お気楽に行こう

元気でいるか 街には慣れたか 友達できたか・・・♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全454ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2
S県A市から子ども会交流の引率でやってきた、子ども会役員と
市役所職員の方を地元の小山に早朝接待登山(笑)


イメージ 3
登頂して、まずは丸山神社に参拝。


イメージ 10
展望台に登りますが霧で何にも見えない(涙)


イメージ 4
まあ、モーニングコーヒーでもどうぞ!
なにせ接待ですから・・・(笑)


イメージ 5

イメージ 6
晴れてれば、こんなふうに見えるんだけどね。


イメージ 7

イメージ 8
走って下山!


イメージ 9
朝の5時から6時15分までの早朝登山、お疲れさまでした。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
前日の100kmマラソンは69kmで終わり、なんとも悲しい。
もちろん膝は痛いし、あちこち筋肉痛で辛いのだが・・・
やっぱり登ろう、ピンネシリに!
道北遠征4年目にして初めてのピンネシリだ♡


イメージ 2
登山口は道の駅ピンネシリの裏にある、三吉神社の鳥居。
6時40分、登山開始。


イメージ 3

イメージ 4
歩きやすい山道を登って高度を上げて行きます。


イメージ 5
シナノキの巨木が途中にあります。


イメージ 6
おや、あそこでこちらをうかがっているのはアライグマのお母さんか?
子どもが後ろをついて登山道を横断。


イメージ 7
エゾアジサイ


イメージ 8
エゾアカガエル


イメージ 9
今年生まれたシマリスの子ども


イメージ 10
ナデシコのようだが・・・


イメージ 11
ハナイカリ


イメージ 12



イメージ 13
腹へった〜!ってことで、後夜祭でもらった大福を食べる。


イメージ 14
軍艦岩に登ってみるがそれほど眺めがいいわけじゃない。


イメージ 15
頂上はあそこかな?


イメージ 16
ロープの張ってある急登を登って・・・


イメージ 17

イメージ 18
登山口から1時間55分で登頂!
マラソン大会の翌日登山はいつも辛いわ(笑)


イメージ 19
おっ、雲から浮かび上がってるのは利尻山じゃないですか!


イメージ 20
こっちはオホーツク海。
スッキリ晴れてたら二つの海が同時に見える素晴らしい山だね♪
でもね、この山マダニが多いんだよね。
5匹くらいシャツに着いていて身体をはい回ってるものもいるし・・・
頂上貸し切りなのをいいことに、シャツを脱いでダニさがし。
ついでに汗まみれのシャツを乾燥(笑)


イメージ 21



イメージ 22
下りも1時間50分かかってしまった。
はっきり言って下りの方が膝の負担が大きくて痛い(涙)


イメージ 23
汗まみれでダニが食いついているかもしれない身体はびふか温泉で・・・
あっ、やっぱり食いついていた!クッソ―!


イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27
温泉から上がったらチョウザメ館見物。

松浦武四郎もチョウザメにどってんこいたんだって!(笑)


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2
50kmエイドでスイカとうどんをいただいて。


イメージ 3
すると、Rちゃんと加ト吉ちゃんの同級生、僕の1年後輩Mちゃんがいろいろと
持って応援に来てくれていた。
ごちそうさまでした


イメージ 4
後半の50kmに出発するところで阿部雅司さんが応援してくれていた。


イメージ 5
風力発電の風車が並ぶオホーツク海沿いを走る。


イメージ 6
60kmを8時間で通過。
てことは、残り40kmを6時間で走ればゴールできるのだが・・・


イメージ 7
エゾニュウが咲くと「夏が来た!」って気になるね。


イメージ 8
豊寒別の酪農家さん、ありがとう!


イメージ 9
ミツバチの巣箱が置いてある。今時は何の花だろう???


イメージ 10
ぶんちゃんエイドで長話をして、たくさんスイカを食べて、
写真撮り忘れました
のんびりしたのはひざの痛みも増してきたので、
「ここでやめようか」と思っていたからです。
でも、もう少し走って69kmくらいのところで70km関門のタイムアップ


イメージ 11
お迎えのバスがやってきました


イメージ 12
リタイアの車窓から・・・


イメージ 13
ゴール地点ですごく美味しいシーフードカレーを食べ、
温泉で汗を流してサッパリして、ゴールする人を待ちます。


イメージ 14
今年も完走、元気な60代。


イメージ 15
やすのりさんも完走。


イメージ 16
すごいぜ!去年に続いて涙の完走。


イメージ 17
軽く13時間切りでゴールした加ト吉ちゃん、おめでとう


イメージ 18
ムースくん、快調に走ってたのにエネルギー切れだとか・・・
「まだまだ走れるんだけど」残念な途中リタイア。


イメージ 19
そのムースくんが持ってゴールするはずだった横断幕を持ってゴール。
Rちゃんも余裕の13時間30分切り。おめでとう


イメージ 20
完走できれば、美味しいカレーがもっとおいしくなるよね。


イメージ 21
後夜祭でスワットンと・・・


イメージ 22
完走後の美酒


イメージ 23
やっぱり今年もこげパンだな


イメージ 24
最後は藤澤舞ちゃんと・・・
Tシャツにサインをもらおうとしたら「サインないんです」だって。

今年も膝痛にやられて完走できず、これで1勝3敗。さて、来年は


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
100kmマラソン当日、朝焼けの空。
さあ、今日はどうなるかな???


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
ラン友とも記念写真を撮り終えて・・・


イメージ 8
午前5時、スタート


イメージ 9
クッチャロ湖に下って行く。


イメージ 10
なるほど!もう「宗谷」じゃなく「北海道中央」なんだ・・・
「中央」・・・しっくりこないな。


イメージ 11
10km通過。調子いいぞ


イメージ 12
まっすぐだよ〜。でも、まだ北海道マラソンの新川通よりはいいね。


イメージ 13
いつしか青い空に、そして白いすじ雲がアクセント。


イメージ 14
オリンピック金メダリストの阿部雅司さんとサロマ100kmを制した藤澤舞ちゃん。
このトップ集団とすれ違ったのは初めて。
ということは、飛ばし過ぎじゃないですか???


イメージ 15
ムースくんからも「速いっすね!」と言われ・・・


イメージ 16
ここは落ち着いて、20kmエイドでのんびり給水&給食


イメージ 17
20km通過。1/5終了。


イメージ 18
Rちゃん、加ト吉ちゃんとすれ違う。


イメージ 19
鶴のおじさん改めミーのおじさんとすれ違う。


イメージ 28
1/4が終わったけど早々に膝痛が発生。先が思いやられる・・・


イメージ 20
ありがたき幸せ


イメージ 21
前年より10分ほど早く30kmにたどり着いたが膝が痛くペースはガタ落ち


イメージ 22
国道から入ってくるとアップダウンがきつくなる。


イメージ 23
コカコーラエイド。
ゆっくりトイレを済ませてコカコーラをいただく、ゲ〜ップ


イメージ 24
ミホさんに抜かれる。彼女は失敗しないゴールドランナー


イメージ 25
5時間12分ほどでフルマラソン終了。


イメージ 26
膝が痛くてクッチャロ湖を左側に眺めながら、「今日はどこまでかな?」と
すでに負け戦を覚悟。


イメージ 27
6時間19分で50km地点のスタート・ゴール地点に到着。
なんのこっちゃ?って思われるかもしれませんが、要はコースが8の字なんです

後半につづく・・・


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
それは半年以上も前のこと・・・
北へ北へと車を走らせるが昼飯までにお腹が減って道の駅名寄でひと休み。


イメージ 2
大福買って二つも食べちゃったよ


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
美深温泉でRちゃんと加ト吉ちゃんと待ち合わせ。
チョウザメ料理に美深牛ステーキをいただきます。
大福に加えててこれだけ食べるとさすがに満腹ですわ。


イメージ 16

イメージ 6
美深温泉の前には『松浦武四郎踏査之地』の碑があります。


イメージ 7
道の駅美深で明日の朝食べるパンを買い込む、というルーチンです。


イメージ 9

イメージ 8
次に向かったのは天塩川沿いにある『松浦武四郎 北海道命名之地』
北海道命名150周年だからね、やっぱり寄らないと。


イメージ 12
天塩川にはカラス貝がたくさん生息してまして、食べられるのかな


イメージ 10
何がそんなにおかしかったんだっけ?石が転んでもおかしい50代。


イメージ 13
浜頓別に到着しまして、北オホーツク100kmマラソンの前夜祭に出席。


イメージ 11
早く食べたいなあ


イメージ 14

イメージ 15
乾杯して明日はがんばるぞ


この記事に

開く コメント(0)

全454ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事