ここから本文です
よか余暇、よかもん!
陽はまた昇るのか沈むのか?

書庫全体表示

60歳から5歳刻みで市役所から肺炎予防注射の案内が来ていた。

高齢者の肺炎球菌感染症の、定期接種が行われています。

高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種について

定期接種とは、「予防接種法」という法律に基づき自治体(市町村及び特別区)が実施する予防接種です。
今年度(平成28年度)の高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種の対象期間は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までとなります。 期間内に接種しなかった場合は、定期接種の対象とはなりません。
※定期接種の開始時期は、自治体によって異なります。

今年度の定期接種の対象者は以下の二つに該当する方です。
●平成28年度に以下の年齢になる方。
●今まで成人用肺炎球菌ワクチン*を接種したことがない方。
*:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン
●この制度では、今まで成人用肺炎球菌ワクチン*を接種したことがない方を対象に、平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。
*:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン

●対象となる年度においてのみ、定期接種としての公費助成*が受けられます。
*: 助成の有無やその内容については、お住まいの自治体によって異なる場合があります。
平成28年度から平成30年度までの間は、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方が対象となり、平成31年度からは、接種日当日に65歳である方が対象となります。
 

●対象者はいつまでに接種を受ければいいの?

今年度(平成28年度)の定期接種の対象期間は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までとなります。期間内に接種しなかった場合は、定期接種の対象とはなりません。
※定期接種の開始時期は、自治体によって異なります。


二の腕の外側に筋肉注射をした。

注射後20分ほど院内で休み、観察後に自由の身となった。

イメージ 1


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この下は、怖い怖い話・・・読まぬ方が身の為かも・・・

体内埋め込みマイクロチップが予防注射で埋め込まれるとか?

2012年10月17日(水)

あくまでも、噂ですから。

高齢者はどうでも良い事だが、注射時間がやけに長く感じた。

  • 顔アイコン

    本当に怖い話でした!。
    ワクチンは効かない!、ホントなら何故接種するのか、疑問ですね!。

    肺炎で亡くなる高齢者の方々が多いので、接種はしたほうが良い!と思います。

    ☆ナイス!〜

    [ gre*n*hub*32 ]

    2017/3/7(火) 午前 9:20

    返信する
  • 顔アイコン

    > gre*n*hub*32さん、
    少し痛いですよと前置きされ、接種の際、

    腕に一度刺し・・薬液を入れたのか?

    その直後にそのまま更に深く針を刺し込まれた感じがしました。

    5年間、薬効は続くそうですが、マイクロチップだとしたら5年間で電池切れか!?

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午前 9:29

    返信する
  • 顔アイコン

    65歳からってのは仕方ないけど、肺炎球菌ワクチンが

    宣伝された時僕は72歳だったかな・・。

    だからその時注射してもらったけど・・何故、融通がきかないのか?
    次回は77歳なんだけど料金が普通より高いのが気に入らない
    歳を取ると僻み根性がアップしますねw

    まろっち

    2017/3/7(火) 午前 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    > マロッチさん、金額に援助が有るとはいえ、かなりの高額支払いでした。

    援助が無ければ更に負担増ですね。

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    私の知り合いの方は、ワクチンの予防接種が受けられる年齢ではない歳に実費で受けていましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    個人的に受けられることが良いと思います(^_−)−☆

    ミミママ

    2017/3/7(火) 午前 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    > ミミママさん、私など受けるつもりは無かったのですが、昨年妻が肺炎となり、今回受ける事にしました。

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午後 0:44

    返信する
  • 顔アイコン

    これも、肝心な医療関係者のほうが、正しい知識がない。……(o_ _)o パタッ
    なぜ感染し、ワクチンは効かなくなるのか、そこが解っちゃ無い。
    この菌はそこら中に居るけど、単独だけでは他の菌の自然毒に負けて、繁殖できないに等しい。
    しかし、高齢になるほど、様々な免疫を持つ様になるので、他の菌類は繁殖しにくくなって、肺炎球菌の天敵がいなくなるに等しい。
    肺炎球菌は、それまで仮死状態の乾燥状態にあるが、鼻の粘膜で暖められて、適度な湿度とで、運良く肺胞にたどり着くと、天敵は居ないから爆発増殖ができる。
    ・・ワクチンと言うのは、指名手配の顔写真と同じで、人相書きの情報があると、血液野中のマクロファージは、それに基づいて凶悪犯と断定して、とっ捕まえてくれるけど、どんどん変装して逃げる奴らも増えて行く。
    だから新しい指名手配犯の情報が、ワクチンという訳である。
    実際には、肺炎球菌の外側にある突起のエンベロープが、地球の環境磁場の経年変化で、少しずつ変化するので、エンベロープの形状と密度まで変化してしまう為に、それまでの合型情報が使えなくなって、殆どの抗生物質が効かなくなる。

    blog-予知ダス

    2017/3/7(火) 午後 2:03

    返信する
  • 顔アイコン

    抗生物質は、固形の量産品で意思を持たないので、自力では合型を変化できず、効かなくなる欠点がある。
    ところが、飲むお茶は、毎年新しい新芽を使うので、新芽にはこの新しい情報が含まれてるのさ。(爆)
    ところが、突然変異が激しいインフルなどの情報までは、情報量が大きすぎて、お茶の新芽では対応できない。肺炎球菌は最も情報量が微小な単核球菌系なので、お茶の新芽でも情報量を持てる利点がある。
    だけど、高齢者がインフルに感染して、入院してしまうと、医者と看護婦は、集中治療室に移すが、臨床医療では、お茶を飲ませない。
    単に抗生物質と栄養点滴だけ使うので、肺炎球菌の情報が入らないのだ。
    だから、爆発感染するに決まってる。

    blog-予知ダス

    2017/3/7(火) 午後 2:05

    返信する
  • 顔アイコン

    集中治療室は、無菌じゃなくて、出入りする意思や看護師らの喉や粘膜にも、肺炎球菌は居て、体力ある時は発病しいので、医者の不養生で気づかない。
    街中の診療所では、常に新しい肺炎球菌も運ばれて来るので、高齢者にとっては、感染しやすい場所だし、お茶すら出してくれない所だと、高い薬は買わされるが、抗生物質は新しい肺炎球菌には対応してないので、当然、肺炎球菌にやられだしたら一気に爆発的にご臨終に陥る・・
    感染と素食を防ぐには、お茶だけでなく、薄い塩分を口に含んでるだけでも、肺炎球菌を不活性化できるので、増殖できなくなって合型も手に入り、ワクチン摂取を受けなくても、自力撲滅容易なので、やられないで済む。
    注意点は、塩分濃度が濃いと、人体の腎臓や肝臓のほうが、先にダメージ受けてしまい、こっちでやられてしまうので、濃い塩漬けは必要無いけど、日常的に必要な、低い塩分は安定的に確保が欠かせないってことなのだ。

    blog-予知ダス

    2017/3/7(火) 午後 2:06

    返信する
  • 顔アイコン

    そこを勘違いして、塩分全面カットすると、簡単にバランスが狂って、糖尿病になりやすく、しかも塩分制限までされてしまうので、治りにくくて、慢性化診断されてしまう。
    医者の措置が、間違ってるだけなのに、ミスを認めたがらない医者たちが多すぎる。
    あの医者はヤブだという、風評被害(??)で患者が来なくなり、赤字経営に転落してしまう為だ。
    お茶すら飲ませない、塩昆布すら食えない待合室だなんて・・、祟りは怖いのだ!!
    昭和の時代には、お茶や、塩昆布、塩釜、落雁などの茶菓子まで、サービスあった待合室や診療所も多かったのに・・!!
    だから昔は肺炎球菌ぐらいで、死ぬなんてことは考えられなかった謎解きだよ!!ガハハ

    blog-予知ダス

    2017/3/7(火) 午後 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > blog-予知ダスさん、エッ、そうなんですか!

    マイドクターは何の説明もしませんでした。

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午後 2:42

    返信する
  • 顔アイコン

    > blog-予知ダスさん、なるほど、なるほど、頷くばかりです。

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午後 2:47

    返信する
  • 顔アイコン

    > blog-予知ダスさん、肺炎球菌に対する知識は開業医でも持って居ると思うのですが、

    塩分の薄い水を含ませると言う基本的と思える治療法を併用しないのでしょう?

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午後 2:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > blog-予知ダスさん、了解しました。

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午後 2:54

    返信する
  • 顔アイコン

    ワクチンは水銀が入っているのは知っていますが、毎年恒例行事のように打ってます。

    子宮頸がんワクチンは単に癌になりにくいと言う国からの説明だけで打たせました。
    親になれないのかな?と今から不安です(><)
    あっ、その前に結婚できるかどうかが問題ですが^^;

    みね

    2017/3/7(火) 午後 4:13

    返信する
  • 顔アイコン

    > みねさん、我が家は孫姫二人が対象年齢に達しても

    多分,子宮頸がんワクチンは打たせないと思います。

    子供時代アマルガム用として水銀が有りましたが、それで遊んで父にこっぴどく怒られました。

    よかもん人生

    2017/3/7(火) 午後 5:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > blog-予知ダスさん

    素晴らしい解説です(^^)

    kingboy

    2017/3/8(水) 午後 2:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > kingboyさん、コメントを頂けるブロガーの中で

    専門的な分析ができる、

    > blog-予知ダスさんは特筆されます。

    よかもん人生

    2017/3/8(水) 午後 3:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事