ハリーの健康&スキーブログ(訪問履歴残ら無い同名ブログで再開)

操作ミスで利用停止=即削除、”14年7月約3万名の訪問者様〜の再開!、

2輪‐4輪・乗り物その他関連

[ リスト | 詳細 ]

2輪・4輪車関連の記事
記事検索
検索

全117ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

鉄道ファン萌え燃え…近鉄の新型車両「ひのとり」 座席ゆったり、燃える赤色
近畿日本鉄道が令和2年3月から大阪難波−近鉄名古屋間で運行する新型車両「ひのとり」のイメージ(同社提供) 近畿日本鉄道が令和2年3月から大阪難波−近鉄名古屋間で運行する新型車両「ひのとり」のイメージ(同社提供)
 近畿日本鉄道は30日、大阪難波−近鉄名古屋間で来年3月14日から運行する新型特急の名称を「ひのとり」に決めたと発表した。赤を基調としたデザイン。近鉄によると、前後の座席間隔は最大130センチと国内の鉄道車両で最大級で、リクライニングの際には座席が後ろの乗客に倒れかからない「バックシェル」と呼ばれる方式を国内で初めて全席に導入。プレミアム感を演出した。

 6または8両編成。両端の2両はグレードの高いプレミアム車両とし、座席間隔は130センチ。一般車両でも116センチと「グリーン車なみ」という。また、バックシェルを全席で導入。座席の後部全体を貝殻のような枠で包み込み、後ろの乗客に気兼ねなくリクライニングできるようにした。

 また、無料公衆無線LAN「Wi−Fi」が使えるほか、大型荷物のロッカーも設置する。
 近鉄の新型特急の運行は、伊勢志摩方面に投入されている「しまかぜ」以来、7年ぶり。赤色の外観と、スピードを感じさせる流線形の車両前部のデザインに着想を得て命名したという。

 同日、大阪市内で記者会見した都司尚社長は「一般席でもグリーン車並みの座席にくつろぎ、優雅な時間を過ごしてもらえる」とアピール。大阪−名古屋間で競合する東海道新幹線に対し「快適性や価格面で対抗できる」と強調した。

 特別車両料金を新たに設定し、大阪難波−近鉄名古屋間はプレミアム車両が計5240円、一般車両が計4540円。大阪、名古屋から毎日6本ずつで運行を始め、順次本数を増加。令和2年度中に、同区間を走る特急車両「アーバンライナー」の全列車と入れ替える。

高速6社、増税で通行料金値上げ=10月から適用

 高速道路6社は30日、10月に予定される消費税率10%への引き上げに伴い、料金改定を行うと発表した。
 いずれも増税額の転嫁にとどめる。各社は国土交通相の許可を得た上で値上げする予定。

 首都高速、阪神高速、本州四国連絡の3社は具体的な改定額も発表した。首都高の場合、自動料金収受システム(ETC)利用の普通車で走行距離に応じて300〜1320円(現行300〜1300円)となる。

現金を利用する車は走行距離を問わず、原則各車種の最大料金を徴収する。 東日本、中日本、西日本の3社は、9月6日に改定後の料金を公表する。

【どこについている? 誤差はないのか?】クルマの外気温計の謎

 酷暑のなか、ふとメーター内の外気温計の表示を見ると、その日の最高気温は35度なのに、40度、42度とか表示されていることがありませんか? こんなに気温が高いワケがないと疑問に感じることもあるでしょう。
 そこで、そもそもクルマに付いている外気温計はどこについているのでしょうか? どれくらい誤差があるのでしょうか?またメーカーによって取り付け場所が違うのでしょうか? そんなクルマの外気温計の謎についてモータージャーナリストの岩尾信哉さんが解説します。外気温センサーの取り付け位置はフロントバンパー開口部の裏側が定位置

プリウスの外気温センサーはちょうどナンバープレートの後ろ、バンパーの内側あたり、地上から約30cm付近に取り付けられているまずは、外気温を測る外気温センサーがどこに装着されているのかを確認してみよう。対象モデルとしてとり上げたのは、販売上位に位置するモデルたち。トヨタや日産、軽自動車を含めたホンダ、スズキ、ダイハツの売れ筋車種について、外気温センサーの取り付け位置について各メーカーに問い合わせてみた。 まずはトヨタだが、売れ筋のプリウス、アクア、シエンタについて回答が得られた。

 フロントグリルの外周部の向かって右下橋、ラジエター下端の高さに地面から約30cmの高さに装着されていることになる。 プリウスとアクアがほぼ同じ配置となるのは、エンジンルーム周りの部品の共通化がからむ話だろう。 シエンタでもフロントグリルの向かって右側下部に設置されている。トヨタ車の場合は、セダン、ハイブリッド、SUVなどでも車種ごとの取り付け位置に大きな違いはなく、基本的にフロントグリル周りの内側、ラジエターとの間に取り付けられているようだ。

 日産でも同様に乗用車のノート、セレナ、軽自動車のデイズも共通して、フロントバンパー開口部裏にあるとのこと。バンパーの右、内側あたりに取り付けられているノートの外気温センサー「エンジンルームに近い場所なので、エンジンからの熱の影響を受けそうですが、走行中など充分に外気がセンサー周辺に当たるように設置して、外気温度をセンシングします。アイドリング中に熱などにより数値を大きく変動させないように制御しています」との説明を受けた。

 このように外気温センサーの取り付け位置に関しては、ホンダのフリードや軽自動車のN-BOXについてはフロントバンパー付近とされ、スズキのワゴンRではフロントバンパー裏側とラジエターとの間、助手席寄りの位置に装着。ダイハツのタント、ムーヴもフロントバンパー/グリル裏に装着され「覗き込めば確認できる位置にある」とのことと、ほぼ日本車については共通といえる。は、輸入車ではどうか? フォルクスワーゲンでは外気温センサーを車体のどこに取り付けているか訊ねると、「基本的に全車、フロントバンパーの裏側部分に外気温センサーを装着している」と同様の回答だった。

 ちなみに、冬場の低温時の機能についても訊いてみた。不思議だが、個人的にVWの各車で厳冬の季節にVWの路面の凍結注意の警告表示(音)に接する機会が多いという実感があったからだ。回答としては、「冬季に限らず、外気温が下がって4度になった時点で警告音を発し、アラート表示(車種によって異なる)するなど、路面凍結等の危険性をドライバーに伝える」とのことだった。ちなみに、警報音は外気温度が下がる場合に発せられ、たとえば0度から温度が上昇し、4度になった場合には作動しないとされている。

気温度計とクルマの外気温計の誤差はどれくらいある?ボンネットの温度を測ると81.0度に達していた
クルマの外気温計を見ると40.0度。照り返しの強いアスファルトではやや高めに出てしまう
 実際にどれくらい誤差が出るのか? 気象庁発表の東京の最高気温が35.2度だった8月18日、天候は晴れ、時折雲で陰るような状況。東京都港区の駐車場の気温は38.8度、昼の12時から約2時間駐車した14時に測ってみた。 駐車場はアスファルトで、黒いボディカラーのボンネットの上で手に持った温度計で測ると、81度に達した。クルマの外気温計を見るとなんと40度を指していた。

 照り返しの強いアスファルトの駐車場だったので誤差が出たのは致し方ないところか。炎天下の渋滞時などもエアコンやエンジンの熱気でやや高めになるが、ある程度速度が出て風がセンサーに当たる状況になると差は少なくなる。  外気温センサーの設置場所は、概してエンジンやエアコン循環部から放熱を受けにくく、太陽光が直接当たることのないような、フロントバンパーの内側(裏側)がほとんどで、フロントグリル内に設置している車種も多い。  高さについては、地面からの熱が届きにくく、走行風を適切に受けられる位置に、設計上センサーの配線が容易な箇所で、地面から約30cm上方(ヘッドライト位置が目安)に設置されることが多い。

 走行風を確実に得ることも外気温を正確に計測するうえでは重要だ。あまり低い場所に設置すると路面からの熱の影響を受けやすくなるので、できるだけ高い位置、たとえばヘッドライトの高さに近いような箇所に設置されている。 結果的には、外気温センサーは各社ほぼ同じ位置に取り付けられていたのだが、むろんそれには理由がある。気温という様々に変化するものに対して、確実に計測するために取り付け位置を設置環境を入念に吟味していけば、自然と各社一致することになるわけだ。ただ影響を受けないような場所に設置していても今回のテストのように誤差は出てしまうのは致し方ないところ。

 ちなみに、一部の輸入車ではフロントのホイールハウス内やドアミラーの目立たぬ箇所に設置されている場合もあるようだがあくまで例外的といえる。 外気温を車内にどう伝える? では、外気温センサーから得られたデータは、どのように車内(の表示)に伝えられているのだろうか。外気温センサーの機能部品としての成り立ちについて補足しておけば、外気温の変化を“サーミスター”と呼ばれる電子機器を利用している。

 わずかな温度の変化によって電気抵抗が変わるという半導体の性質を利用した素子で、温度/電力を測定する自動制御回路などに用いられている。 自動車に使用されるサーミスターには「NTC」(Negative Temperature Coefficient)サーミスターと呼ばれる。温度が上昇すると抵抗値が下がり、温度と抵抗値の変化がほぼ等しいので温度センサーに使用される。 ほかにもPTC(Positive Temperature Coefficient)サーミスター」は、ある温度に達すると急激に抵抗値が上昇するため、温度上昇を検知するセンサーとして使われる。車内の表示機器は外気温センサーに備わるNTCサーミスターから流入する電流を測定し、外気温として表示するというわけだ。 

温度の誤差に一喜一憂しないほうがいい 室内に表示される外気温計は、クルマが置かれた状況によって刻々と変化する。長時間高速道路を走り続けていれば温度は下がり、アスファルトの照り返しが激しい駐車場に長時間駐車すれば、温度も上がってしまう傾向にある。その場の気温と、プラスマイナス3度くらいの誤差が出るのはあまり気にしないほうがいいだろう。ただ、5度以上など大幅にズレている場合はセンサー不良の可能性があるので、チェックしてほしい。

あおり運転事件で必要性アップも…「ドラレコ」の意外な落とし穴 上書きで重要記録が消去、逆に相手を挑発する場合も

 茨城県の常磐自動車道でのあおり運転殴打事件をきっかけに、ドライブレコーダーへの注目度が一段と高まっている。大手自動車用品店では事件発生前から販売台数が6割増しとなったほか、助成金をつける自治体も出てきた。ただ、機種の選び方や使い方によっては意外な落とし穴もあるので注意したい。
 10日に発生した常磐道のあおり運転殴打事件がネットで話題となり、メディアで報じられ、容疑者の逮捕につながったのも、被害者の車に搭載されたドラレコが、あおり運転の様子から暴行シーンまで克明に記録していたことが大きな要因だった。
 大手自動車用品店のオートバックスなどを運営するオートバックスセブンIR・広報部の担当者によると、5〜11日の週と、事件後の12〜18日の週で比較すると、販売台数が約1・6倍に増えたという。
 売れ筋を聞いてみると、「魚眼レンズで360度撮影できる機種が注目度が上がっている。1台のドラレコで車内と後方のほか、横からの幅寄せに対応して両サイドも撮影が可能だ」と担当者。3万円程度するものがよく売れているという。数千円の安いものもあるが、停車中のトラブルなども記録もできるなど幅広い機能を持つ機種が人気だそうだ。
 ドラレコが急速に普及するきっかけになったのが、2017年の東名あおり運転事故だった。「ドラレコが、あれば便利というものから、必要なものだという認識に変わった。これまでお財布事情から手が出せないという意識の人も、今回の事件で『付けないと泣き寝入りになる』と、必要性をより強く感じているように見える」と前出の担当者。
 ドラレコ普及に動き始めた自治体もある。鳥取県の平井伸治知事は今月21日、あおり運転対策としてドラレコの費用を一部助成することを表明。県くらしの安心推進課によると、3000円を上限として11月中の開始を目指すという。
 自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏も「99%取り付けた方がいい」と強調するが、有効に使うためにも留意すべき点があると解説する。
 「メモリーの残量が少なくなると、1時間ごとに上書きされて重要な記録が消えることもあるのでチェックが必要だ。また、プライバシーのため車内の会話などの音声を切ることもできるが、事故が起きた際には衝突音なども重要な証拠になるので、なるべく録音機能も切らない方がいい」
 佐藤氏は「自分のミスや違反なども記録される。また、ドラレコを取り付けることで、逆にあおる側を挑発する場合もある」とも指摘する。
 ドラレコを付けても、あおりに巻き込まれないための注意は必要なようだ。

常磐道あおり殴打の容疑者、新東名で事故 暴行容疑視野

 茨城県の常磐自動車道で7月10日、あおり運転を受けた後に男性が殴られて負傷した事件で、傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)=大阪市=が、6月に浜松市内の新東名高速で事故を起こしていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 あおり運転が原因だったとみられるという。
 この事故で同乗していた喜本奈津子容疑者(51)=犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕=が軽傷を負い、静岡県警は自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)や、あおり運転によるトラック運転手への暴行の疑いも視野に捜査している。

 捜査関係者によると、事故は6月8日未明に発生。宮崎容疑者が運転する乗用車に大型トラックが追突した。県警は当初、トラック側の過失による事故として処理。だが、トラックのドライブレコーダーを確認したところ、宮崎容疑者が数キロにわたって幅寄せや割り込みをする様子が映っていたという。県警は事故とあおり運転の因果関係を慎重に捜査する方針。

 7月23日には、静岡市と愛知県岡崎市でも、あおり運転や前方への割り込み後に急ブレーキをかけるなどの被害に遭ったとして、110番通報があった。両県警がドライブレコーダーの記録などを調べた結果、宮崎容疑者が乗っていた代車のナンバーと一致。茨城、静岡、愛知の3県警が連携して捜査している。

外部サイト

全117ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事