ここから本文です
よか余暇、よかもん!
陽はまた昇るのか沈むのか?

書庫政界のぞき窓

すべて表示

本日未明、米国トランプ大統領が中国に対し貿易制裁第三弾を発表

9月24日から、総額2000億ドルの追加制裁を行うと発表。

米国市場は閉鎖後だった為に、日本市場でその影響が懸念される。

上乗せする関税額は当初10%が、中国との貿易問題が解決しないと

来年以降、25%へ上乗せすると強硬な態度だ…

これにより制裁規模は2500憶ドル(日本円で凡そ28兆円)

解決が見えぬと、

最終的には中国貿易全てに、25%の関税を掛けるとの強硬手段。



強く反発する中国の、習近平主席は、閣僚級の話し合いに、

応じないとの情報まで伝わってきた。

世界そして日本への影響はそして本日の株式市場に現れるだろう。

総裁選挙のニュースがまるで茶碗の中の嵐にさえ思える。


石破氏の反逆が平成の「光秀」かとさえ思えて来る。

まもなく開かれる、東京株式市場に世界が注目するだろう。

書庫その他の最新記事

すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事