徒然草

[ リスト | 詳細 ]

日常の事色々と。
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

さてさて皆様夏も終わって新学期ですがいかがお過ごしでしょうか。
 
僕は7月8月と働き詰めで、コンサートはしばらく休みになったものの、ブザンソンのオーケストラの委嘱作品を15日までに書き上げないといけないのでちょっと脅威です。
 
先週フランス中部のブルジュ近くで仕事をしていたときに久しぶりにピアノの永野君から電話が入りました。『夏田が麻薬でつかまった』というのがその内容で、10分くらい話を聞いた後に、あまりに信じられなかったので『ねえ、もしかして、冗談??』と訊いてしまったほどでした。夏田君は僕と芸大で同級で、パリのコンセルヴァトワールでも一緒でした。僕のトリオにも新作を書いてくれたりして、沢山飲み会もして、本当に楽しかった思い出があります。彼の作品も大好きで、来年うちの音楽祭で演奏したい曲があったので、メールを送った矢先のことでした。覚せい剤は撲滅するべきだし、所持、使用ともに犯罪なのは当然です。これからこの事件がどういう結果をもたらすかは分かりませんが、一つだけ気になることがあったのでここに...
 
一体夏田君が薬をどう扱っていたのかはまだ分かりませんが、もしそれが個人使用の範囲で(つまり学生や友人にまで勧めたり、売ったりしていたのでなければ)あったのなら、彼の作品演奏をキャンセルするというのはちょっと行き過ぎだと思うのです。本人の行動と、作品の質は同じ土壌で語られるべきではないと思います。例えば、彼が作品の中で薬物使用を勧めるようなテキストを使ったりしたのであれば当然別問題ですが、そうで無ければ本人が法律上犯罪者であろうと作品は作品として評価されるべきではないでしょうか。もし、薬をやっていたり、セクハラをした作曲家を除いていったら、クラシックの重要なレパートリーは激減してしまうのでは??? あのバッハでさえ教会で働いていた若い女性に手を出して(セクハラですね)訴えられたという記録が残っているのですから。薬を使用した芸術家は彼だけではないですよね。画家、作家、詩人、数えていったら相当の数になるのではないでしょうか。僕が言いたいのは《芸術家だから許せ》という事ではありません。夏田君は自分の罪を補うべきだし、彼の性格からいって捕まって正直ほっとしていると思います。今までやめようと思っていてきっとやめられなかったのだと思います。
 
僕は彼の1回目の結婚式で司会をして、2人めの奥さんとのパリでの結婚式にも出席しました。その2人目の奥さんとも昨年別れてしまっていたことを今回の事件で知りました。ナイーブな彼のこと、作曲家としては成功しても私生活が満足できる状態ではなかったのではないでしょうか。薬に溺れるのは繊細な人が多いと聞きます。私生活の不満が原因で覚せい剤に手を出してしまった彼に『お前は薬をやったからもう作品jも演奏してやんない』というのはちょっと酷い仕打ちではないでしょうか。
 
勿論捜査をきちんと待たないと、本当に彼の薬剤使用が自宅のみで学生に影響が無かったのかは分かりませんが、こちらの友人たちに現状を話した限りの反応は100%『作品の演奏をキャンセルするのはお門違い』でした。僕もそう思います。
 
夏田君は在日韓国人2世で、そのせいで2チャンネルなどでもメタクソに叩かれています。外国から見たら日本人だろうが韓国人だろうが全然違いも分からないのに、未だにこういう機会を狙って匿名で口汚く投書する人たちがいるのは悲しい限りです。
 
それから、彼は職も首になってしまうのでしょうか?あんなに才能がある人を今回のことのみで首にしてしまうのは本当に残念な事です。まあ僕がとやかく言うことではありませんが... 何度も言うようですが《才能があるから何をしても許される》訳ではありません。ただ、周りに実害が無かったのであれば、刑期が終わった時点で再び彼に教鞭をとらせるべきではないでしょうか。
 
僕の高校の吹奏楽の顧問の先生はアル中でした。いつも酒臭くて、アルコールが入ってないと震えて、50歳で肝硬変で亡くなりました。生徒の親たちから見たら本当にしょうがない教師でした。でも彼と一緒に音楽をやった生徒たちはいまだに音楽を続けています。彼の葬式には前日連絡だったにも拘わらず1000人が詰め掛けました。もし彼が自宅で生徒たちと飲み会をしている所を現行犯で逮捕されていたら、きっと彼は辞職させられていたでしょう。でも僕にとって、いや何千人という生徒たちにとって、彼は本当に素晴らしい《教師》でした。今プロの僕がフランスで演奏活動をしている原因の一つはこの先生との出会いでした。ナイーブで寂しがり屋で、アルコールに頼らなければ生きていけなかったのだと思います。でもそのせいでアル中になった生徒は一人もいません。
 
夏田君、罪は償え、でも試練には負けるな!君は素晴らしい作曲家だ。

開く コメント(6)

一ヶ月のヴァカンス

さてさて題名を見て『いいなあ流石ヴァカンス大国フランス!』と思った方、大間違いです。単なる希望です。
 
昔学生だったころは(ってクソじじいみたいだけど)夏は絶対ひと月休みがありました。いや、ひと月どころか7月の頭に授業が終わって9月の始業が半ばだから2ヶ月以上休みだった。講習会に行ったりとかした年もあったけど大体は楽器も練習せずに(弟子が読みませんように...)方々に旅行へ行ってました。南仏の友人宅へ2週間、ブルターニュの友人宅へ2週間、日本から家族、友人がやってきておなじみパリ観光や近郊の町へ小旅行。今の自分が見たら『オイ、ダラダラしとらんと、とっととさらわんかい!』と言いたくなりそうな毎日でした。あの時もうちょっと練習しておけばもっと上達していたかも...とほほ。
 
でもそうやって方々へ行って、色々なものを見聞きしてその土地のものを食べて、地元の人たちの生活へ触れたことは今いろいろな意味で糧になっていると思います。(と、ちょっと自己弁護)
 
もうここ5,6年まとまった休みを取っていないので、最近何だかエネルギーが足りなくなりつつある感じがします。先日も来シーズンの予定をちゃんと見ておかないとと思い予定表を広げて愕然。来年の夏までほとんど休みなし、しかもコンサートがダブっている所があって、9月までに(契約書にサインするまでに)何とか辻褄を合わせなければならないところがそこここに...あああああああああああああああ、全部投げ出してどこかへ逃亡したいよ〜〜〜〜〜ん。こういうときにマネージャーがいるときっと便利なんだろうな、って1年前から同じこと言ってる気が...
 
来週からLarzacというところの音楽祭ですが田舎に持ってきた楽譜じぇんじぇんみてましぇ〜ん。何だか疲れとやる気の無さで抜け殻のような日々を送っております。でも練習せんと間に合わん。ちなみにそのLarzacという場所はど田舎で泊まる所も電気が通ってないそうで(でも国際音楽祭!)コンピューターが使えそうに無いので、出る前に下書きだけでもしなきゃなーと思っていた新曲も一体あと数日でどこまで書けるのやら...9月の頭に楽譜を渡さないといけないのにな、ふーっ... ちなみにブザンソンのオーケストラのサイトで自分の名前と《初演》て書いてあるのを見ても何だか『これは本当に僕が書くんでしょうか』という感じで実感が無い(おいおい)。音楽監督のジャン=フランソワ・ヴェルディエが心配して7月頭にメールを送って来た時はまだ一音も書いてなかったしなあ(苦)。でもこの曲不評だと新作の室内オペラのプロジェクトもぽしゃるんだった、ひえ〜〜〜〜〜〜。
 
ポワトゥ・シャラントのオケでも新曲やってもらえそうだし頑張って書かないとね、と自分を励ます。でもだからって楽譜が進む訳には行かん訳よこれが。
 
せめてこの夏何もしなくていい休みが2週間くらい欲しかったなー、ってそりゃ自分で仕事引き受けたんだから、断りゃ良いんだけどさ、一応これでもフリーなのでまさかそう簡単には断れません。でも充電期間が無いと来シーズン乗り切るのは辛いかもしんない... あああああジレンマ。誰か代わりに働いて僕を養ってくれませんか。掃除、炊事、洗濯は人並みかそれ以上出来ます。あ、そうそう裁縫も出来る。昔友人の女性にドレスを縫ってあげたことがあるぞ、えへん!時々家庭内でコンサートもして差し上げます。肩揉み等マッサージは苦手ですがベッドでは...うそうそ冗談です、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。
 
いかん、こんなくだらないことを考えるのは疲れてる証拠だ、寝よう。明日はもう少し志向がポジティブになっていますように。

開く コメント(3)

一生学級委員...

怒涛の2ヶ月が過ぎてやっとこさ休みになりました。とは言っても学校の授業は週に一回あるんだけど...

でも取り敢えずは飛行機、列車、ホテルの日々から開放されてほぼ2ヶ月振りに田舎の家へやって来ました。11月末からの移動を並べてみると、

パリ>ブザンソン>パリ>ラ・ロッシェル>ポワティエ>シャテルロー>モーズ・トゥワルゼ>ラ・トランブラード>二オール>ロッシュフォール>パリ>ドルトムント(ドイツ)>グルノーブル>パリ>ポワティエ>パリ>ポワティエ>ラ・ロッシェル>マレンヌ>エーフル>アングーレム>パリ>ザルツブルク(オーストリア)>ケルン(ドイツ)>ザルツブルク>パリ>ナント>パリ>リヨン>グルノーブル>パリ...

ぜいぜいぜい(息が荒い)

大体元々が家っ子で出来ればずーっと家の中で過ごしたいのに何でこんなに移動が多いんだ!!! それにツアーが続いて外食ばかりになるとどうも体の調子が... 若いときほど家では肉類を食べなくなっているのにどういう訳か外食だと肉類が多くなってしまう。魚が美味しいお店をなかなか見つけられないというのも一因かも知れないけど。で、練習の後はみんなで食事しながらワイン飲んだりするし、気が付くと5キロ位簡単に太ってしまうのでした。それでも何年か前まではそれなりに時間もあって、水泳とウェイト・トレーニングをちゃんとしていたんだけど、この年になるとさすがに練習の後にプールに、という気にはなれない。今日から2週間弱休みなので食べるものにも気をつけてちょっと冬の間に付いてしまった贅肉を取ろうかなーと... 日差しも日に日に春らしくなってきているし、ちょっと気合を入れて...

さてタイトルと全然関係ない話が続きましたが、先日中学校の同級生から同窓会案内のメールが入りました。高校のときに引越しをして以来《消息不明》のリスト入りをしていたにも拘らず、親切な人がネット検索で僕のことを見つけて連絡してくれたのでした。で、今月27日にある同窓会には勿論出られないんだけど、同窓会ネット(?)とかいうサイト上に書き込みをしたら、ものすごーく懐かしい友達からメールが来ました。

彼女とは中学校で一緒に生徒会をしていて、すごく仲が良かったにも拘らず、卒業後お互い音信不通になっていました。その頃の生徒会はなんだか名物生徒が多くて... よだれの会長とか... 同窓会来られたら昔の話色々できたのにねー、というのがその内容だったんだけど、その時に思ったのが、

何か昔からずっと学級委員...


という事だった訳です。小学校も殆ど毎年学級委員をやってたし、中学では学級委員、全校会議議長(!)、生徒会役員と色々やってました。今思うと正に『何で僕が???』という感じですが、当時は結構真剣に取り組んでたんだよなー、

うああああ〜恥ずかしすぎ。


いるでしょ時々、喧嘩弱いくせに妙に正義感だけ強くて、敬語駆使して大人みたいにしゃべって、子供のくせに融通が利かないガキ。それが僕。穴があったら入りたい... 

さすがに高校へ入ると箍が外れて日々へらへらと過ごし、そういう生徒の活動とかには全然関わらなかった。大学にもそんなもん無かったし(あったのかな、もしかして...)。

なのに最近良く考えるとまたもや《学級委員》ぽい事をやらされてるよなー。ペレアスでは団員代表の一人だし、芸術顧問もやってるし、ポワトゥーシャラントは次回の団員代表に絶対立候補しろ、と根回しが来てるし、学校でも管楽器科の代表やらないか、って言われてるし... ペレアスはしょうがない(創立メンバーだから)からいやいややってて、他は今まで逃げてきたんだけどそろそろ逃げ切れなくなりそうな気配が... それでなくても自分のための時間が無いのに絶対イヤだ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!! って言えばいいんだろうけど何だかそれはそれであまりにも自己中な気がするし...

で、なんでみんな僕にやれって言うのかな、と考えてみて思いついた事が幾つか。先ずは、

口が上手い


確かにそうだ。そういえば今まで一体何度様々な危機をこの《舌先三寸》(実際には九寸位あるかも)で乗り切ってきた事か。よく言えば口が達者、悪く言えば人を丸め込むのが上手い。詐欺師に近い(?)かも。次は、

お人よし


人から何か頼まれるとなかなか嫌と言えない。後で引き受けた事を後悔するのが分かっていても断れない(いや、断れなかった、と過去形にするべきか)。で、引き受けてしまった自分自身にぶつぶつ文句を言いながら何とかやり遂げる(ちょっと引きずるタイプ???)。それともうひとつ、

見た目よりまめ


というのも一因かも。昔から世界史の年表作ったりするの好きだったし。ってあんまし関係ないか。

そうかー要は『こいつに頼んでおけば嫌でも引き受けてくれるし、一度引き受けたらそれなりに責任を持って最後までやりそうだな』という感覚なのではないかと... でもこれって単なるカモネギじゃん。やっぱり人望が厚かったわけじゃないのか。正に

とほほ...

開く コメント(4)

イメージ 1

新年明けましておめでとうございます


今年は何と厄年です。とほほ。そのせいかどうか新年早々コンピューターがぶっ壊れて修理に何と400ユーロも払わされてしまった。時間に余裕があればもっと安い所に頼めたんだけど何せその週に送らなければいけない大事な書類があって、しかも次の日からパリを留守にする事になっていたので仕方なし。さすが夜持っていって次の朝7時半に届けてくれたけど(フランスでは異例の速さ)、銀行口座を見てがっくり。

毎年大晦日と正月の三日間は仕事を断るように心掛けているのだけれど、今年は元旦のニューイヤーコンサートのプログラムで録音が入っていたので仕方なくOK。何と元旦の8時過ぎにはシャルルドゴール空港に居たのでした。しかも行き先はドルトムント...全然嬉しくない。プログラムはヘンデルの水上の音楽。バロックホルン吹くの久しぶりだしまあ楽しかったけど録音が控えていると思うとそうへらへらしているわけにも行かず...

4日にパリに戻り5日は授業、去年の末から僕がレッスン日を変えすぎるという苦情が一部の親から届いていて今日もヒステリックな母親と電話で対決。もうぐったり...また学校辞めたい病になりそうです。6日は書類作りして7日からポワティエ、11日のリハーサルのあと走ってTGVに乗ってまたもやレッスン、徹夜して書類を作って12日ポワティエにとんぼ返り。その晩が最初のコンサート。プログラムはベルリオーズの序曲リア王、パガニーニのヴァイオリン協奏曲、そしてメンデルスゾーンの交響曲第5番《宗教改革》。指揮はジャン=フランソワ・ヴェルディエ、ヴァイオリンはネマーニャ・ラドロヴィッチ。ネマーニャとは去年の夏ロワイヨンのアカデミーに一緒にソリストとして招かれていたのでその時にちょっと話をしましたが24歳ですでにこんなに有名になっても全然それを鼻にかけない感じのいい青年でした。

その時は屋外のコンサートで、控え室も鍵が掛からないテントみたいな所。アカデミーの生徒はその辺の芝生で着替えたりしていましたが一応僕らには巨大テントがあてがわれていたのでした。で、もうすぐ出番なのでウォーミングアップをしていると、ネマーニャがやって来る。お互い自己紹介をすると『それ、ナチュラルホルン?』ととても興味深そうに聞いてくるのでいろいろ説明する。10分位話をした後彼はまだ出番じゃなかったので『じゃあ後で』と手を上げて出て行ったのだけれど、何とそこには彼のヴァイオリンがぽつんと...一瞬『?』となってから慌ててテントを出て『ネマーニャ、楽器もって行かないの?!』と叫ぶと、『まだ出番じゃないからー』との返事。いやあの出番かどうかっていう問題じゃなくてここ鍵も閉まらないんだけどな〜、とか思いつつヴァイオリンケースを横目で見ながら練習を続ける。きっとこの楽器ひとつでパリにアパート一軒位買えるよなーとか思いつつ、本当にこのまま置いて出てってよいのか真剣に迷う。で、結局そのままにして(かばん持ちじゃないので)本番へ。モーツァルトのコンチェルトを吹き終わって戻ってくるとネマーニャが『すごく良かった!ナチュラルホルンって素晴らしいねー』と本気で喜んでくれる。で、彼はその後ヴィヴァルディとメンデルスゾーンを華麗に弾ききってお客さんからやんややんやの喝采を浴びたのでした。こういう若くて優秀なヴァイオリン奏者を聴くと、ヴァイオリニストじゃなくて良かった...と本気で思う。

で、今回はパガニーニで、オケの楽譜は本当にしょうもないけど(どうしてショパンにしろパガニーニにしろオケの楽譜は悲惨なのか)、ソロは素晴らしい。音色もテンポもとにかくすごい。コンサートの後に冗談でヴァイオリンの同僚に『楽器辞めたくならない?』と聞くと『今更...そんなことでショック受けるくらい繊細だったらとっくにヴァイオリン辞めてるよー』と言われる。一理あり。

このシリーズが日曜に終わって月曜からはまたもやザルツブルクです。あー早く休みが欲しい...

さて何人かの読者からのリクエストがあったのでポワティエの年間プログラムに出ている僕の写真を載せてみました。正しく『誰これ?』という感じですが、プロのカメラマンの手に掛かるとここまで変わるという例えだと思ってください。ちなみに修正はしていません(笑)あくまでモードを手がけている写真家のテクニックはすごいという事で...

開く コメント(4)

時差ぼけ

イメージ 1

土曜日夕方フランスへ戻ってまいりました。渋滞のせいで家に着いたのが17時過ぎ。慌ててスーツケースの中身を替えてリヨン駅から電車に乗ったのが19時30分、22時にブザンソンのホテルへ到着しました。

流石に昨日の練習は辛かった...
23時まで練習で、いけないとは思いつつ『あー今朝7時だー』と朦朧とした頭で考えてしまう。昔は時差ぼけなんて無かったのにやっぱり年だね。

ハープとのコンサートはまずまず好評で、まあ納得がいく演奏が出来たかと訊かれたら『うーむ...』という感じが無きにしも非ずですが、まあ自分が満足できる演奏なんて一生のうちでそう何度もあるものじゃ無いし...とりあえずお客さんたちが楽しんでくれた様なのでよかったです。

その後2週間強フランス人5人連れての旅行はとても楽しかった反面大変でした。2人で旅行するのとは訳が違うので全部きちんと予約を入れて、時間も計算して、ガイド見て、質問に答えて...まったくツアコン状態。でもみんなすごーく喜んでくれて努力した甲斐があったかな。

が、それにしてもまあみんな良く買い物をする事。海外行って買い物しまくるのは日本人だけじゃないね。漆器、陶磁器は勿論、風呂敷、のれん、本、浴衣と買いまくって旅行半ばで既に大荷物。結局新しいスーツケースを買う羽目になった人も...という僕も結局本(重い...)と瀬戸物のせいでスーツケース何と35キロ、あやこちゃんが10キロオーバーを入れておいてくれたおかげで(またもやありがとう!!!)追加料金は払わずに済んだけれど、楽器2つにコンピューター、スーツケースを抱えた姿は何だか...

で疲れ果てて帰ってきたにも拘らずその日から仕事なのでした。とほほ。

12月は休みが...れれれ24日一日しか無い。が〜〜〜〜〜〜ん! いつまで続くこの自転車操業。こう忙しいと最近時々ある『日本に帰って来い』というお誘いにちょっと心が動かされそうに...でもオケ3つ全部やめて、フェスティヴァルもやめて、作ったばっかりのアンサンブルも見捨てて日本に帰るにはちょっと勇気が足りない...誰かイギリスと日本の位置取り替えてくれないかなー。そうしたら毎週いくらでも往復が出来るのに(おいおい)。流石に(金銭的なことは別としても)毎週日本には往復できないよな。年とともに時差ぼけが直るのに3日はかかるのにそんなことしてたら1年中時差ぼけじゃー。

来年は厄年(本厄)、伊勢神宮で厄払いのお守りは買ってきたけれどそんなんで大丈夫か???厄払いの祈祷してもらおうかと思ったけど、割りに思っていたよりも高かったのと、料金によって祈祷の時間の長さが違うのを見てちょっと《金儲け》という感じがしたので止めておきました。ま、うちの神棚(お伊勢さんのお札が入ってる)でも拝んでおこう。

今晩はゲネプロ、明日が初日。でも2週間ぜーんぜん楽器を触っていなかった(こんな事はもう学生時代以来)のでちょっと

大丈夫か〜〜〜〜???


という感じですが...

そうそう今回の来日で知ってびっくりした事は、こんなくだらないブログでも楽しみにしてくれている読者の方々が居るという事。もっとましな事書かないと、と思いつつ結局しょうも無いことしか書いてない。いかんなー。次回は気をつけるぞ! って嘘ばっか。

開く コメント(5)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事