新曲書きたいんだけど...』と言ったら、『うーんでもこの曲編成もぴったりだし』とかわされてしまった。がちょ〜ん。せめて今年の春に書いた萩原朔太郎の詩を基に書いたオケ版の歌曲にして欲しいざます。とほほ。
 
れれ、そんな事言ってる間に自分のアンサンブルのためにアレンジしなきゃいけない曲が山積みになってる。あはははは。でも今年できた僕のアンサンブルはなかなか滑り出しが順調で、12月のオペラ公演は音楽チャンネルMezzoで流れる事が決まったし、来年のシーズンにはアテネ劇場で公演する予定だし、出来たばっかりのアンサンブル、しかも指揮者が全くの無名な割には(僕です)、とんとん拍子に物が運んでいる感じです。ラッキー。サイトをご覧になりたい方(ヴィデオもあります)はこちらをhttp://www.ensemblemusicanigella.com
 
イメージ 1
 
そうそうベルクのCDはなんと今年の末発売だそう、びっくり。大丈夫かな。午後の録音の最後に指揮者が『なかなか良い録音だった』と言った途端、録音技師が『でもまだあと200ページあるよ』と突っ込んでいました。本当だよな〜。ちなみに最近ミンコフスキーと録音したヘンデルの水上の音楽も出ました。まだ聴いてないけどラジオで耳にした人たちは口をそろえて『テンポが無茶速い』と言っておりました。そう言えば大変だったなーと今思い出しています。聴くのがちょっと怖い...
 
来年は5月に多分ラ・フォルジュルネでベルクを演奏します。聴きに来てちょんまげ。(古すぎ...)

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事