MMP is MY LIFE

いろいろ読んでるんですけど、ブログにはアップロードしてない(涙)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に…
…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。
〜yahoo!書籍紹介文引用〜

伊坂幸太郎作品の2作目が、本書「死神の精度」となりました。
2004年の日本推理作家協会賞受賞作品だそうで、
短編集となっている本書です。
最近の短編集で最後に読んだのが「英国庭園の謎」でしたので、
短編集恐怖症になっております^^;
また、前回読んだ伊坂作品の「グラスホッパー」に
そんなにのめり込む事ができませんでしたので、
さあ、本書はどんな感じになるでしょうか?


では、感想を。


あれぇ、
「この作品って、なんか乙一の短編集っぽくね?」
っていうのが、本書を読み始めたときの最初の感想でした。

死神と死神から死を与えられる者とのドラマですが、
非常にオシャレにまとまっております。
しかも、短編がちょっとリンクしていたりして、良いです^^
個人的に一番好きだったのが「恋愛と死神」でしたね。
なんか、胸が締め付けられる終わり方でした。
けど、何で死神が萩原に「可」を与えたんでしょうね。
「死神の精度」では「見送り」にしたのに………

最後の「死神対老女」でのラストシーンは、どういう事なんでしょうね。
やっぱり死神が青空に対して「美しい」という感情を抱かせる、
そんな暖かな老女の気持ちが、
死神の無感動無関心に勝ったということなのでしょうか。

「吹雪に死神」は、ミステリー色の強いパロディ的作品でした。
最後のトリック(というか死因)は、死神であるからこそ成り立つものですね。

で、本書を読んだ結論!
メチャクチャレベルの高い作品でありました。
なんか、単なるミステリー作品を超えて、
文学的作品っぽく思えました。 ← 言い過ぎですかね?

今後、
なんか、CD売り場でCDの視聴をしている人を、
変な目で見てしまいそうです^^;

開く コメント(18)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事