ここから本文です
ギンロウ爆笑釣行記

書庫全体表示

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

灘浜…………

No.22《11月9日》





灘浜へ釣行してきました。


イメージ 1







今回の狙いはグレです!?





何故グレかと言いますと……





10月の下旬にチヌ釣りに灘浜二番へ行った時に、目を疑うような40オーバーのグレが掛かりましたが、テトラに突っ込まれ取れなかったので、今度はグレを狙ってみようと思いました。





今回は先客が少ない三番でチャレンジ。





潮は……

イメージ 2





10時に開始。




前回はボラの養殖状態にサヨリまでもがワッショイして賑やかな海面になっていましたが、今回も予想通りのワッショイ状態です。






数投目にエコさんが見学に来られ差し入れのコーヒーありがとうございました。






サシエサは残る事なく表層の下のエサトリもそこそこに居そうです。






エコさんに色々と聞きながら狙いを変えると……








イメージ 3



30センチのグレが釣れました。








その後にも追加。










昼頃に北風が強くなり寒いですが……








時よりシーバスが釣れたり……









チヌが釣れたり……


イメージ 6









16時過ぎまで楽しんだ結果……








イメージ 4


イメージ 5






こんなに釣れると思って無かったので十分に楽しめました。また、実際に40オーバーのモンスターも居るみたいなので狙って見るのも面白いかも知れませんね。







……………おしまい……………

この記事に

No.21《11月1日》




ダイワマスターズグレ東四国1阿南伊島大会に参加して来ました。

イメージ 1


イメージ 2





当日は台風22号の影響で開催が心配されましたが台風通過後の北西の風で波がおさえられ天気予報も朝の冷え込みは有るもの風も弱く抜群の予報となりました。




受付を済ませ今回の抽選結果は……


イメージ 3


イメージ 4



住吉丸さんで向かうエリアは全く分かりません。



47名参加なので、4船の船内トップがセミファイナルの切符となります。



去年は11月中旬の開催で水温に状況も良く魚も釣れてましたが、今年は水温が未だ高く伊島の状況も良いのか悪いのかも全く分かりません。



時間になり出船し伊島までの海峡の波しぶきが無いので波は無さそうです。



気になる磯割は……


イメージ 5


イメージ 6



沖の長バエです。




お相手のM濃さんと釣り座を決め前半の優先権は私だったので海に向かって右側からスタートにしました。


イメージ 7


イメージ 8






潮は……

イメージ 9


前半は下り潮で後半は上り潮。




7時になり開始。
(写真では分かりませんが、磯の全体的がとんでもないシモリが多いので魚を掛けても取り込みの難易度は高そうです。)



開始しばらくは、サシエサが丸残りで魚の気配が感じられなく色々と棚を変えながら様子を見るも変化無く2時間が過ぎた頃にいきなり釣れたのが良型のイサキでした。



イサキが連チャンしアイゴも釣れて前半終了の10時になり、お相手のM濃さんも前半本命無しで後半の場所もそのままと言う事で後半は開始。



後半の上り潮で状況が良くなる事を祈り開始しますが、水潮にもなり更に魚の気配が感じられないまま終了となってしまいました。





結果は……


イメージ 10



本命のグレを見ることはできませんでしたが、お土産のイサキが釣れただけでも良かったです。








……………おしまい……………

この記事に

No.20《10月13〜15日》



一日目の緊迫した3試合を終了しホテルいんのしまへ戻り中夜祭が始まります。


因島水軍の太鼓がとんでもない迫力とエイエイオーの掛け声で会場も盛り上がりました。

イメージ 1






そして……




いよいよ準決勝の抽選が始まり、ロープを4名の選手で引っ張り繋がった同士が対戦相手となります。




対戦相手は……。




第一回の準決勝の外輪選手との準決勝となりました。

イメージ 2





当日は早朝より雨がポツポツと降っていましたが出船前には雨は一旦止みます。




準決勝の磯は、マリーナを出て直ぐ場所です。

イメージ 3


イメージ 4




前半は右側から6時30分に試合開始。
(前半少し上げ潮が残り下げ潮になる)



潮は左側へゆっくり当てぎみの潮が当てが無くなった頃にキーパーある無しサイズが当たり前半に小さいですがキーパーを揃え後半は渚でサイズUPを目指します。



潮が動かず当たりも遠のいていましたが潮が動き出した頃にサイズUPが当たり何とか前半よりはやや大きめの4枚の入れ替えに成功しました。




検量の結果は……



イメージ 11








イメージ 7








決勝へ……






決勝の対戦選手は……



イメージ 8


イメージ 5



横路選手です。






決勝の場合は観戦ができる大きい磯での試合となりました。
(上がった場所が分かりませんでした)




決勝前には雨に風にと天候も悪くなり始めます。



前半は左側から開始。



潮は右側へ結構早く流れたり不安定な流れで仕掛けを入れる所も探りながら攻めているといい感じに仕掛けが馴染んだ瞬間に待望の1枚目をGET。




しかし……




この1枚で前半を1対0で終了します。




後半右側に交代直後に当たりますが……




残念ながらバリ(アイゴ)でした。




すると横路選手が立て続けに型の良い本命を釣られ離されます。



右からの横風に目の前の大きなシモリで釣りにくい状況で嫌な雰囲気になりますが……



何とか追い付きの1枚をGET。

イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14




直後に追いは離され……。



それでも終了間際に1枚を仕留め数では追い付きましたが……。




残り時間も僅か……




もう1枚を目指しましたが……




追加できずに終了。




3匹対3匹の検量となりました。


イメージ 6









運命は……






イメージ 9

イメージ 10



横路選手『優勝』おめでとうございます。






イメージ 15










役員の皆様、大会審判員の皆様、こだま渡船様、選手の皆様、御世話になりありがとうございました。


来年シードが有るので頑張りたいと思います。






……………おしまい……………

この記事に

No.19《10月13〜15日》



第2回ダイワ銀狼カップ2017全国決勝大会に行って来ました。


イメージ 1



決勝大会の開催舞台は、広島県尾道市しまなみ諸島で、Aブロック大会、Bブロック大会の14名の選手+第1回大会シード選手2名の合計16名の選手での決勝となります。



10月13日の前夜祭がいよいよ始まり、運命の抽選で対戦グループが決まります。

イメージ 2







抽選の結果は……





イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


私は12番の第1グループ。

鰰澤さん、内波君が第3グループとなってしまいましたが運命の対戦相手が決まりまりました。


前夜祭も盛り上がり明日に備えます。




イメージ 6



翌日、4時にマリーナ桟橋へ移動し初日3試合分の支給された撒き餌を準備します。

オキアミ12キロ
銀狼アミノXチヌスーパームギ遠投2袋
銀狼アミノXチヌ名人ブレンド遠投SP2袋
銀狼アミノXチヌど遠投2袋

この配合で挑みました。



準備も整い開会式と出船を待ちます。

イメージ 7




悪天候が予想されるので湾内の磯を使っての試合となり、規定サイズも型が厳しい状況なので25センチ5匹総重量となります。



試合で使った磯はハッキリ覚えていませんがおそらく……

イメージ 8


こんな感じやったと思います。




一試合目は、中島選手との対戦。

イメージ 9



磯に上がり境界線を決め、じゃんけんで勝った選手が海に向かって右側からとなり試合時間は120分で60分で場所交代となります。


6時30分開始。
(下げ潮)


水深が浅くシモリも多くエサトリも活性が有る感じで一枚目は、20センチくらいでキーパー無し。その後にキーパー1枚を釣るもあっという間に60分で場所交代。

1対1で緊迫した初戦の後半に本命を追加を狙いますがハリ外れで嫌な雰囲気が有りましたが何とか3枚キーパーを仕留め検量へ向かいます。



結果……




初戦は勝利できました。






二試合目は、近藤選手との対戦。

イメージ 10



この磯は水道になっているので潮が流れていました。

10時になり前半は左側からの開始。
(下げ潮)


狙うポイントが難しい中で近藤選手はいい感じで本命を掛けています。
私も何とかパターンを見つけ前半に4枚で後半となり、場所交代くらいに潮が無くなり掛ける前に何とか1枚を取れ、その後は潮が無くなり終了となりました。


5対5の試合なので検量しないと勝敗が全く分からない状況で検量となります。



結果……




二試合目も勝利となりました。




三試合前に昼食を取り、三試合目はダイワの木村選手との対戦となり木村選手も2勝していますので、この試合で二日目に残れるかが決まります。


イメージ 11



14時になり前半は右側からの開始。
(上げ潮)

前半2試合は下げ潮でしたが、この試合は上げ潮となります。

開始早々は動かなかった潮が段々と左に動き始めた時にリミット有るか無いか微妙なサイズが釣れ前半でキーパーサイズ4枚揃い後半となります。木村選手は型のいいのを仕留めているので後半にサイズUPができないと厳しい状況。
集中は切らさないように後半を戦い何とか4枚釣れサイズUPしたので入れ替えにも成功。




結果……




勝利となり二日目に残れました。





一日目の結果発表は……

イメージ 12


イメージ 13



イメージ 14


イメージ 15



第2グループと3グループは接戦となり、大会ルールの釣果構成比で結果が決まりました。


初日の天気予報の雨もほとんど降らずに良かったですが二日目はどうなるでしょうか……


二日目に続く…………

この記事に

TDK家島………………

No.18《9月18日》



台風の後でしたが予報を見ながら久しぶりに江沼渡船さんにお世話になり釣行をしてきました。


台風の後で西風が強い予報と水潮にゴミと魚の活性と心配は有りますが今回は男鹿島に渡ります。


選んだ場所は……

イメージ 1



青井荘の湾内の西側。


ここなら風裏と湾内で当日もゴミの影響は無く助かりました。




そして……



剣士さんの楽しい企画が今回も準備されています。



企画大会内容は……


イメージ 3



TDK(ただ乗り)


5匹総長寸のルール。




潮は……

イメージ 2





レシピ……

イメージ 4


来月を少しイメージ。




K野氏と一緒に下り、7時過ぎより開始。


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



海のゴミはほとんど無いですが水潮に上潮が右へ左へとフラフラ安定しません。



開始1時間はサシエサのオキアミ触られなく厳しい中でK野氏が曲げます。



本命です。



私にやっと当たりましたが良型のアジ。



その後に無事に本命GET。



3枚目に本日一番の大物を掛けましたが痛恨のバラシで前半2枚で優しいK野氏の助言で場所交代。



後半はK野氏の助言通りに甘えさせて頂き、開始2時間でパタパタと当たってくれて5枚追加できました。
(この日は船着き場が良かったです)



イメージ 8




5匹長寸は……




38センチ〜41センチでTDK券GET。





イメージ 9


台風の後でしたが、今回もお世話なった皆様ありがとうございました。






……………おしまい……………

この記事に

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事