ここから本文です
よか余暇、よかもん!
陽はまた昇るのか沈むのか?

書庫政界のぞき窓

すべて表示

米中と言う超大国の狭間で、経済大国の日本外交は揺れている。

トランプ大統領が仕掛けた中国に対する経済戦争だが、

自動車輸出に関して、日本にも悪影響が出そうだ。

米中ともに、日本を取り込みたい腹はミエミエの中、

安倍外交は、疎遠だった中国とも握手の外交手腕を見せているを。

米国は少々お冠で、安倍総理の中国接近に釘を刺してきた。

安倍総理の八面六臂外交は、インドとも豪州とも接近。

日本の独自外交を世界に示している。

その一方で、中国が勝手に主張している、大陸棚問題で、

日本は漸く重い腰を上げて対抗した

大陸棚、中国の主張に対抗…海保が詳細調査

11/14(水) 8:58配信

読売新聞

 海上保安庁が、東シナ海の日本の排他的経済水域(EEZ)まで自国の大陸棚が延びているとの中国の主張に対抗するため、EEZで詳細な地質調査を始めたことがわかった。中国はEEZで無許可の海底調査を繰り返しており、日本の海洋権益を守るため、同庁は今後、新型船も投入して調査をさらに強化する。

 中国は2012年、日中両国のEEZの境界に当たる中間線を大きく越え、日本側の沖縄トラフ(海底の溝)までの大陸棚延長を「国連大陸棚限界委員会」に申請。日本の異議で審査対象にならなかったが、昨年までの6年間にEEZで日本の許可なく海洋調査を計71回行った。

 また、14年には、政府系研究機関の職員らが、黄河や長江から流れ出た土砂が東シナ海の広範囲に堆積(たいせき)しているとの論文を国際的な学術誌に発表した。


海洋権益を守るには、軍事力の裏づけが必要だ。

現行憲法を改正する前に国防費の増額↗GDP2%は必然だろう。

反日屑野党よ頭を切り替える為に総理の爪の垢でも煎じて飲め。

日々之好日

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 体の不思議

    2018/11/13(火) 午後 4:30

    今月8日、上顎、左奥2番目の治療済み大臼歯1本を抜歯してきた。 その時、処方されたのが、 メイアクトMS錠100㎎ 3日分だった。 (処方理由は、 歯冠周囲炎・・・防止だったのだろう) ...すべて表示すべて表示

  • お向かいさんに、初孫誕生とか  少子化の時代に嬉しいニュースです・・・ 1日に生まれた男の子。 花の手入れをしていたら直接、家族の方が話をされた。 もう、破顔一笑の喜びようだった。 ...すべて表示すべて表示

  • 今年は少し早いのですが、冬の準備として揚水設備を川に設置。 全てスマホの撮影です。 桜は葉を落とし、人より早く冬支度をしています。 暖かい日で、川水が ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事