ハリーの健康&スキーブログ(訪問履歴残ら無い同名ブログで再開)

操作ミスで利用停止=即削除、”14年7月約3万名の訪問者様〜の再開!、

気になる宇宙、海洋生物など

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全90ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日本の新主力ロケット「H3」補助エンジン試験 JAXA

続きを読む
「H3」は初号機の打ち上げが来年度に計画されている日本の新しい主力ロケットで、28日は補助エンジンとして開発中の「SRBー3」の燃焼試験が鹿児島県の種子島宇宙センターで行われました。

「SRBー3」は全長14.6メートルで重さは75.5トンあり、実際に打ち上げられるものと同じ設計になっていて、1分40秒程度噴射すると1キロ離れた展望台からも大きな振動と白い煙が確認されました。

JAXAによりますと、おおむね予測どおりの性能が確認されたとしていて、今後初号機の打ち上げに向けてメインエンジンの試験なども本格化すると見られています。

開発を担当する岡田匡史プロジェクトマネージャは「H3の開発は8合目くらいまで来たので、データの評価を慎重に進めて着実に登り詰めていきたい」と話していました。

木星の新しく見つかった衛星5つの名前が決定。命名ルールを解説

8/26(月) 20:35配信
sorae 宇宙へのポータルサイト
アメリカのカーネギー研究所は8月23日、今年の2月から4月にかけてTwitterを通して募集した木星の衛星5つの名前が、国際天文学連合(IAU)によって正式に決定したことを発表しました。
■発見済みの木星の衛星は合計79個に到達
名前が募集されていたのは、同研究所の天文学者Scott Sheppard氏によって発見され、2018年7月に発表された12個の衛星のうち5つ。この発表によって、木星の衛星の数は合計79個に達しています。Sheppard氏らは数多く寄せられた応募すべてに目を通し、最もふさわしいと判断した名前を選び出してIAUに提出していました。

今回、正式に決定した衛星の名前とその由来は、以下の通りです。日本語の発音表記は筆者によるものなので、今後国内の観測所や研究機関などで用いられる読み方とは異なる可能性があることをご承知下さい。

・Pandia(パンディーア):仮符号「S/2017 J4」。ギリシア神話における主神ゼウスと月の女神セレーネの娘で、満月の女神。エルサの妹にあたります。

・Ersa(エルサ):仮符号「S/2018 J1」。ゼウスとセレーネの娘で、露(つゆ)の女神。パンディーアの姉にあたります。・Eirene(エイレーネー):仮符号「S/2003 J5」。ゼウスとテミスの娘で、ギリシア神話における平和の女神です。・Philophrosyne(フィロフロシューニー):仮符号「S/2003 J15」。ゼウスの孫娘で、歓迎と親切の精神。エウフェーメーの妹にあたります。

・Eupheme(エウフェーメー):仮符号「S/2003 J3」。ゼウスの孫娘で、称賛と吉兆の精神。フィロフロシューニーの姉にあたります。ちなみに「仮符号」というのは、新しく見つかった天体に付与される「仮の名前」です。たとえばPandia(パンディーア)に与えられていた仮符号「S/2017 J4」は、「2017年に木星で見つかった4番目の衛星」という意味になります。

月周回の新宇宙ステーション参加で予算要求へ

アメリカが進める、月を周回する新たな宇宙ステーション「ゲートウェイ」に参加するための費用として、文部科学省は、総額でおよそ150億円を来年度予算案の概算要求に盛り込む方針を固めました。
続きを読む
月を周回する新たな宇宙ステーション「ゲートウェイ」は、アメリカが2026年ごろの完成を目指し、各国に参加を呼びかけていて、日本政府は年内に参加を表明できるよう調整を進めています。

文部科学省は、ゲートウェイへの参加に向けた費用として、総額およそ150億円を来年度予算案の概算要求に盛り込む方針を固めました。その中では、無人の宇宙輸送船「こうのとり」を、ゲートウェイに物資を届けるために改良する費用としておよそ108億円を計上したほか、

インドと協力して月面探査を行うための無人の探査車の開発などのためにおよそ12億円、ゲートウェイを利用する宇宙飛行士の生命維持に関わる機器の開発のためにおよそ6億円が盛り込まれています。

文部科学省がゲートウェイへの参加に向けた本格的な予算を概算要求に計上するのは初めてです。

ステーションとの結合失敗 ソユーズ、26日に再挑戦

8/24(土) 20:12配信
共同通信
 【モスクワ共同】ロシアの国営宇宙開発企業ロスコスモスは24日、無人の宇宙船ソユーズMS14が同日午前(日本時間同日午後)、国際宇宙ステーションとのドッキングに失敗したと明らかにした。ソユーズの装置は正常に機能しており、26日午前に再度試みる。

 ロスコスモスなどによると、22日に打ち上げられたソユーズは順調に飛行を続け、24日にドッキングのためステーションに接近したが、数十メートルまで近づいた時に突然停止し、後退を始めたという。当局者らは失敗の理由について「ソユーズに異常な振動が起きたため」と話している。

小惑星リュウグウ、2種の岩石が分布 着陸機画像を解析
朝日新聞社
2019/08/23 03:00

全90ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事