ここから本文です
愛情ソソガーZ
笑 福 亭 笑 助 の ブ ロ グ

書庫日記

記事検索
検索

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大阪府民に戻りました

あたち二十歳で大阪を離れたので、22年振りの大阪府民になりました。

住みながら大阪という街を客観的に眺めると、自転車に乗る人が多いように思います。おばちゃんが買い物行くのも自転車、若いお母さんが子どもさんを乗せているのも自転車、おじさんがゆるりとどこかへ向かっているのも自転車。2025年に開催が決まった大阪万博の開会式も、お偉いさんの登場シーン、自転車でしたらいいんじゃないかと思うぐらいのチャリンコタウンです(笑)。

僕は東京にいた17年間はバイクに乗っていました。一代目は中古バイクショップで買った50ccのホンダ「蘭(らん)」。幻の名車です(笑)

この白い蘭には3〜4年乗ってたかなぁ。同世代のお金持ちの息子はこのバイクに乗っている僕の姿を見て、よく笑ってました。日本一おしゃれな街東京でこのバイクに乗っている人はほとんどいませんでしたので。貴重な蘭、僕は今でも好きです。

二代目はホンダ フリーウェイ。今度は中型免許を取得したので排気量が250ccに上がりました。これも中古で安く売っていたので、所詮足代わりの移動手段ということで購入しました。

カモノハシの顔みたいなフロントで、形はそんなに好きじゃなかったけど純正リアキャリアを付けてヘルメットも二つ収納できたので機能的で、小回りも利いて便利でした。

三代目はまたまたホンダのフォルツァ。初めて時代錯誤じゃない現行車でした。値段的には勿論、一番高かった。デザインも今風で、駐車したあと振り返って見ても「うん、カッコイイ」と思える一台でした。

このバイクは山形に移住してからもしばらく東京に置いていましたが、だんだん乗る機会が減ってきたのでよしもとの後輩に無料で譲りました。無料で!!!←ここ強調(笑)

今、思うとメルカリで売ったらよかったかな(笑)

東京でのバイクはその三台です。高校生の頃はホンダ ディオでしたので、思えばホンダ車ばかり。ありがとう、本田宗一郎さま。

山形での乗り物は、たびたび落語のマクラでしゃべってますが、ある人が廃車にしようと思っている自動車があるのでよかったら・・・と譲ってくれたので、購入歴はゼロです。

四年半の間ずっと、日産のウィングロードに乗っていました。

譲ってもらった時点でそれなりの走行距離、年式が経っていたので僕はその車を”高齢車”と名付けました。その車も、大阪に戻るタイミングで廃車しました(前オーナーの了解の上で)。

最終的には走行距離の20万キロ超え、初年度登録も18年ほど前。僕はその車のニックネームを”後期高齢車”に変更していました(笑)。

そして現在の自分専用の乗り物はというと・・・ママチャリ!!

おしゃれなかっこいい、すれ違う女子が振り返るようなシティタイプの自転車を購入しようとも思いましたが、大阪の風土というか僕自身の性格というか、安い中古自転車を街中で見かけ、つい買ってしまいました。おもっきりママチャリを!!

18歳で運転免許を取得した直後、乗っていた自動車は、いとこから譲ってもらった日産サニー。

その後マイカーとなったのは山形での日産ウィングロード。

車はニッサン車ばかり。

それは別にいいけど、いつかトヨタ車にも乗りたい。TESURAのEVも興味ある。ベンツやポルシェのオーナーにもなりたい。

その為にもたくさんお金を稼がないといけない・・・。

さあ、明日からも毎日頑張ろう!!マイ、ママチャリで(笑)







この記事に

2014年の4月から今月末まで約4年半の山形生活を終了し、拠点を大阪に移します。

振り返れば、始めの頃は不安でいっぱいでした。未知の土地に住んで芸人・落語家として活動するのは容易ではありませんでした。郷に入れば郷に従えという考えや、今まで通りの自分でいいんや〜という気持ちなどが合わさってとても複雑だったのを思い出します。

おかげさまでテレビやラジオの仕事に恵まれ、その効果で落語のお仕事もいただきました。丸十大屋さん「味マルジュウ」のテレビCMにも長期間使っていただきました。ありがとうございました。

仕事の現場では上方落語の面白さをお届けするのですが、まだまだ若手の噺家で、未熟な部分も多々あります。だから山形が題材になっている新作落語を創りたいと思ってネタを集めながら日々、生活をしていました。「山形のススメ」という作品が出来たのは嬉しいことの一つです。

県内・県外とあちこち行くうちに東北の自然の豊かさや食べ物の美味しさ、人のあたたかさを知り、当初はぼんやりと二年ぐらいかなぁと思っていた山形生活が気がつけば四年を超える月日が経っていました。

一時は永住も悪くないと、戸建て住宅のチラシを眺めている時もありましたが、だんだんと大阪が恋しくなり、関西人のノリを欲してきました。

本業である落語の稽古もやはり大阪にいるほうができます。そんなこともあり、大阪に戻る決意をしました。

この四年半の住みます芸人としての活動は、感謝しかございません。

おもしろいプロジェクトを企画した所属プロダクションのよしもとにも感謝ですし、師匠笑瓶をはじめ多くの先輩方、仲間、お世話になった皆様に大大大大大感謝です!!

本当にありがとうございます!!!

これからは、大阪から「山形に通います芸人」として、まだまだこれからもいっぱい行きますので宜しくお願いします。

そして、大阪から全国いや世界で活躍できるような落語家になるべく精進致します。

今後とも応援の程、宜しくお願い申し上げます。

笑福亭 笑助

この記事に

東北の祭り

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先日、東北絆まつりで盛岡に行きました。

これは東日本大震災からの復興を願ったイベントで、東北六魂祭から名前を変えて毎年行われています。

盛岡城周辺はその昔、不来方(こずかた)といわれていたそうです。湿地帯であまり人が来なかったから。

そんなこともその土地に行ってみないと聞けないものです。

六県のお祭りが集まり、ステージや大通りで踊る!住みます芸人が盛り上げる!そんな素敵なイベントでした!

東北の夏はこれから!

さあ、祭りですよ〜〜〜!!

この記事に

ゴルフ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

山形に来てからゴルフを始めました。

まだまだスコアは悪いですが、やっていて楽しいです。

どんどん誘ってもらいたいです。

先日、コースにお猿さんが現れました。

僕のボールに近づいて離れません。僕が取りに行こうとするとヒシャーッと、歯をむき出しにして威嚇してきます。本気で怖かったです。

仕方ないからそのボールはお猿さんにあげました。

それでなくてもどんどん球が無くなるのに…。

やっぱりフェアウェイに打たないとあかんわねぇ…。

この記事に

山形美術館で落語!!

イメージ 1

昨日の山形美術館「ジョルジュ・ルオー展」での落語が早速記事になって山形新聞に掲載されていました。

美術館での落語は初めてです!

そして恥ずかしながら、依頼を頂いた時点で僕はジョルジュ・ルオー画伯を知りませんでした。

だけど絵画を鑑賞して感じたこたをマクラで。本編内でもくすぐりとして放り込めるものを入れ込みながら、「書割盗人(だくだく)」をやらせていただきました。

とてもいい経験&面白い企画でした!

追伸:山形美術館にはピカソやルノワール、モネなどの絵画が常設展示されています。是非一度、足をお運びください。

この記事に

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事