ハリーの健康&スキーブログ(訪問履歴残ら無い同名ブログで再開)

操作ミスで利用停止=即削除、”14年7月約3万名の訪問者様〜の再開!、

全体表示

[ リスト ]

文在寅が大失態…! 韓国はここからさらに「窮地」に追いこまれる

8/1(木) 7:01配信
現代ビジネス
文在寅政権は変わらない
 このように輸出管理の問題では、文在寅政権は「韓国の対応には問題がない」と言うばかりだ。韓国の不正輸出が見つかった156件について、どの企業がかかわったのか、最終目的地はどこか調べたくないのであろう。

 これらの物質の行き先はいずれも北朝鮮に近い国である。北朝鮮への流出がないというのであればそれを証明すべきである。日本が濡れ衣を着せたと日本を非難するだけでは韓国の潔白は証明されない。

  そもそも、北朝鮮については制裁違反の疑いがあってもその調査には消極的であり、隠せるだけ隠そうとの対応である。金正恩の機嫌を損ないたくない、という姿勢では北朝鮮の非核化をもたらすことはできない。
 このように今回の輸出管理問題に対する文在寅政権の対応は、全ての国政にわたる特質を反映したもの。

 現状においても、国政は支離滅裂であり、韓国が今後ますます困難な局面に追い込まれていくであろうことは容易に想像できする。しかし、それでも政策の方向性を変えようとしない文政権である。

  すでに、韓国の経済は成長率、生産、投資、輸出、消費、雇用の全ての面で落ち込みが顕著である。
 今後一層の落ち込みが予想される中、文政権は日本の輸出管理のせいにするであろう。しかし実態は、文政権の経済運営がはたんしており、それに日本の措置が上乗せされた複合的な不況である。
 政治の面では、積弊清算を進め、保守派の貢献を否定する歴史歪曲によって国民の分断を図っている。安全保障面では北朝鮮との不用意な合意により韓国の安保を危機に晒している。北朝鮮に寄り添った非現実的な外交により韓国の信認を失わせている。これだけの失政を続ければ、政権に対する国民の信任が失われ、支持率も大幅に低下しても不思議ではないが、現実にはそうなっていないのは何故か。

 それは文政権の独裁的体制が今のところ機能しているということであろう。政府の局長以上の要職を学生運動出身などの政治活動家がしめ、一般の国民の声が届かなくなっている。また、言論、司法のあらゆる分野で支配体制を強化し、進歩派政権が20年以上続く基板を構築しようとしている。

  国民世論も抑えており、日本との対立によって国民の支持率は上がっている
 文在寅政権は今後さらに3年近く続く。その間何もしなくていいのかという声を聞く。常識的に考えそれは正論である。しかし、基本的なところで文政権が譲歩しない限り、日本側から譲歩することは、将来の日韓関係に禍根を残すと考える。  

韓国は日本にとって重要な国である。であればこそ、日韓の関係の在り方を見直し、対等な関係、日本が一方的に譲歩しなくてもいい関係を構築すべきである。そのため、3年間の対立は将来の日韓関係にとって必要な犠牲なのかもしれない。
武藤 正敏

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事