ハリーの健康&スキーブログ(訪問履歴残ら無い同名ブログで再開)

操作ミスで利用停止=即削除、”14年7月約3万名の訪問者様〜の再開!、

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2008ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

8月最終週 西日本を中心に大雨のおそれ 週末は関東を中心に猛暑ぶり返す

8/25(日) 16:23配信
ウェザーマップ
 8月最終週は、西日本を中心に大雨のおそれがあり、土砂災害などに注意が必要だ。また、週末は関東を中心に猛暑が戻ってくる見込みで、熱中症など体調管理にも注意が必要となる。
週の中頃にかけて前線活発化
 8月最後の日曜日の25日は、九州付近に前線の雨雲がかかり、鹿児島県内では1時間に40ミリ前後の激しい雨が観測された。前線は27日(火)にかけて九州をゆっくり北上し、活動も活発化する見込み。これに伴い、雨の範囲も東・北へと広がり、週の中頃にかけては全国的に曇りや雨となりそうだ。
 特に、暖かく湿った空気が流れ込む西日本では大雨のおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意が必要となる。
週末は関東甲信を中心に再び猛暑日に
 30日(金)頃からは太平洋高気圧の勢力が強まり、日本付近を広く覆う見込み。東京の30日(金)から9月1日(日)にかけての最高気温は34℃、熊谷(埼玉)と甲府では9月1日(日)は35℃と予想され、週末は関東甲信を中心に猛烈な暑さとなりそうだ。
 また、東京などでは最低気温が25℃を下回らない熱帯夜も続くため、昼だけではなく夜間の熱中症にも注意が必要。こまめに水分をとったり、また冷房を上手く活用するなどし、室温の管理にも注意したい。

開く コメント(0)

G7、日米首脳が“断韓”会談実施!? 識者「朝鮮半島“赤化”対応協議か」

 安倍晋三首相は、フランス南西部ビアリッツで24〜26日に開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に合わせて、ドナルド・トランプ米大統領との日米首脳会談に臨む。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを受け、自由主義陣営から離脱しかねない韓国への対応策を協議することになりそうだ。

 「日本は、北東アジアの安全保障環境に照らし、『日米韓の協力に影響を与えてはならない』との観点で、地域の平和と安定を確保したい」「韓国には国と国の約束を守ってもらいたい」 安倍首相はG7に出発直前の23日、韓国の協定破棄について記者団にこう語った。その表情は、あきれかえっていた。

 米国防総省も、警告を無視した文政権への不快感をあらわにし、「GSOMIAの破棄は、文政権の大いなる思い違いなのだと知らしめることになると繰り返し言ってきた」と異例の声明を発表した。
 日米両国は、北朝鮮の「核・ミサイル」といった地域の脅威に対し、日米韓3カ国の協力体制で対応してきた。だが、文政権の裏切りで、北朝鮮や中国、ロシアが漁夫の利を得て、北東アジア情勢が不安定になるのは避けられそうにない。

 文大統領の狙いは何か。注目の日米首脳会談はどうなりそうか。国際政治学者の藤井厳喜氏は「文大統領は、日本の輸出管理強化への不満を『米国に泣きつけば日本が妥協し、撤回する』と思ったが、動かなかったため、米国に不信感を持った。GSOMIA破棄をきっかけに意図的に距離を置き、韓国世論を反米に誘導し、『米韓同盟を米国側から破棄させよう』と狡猾(こうかつ)に動いているのではないか」と指摘する。 やはり、文氏は、北朝鮮との「赤化統一」を狙っているのか。韓国国民は地獄を見るのではないか。藤井氏は続けた。

 「日米首脳会談ではまず、同盟体制の強化を確認する。さらに、朝鮮半島全体がいずれ『反日・反米』一色で赤化し、安全保障の最前線が38度線から対馬海峡まで下がった場合の対応も協議するはずだ。メモリチップの生産工場を、韓国や中国からベトナムに移すなど、ハイテク産業のサプライチェーンを再構築する策も練り上げるだろう」
 日米両首脳が、「断韓」を確認する会談になるかもしれない。

開く コメント(0)

【巨人】石川が延長11回サヨナラ2ラン 優勝マジック「20」が点灯

8/24(土) 22:03配信
スポーツ報知
◆巨人8X─6DeNA(24日・東京ドーム)

 首位・巨人が延長11回の死闘の末、DeNAにサヨナラ勝ちし、今シーズン初めて優勝マジック「20」が点灯した。115試合を戦い、65勝48敗2分けの貯金17。5年ぶりのリーグ優勝が見えてきた。
【写真】ナインにもみくちゃにされる石川
 巨人は先発したドラフト1位ルーキー・高橋が初回、ロペスに中前タイムリーで1点を先取された。しかし4回1死、丸の21号ソロで同点に追いつくと、なおも1死一塁、ゲレーロが左越えに勝ち越しの17号2ラン。助っ人の8月7本目の一発で逆転に成功した。

 DeNAは6回、好調の4番・ソトが左前タイムリーを放ち、1点差に迫った。だがその裏、丸が2打席連発となる22号ソロを左翼席にたたき込んだ。続く岡本、ゲレーロ、大城が3連打でさらに1点を追加した。

 ところが8回、中川がDeNA打線につかまった。ソトの適時二塁打に続き、途中出場の嶺井には逆転2ランを食らった。
  9回2死。巨人は「あと1人」に追い込まれたが、重信、代打・阿部が四球を選び、坂本勇が三遊間を抜くタイムリー。6―6の同点として、延長戦に持ち込んだ。

 そして11回だ。先頭の重信が右前安打で出塁。俊足を生かし、二盗を成功させた。そこで起用された代打・石川が中越えにサヨナラ2ランを放ち、劇的にマジック「20」を点灯させた。

 巨人はDeNA戦の連敗を5で止め、今季の対戦成績を9勝9敗のタイに持ち込んだ。劇勝の勢いのまま、歓喜の瞬間を目指して突き進む。

開く コメント(0)

北朝鮮からの飛翔体 日本が韓国より早く発表できた理由

8/25(日) 8:24配信
スポニチアネックス

 防衛省は24日午前7時10分、北朝鮮から日本海に向け短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体2発が発射されたと発表した。一方、韓国軍の発表は、防衛省から約25分遅れた。

発射情報の把握に時間がかかったとみられる。23日に軍事情報包括保護協定GSOMIA)の破棄を自ら通告したばかりで今後、韓国側に大きな影響が出る可能性がある。

 GSOMIAは、日本と韓国が、国や機関同士で軍事上の機密情報を提供し合う際、第三国への漏えいを防ぐために結んだ協定。北朝鮮のミサイルに関しては、まず発射を米国の衛星が探知し、上昇中の情報を韓国が分析、海面への落下情報から日本が飛距離などを測定する。

協定により、日韓は互いの情報を直接得られるようになったが、満期を迎える11月22日以降は米国を仲介してやりとりする。情報の質は低下、入手に時間がかかるなどの懸念が指摘されている。

今回はミサイルの高度が約100キロに達し、自衛隊のレーダーで捕捉できたことが、日本の迅速な発表につながったとみられる。

開く コメント(0)

G7、日米首脳が“断韓”会談実施!? 識者「朝鮮半島“赤化”対応協議か」

 安倍晋三首相は、フランス南西部ビアリッツで24〜26日に開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に合わせて、ドナルド・トランプ米大統領との日米首脳会談に臨む。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを受け、自由主義陣営から離脱しかねない韓国への対応策を協議することになりそうだ。
 「日本は、北東アジアの安全保障環境に照らし、『日米韓の協力に影響を与えてはならない』との観点で、地域の平和と安定を確保したい」「韓国には国と国の約束を守ってもらいたい」
 安倍首相はG7に出発直前の23日、韓国の協定破棄について記者団にこう語った。その表情は、あきれかえっていた。
 米国防総省も、警告を無視した文政権への不快感をあらわにし、「GSOMIAの破棄は、文政権の大いなる思い違いなのだと知らしめることになると繰り返し言ってきた」と異例の声明を発表した。
 日米両国は、北朝鮮の「核・ミサイル」といった地域の脅威に対し、日米韓3カ国の協力体制で対応してきた。だが、文政権の裏切りで、北朝鮮や中国、ロシアが漁夫の利を得て、北東アジア情勢が不安定になるのは避けられそうにない。
 文大統領の狙いは何か。注目の日米首脳会談はどうなりそうか。
 国際政治学者の藤井厳喜氏は「文大統領は、日本の輸出管理強化への不満を『米国に泣きつけば日本が妥協し、撤回する』と思ったが、動かなかったため、米国に不信感を持った。GSOMIA破棄をきっかけに意図的に距離を置き、韓国世論を反米に誘導し、『米韓同盟を米国側から破棄させよう』と狡猾(こうかつ)に動いているのではないか」と指摘する。
 やはり、文氏は、北朝鮮との「赤化統一」を狙っているのか。韓国国民は地獄を見るのではないか。藤井氏は続けた。
 「日米首脳会談ではまず、同盟体制の強化を確認する。さらに、朝鮮半島全体がいずれ『反日・反米』一色で赤化し、安全保障の最前線が38度線から対馬海峡まで下がった場合の対応も協議するはずだ。メモリチップの生産工場を、韓国や中国からベトナムに移すなど、ハイテク産業のサプライチェーンを再構築する策も練り上げるだろう」
 日米両首脳が、「断韓」を確認する会談になるかもしれない。

開く コメント(0)

全2008ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事