ハリーの健康&スキーブログ(訪問履歴残ら無い同名ブログで再開)

操作ミスで利用停止=即削除、”14年7月約3万名の訪問者様〜の再開!、

2輪‐4輪・乗り物その他関連

[ リスト | 詳細 ]

2輪・4輪車関連の記事
記事検索
検索

充電器設置代などの全コストを含めて比較! 電気自動車とガソリン車ホントにお得なのはどっち?

3年乗ればEVの充電器設置代が取り戻せる!

 電気自動車(EV)用に、自宅に200ボルト(V)の普通充電器を設置する際の費用は、約10万円というのが相場だ。もちろん、知り合いの電気技師に頼んで、より安くできた例があるし、もう少し費用が掛ったという場合もあるはずだ。費用の高低を分けるのは、一つは家の配電盤から駐車場までの距離で、その配線が伸びると数万円の差が出る場合がある。また、駐車場に設置する設備がコンセントのみの場合と、コネクターなどを収納するケースを取り付けるかどうかでも費用は変わってくる。
 次に、一般家庭の電気契約は、20Aというのが多いはずだが、これを30Aまで増やしておくと日常的に使う家庭電化製品との重複で、ブレーカーが落ちるなどの懸念を減らすことができるだろう。当然、電力契約の基本料金が違ってくる。東京電力を例にすると、一般家庭用の従量Bの基本料金として、20Aは561.6円/月のところ、30Aでは842.4円/月となる。毎月280円ほどの差だ。ほかに、夜トクプランを選ぶと、電力量料金が安くなるような契約もある。ただしその分、日中の料金は高くなる。
 電気代とガソリン代の比較では、1km走るための燃料代として試算してみる。日産リーフの電力消費は、一充電走行距離を伸ばせるe+で161Wh(ワット・アワー)/kmだ。これも東京電力を例に、電力量料金でもっとも高い金額で試算すると、1Whあたり30.02円なので、1km走るための電力量料金は4.83円と計算できる。
 では、ガソリンエンジン車ではどうか。日産車に適切な競合車種がないため、いま注目のマツダ3で見てみると、2リッターガソリンエンジンの燃費は15.8km/Lだ。7月半ばのガソリン価格でレギュラーガソリンが全国平均の139.9円として、1km走るための燃料代は8.85円と計算できる。したがって、リーフの1.8倍強だ。
 マツダ3にはディーゼル車があるので、こちらでも計算してみると、軽油価格を1リッターあたり121.0円とすると、20.0km/Lなので、1km走るのに6.05円になる。
 いずれにしても、燃料代金はEVの方が安いことがわかる。これが、充電コンセント設置費用とどう関係してくるかと試算してみると、年間1万km走行するとして、ガソリン車との年間の燃料代の差額は4万200円なので、3年後の最初の車検前までにはEVの方が安く、コンセント設置代金約10万円を取り返せる計算になる。

日産には電気代が安上がりになるサービスも

 さらに、日産ではゼロ・エミッションサポートプログラム2として、会費2000円(税別)/月で、全国の日産ディーラーの急速充電器約1900基と、NCS(日本充電サービス)の急速充電器約4000基の合計5900基で、充電をしたい放題にできる。走行距離が多い人ほど、電気代が安上がりになるサービスだ。
 そのほか、保守点検においては、まずエンジンオイルの交換が不要であり、ブレーキパッドの減りもEVは少ない。アクセルのワンペダルで運転する日産車では、e-Pedalを上手に使えばブレーキパッドの減りをより抑えられるだろう。一方で、車両重量はエンジン車に比べ200kg前後重くなるので、タイヤの減りは多少早いかもしれない。
 大まかな計算ではある。損得だけをいえば、絶対にEVは安いとはいえない面があるかもしれない。だが、充電コンセントの設置などの初期投資を除けば安上がりに乗れる可能性があり、日産の充電サービスなどを上手に利用すれば、かなり経済的にもなってくるのではないか。

 また、EVであればこそ活かせるVtoH(ヴィークル・トゥ・ホーム)を設置すれば、万一の停電にも対処できるなどエンジン車では不可能だったこともでき、年々減っていくガソリンスタンドに立ち寄る必要もない。損得だけでなく、日々の暮らしのなかに、いかに安心を採り入れるかを重視するなら、EVの選択は十分にあり得る。

「あおり運転」ヘリコプターから監視 社会問題化で摘発件数急増 /千葉県警
千葉日報社
2019/07/28 10:26

ペットボトルでクルマ全焼?? 車内放置はマジでやばい!! 自動車火災を減らすためにできること

7/28(日) 11:01配信
ベストカーWeb
 いよいよ梅雨も終わり夏本番、といったところだが毎年必ず耳にするのが車内での火災のニュース。スマートフォンなどが爆発したとか、鏡の反射でシートが焦げたとか、いろいろな話を聞く。ダッシュボードなどは90℃にも達する真夏の車内。いったいどのようなものを車内に放置すると危険なのだろうか?火災予防のためにも絶対に車内においてはいけないものに迫ります。
 文:国沢光宏/写真:Adobe Stock
ベストカー2019年8月10日
●ペットボトルとバッテリーには気をつけろ
 「猛暑の車内に放置してはいけないものは?」と聞かれたら、どう答えるだろうか? 結論から書くと、ペットボトル&スマートフォンなどに使われる補助バッテリーだ。このふたつは車両火災の大きな原因になっている。ちなみに車両火災を調べると年間4000件ほど。

 うち、自動車メーカーに調査依頼が入ったのは3分の1くらいなので、3分の2程度が車両と関係のない出火原因となる。この数字、思っているより多いです。まずペットボトルから。出火のプロセスは単純。子どもの頃、凸レンズで太陽光集めて火を点けたことがあるだろう。ペットボトルの形状見たら分かるとおり、見事な凸レンズです。ギョウカイ的には「収れん火災」と呼ぶ。

 また角張っているペットボトルより丸いタイプが危険ということも押さえておきたい。特にキャップを開けていないままだと、激しいレンズ効果を持つ。ミネラルウォーターの入った新品ボトルに太陽光当たると、もはや燃やしてほしいと言ってるようなもの。1分もあれば発火します。

 ペットボトルの形状によっても収れん効果は異なる。最も危険だと言われているのが、立ち姿勢を安定させるべく底面をロケットのような複数の円にしているタイプ。この形状の場合、少量の飲み残しでも見事な凸レンズになってしまう。ボトルホルダーなどに立てた状態で上からの直射日光受けたらアウツです。とにかくペットボトルは絶対に車内放置しないこと。助手席に放り投げてあるクルマを見かけると恐ろしくなります。
●リチウムイオン電池は安心の日本製がオススメだ
 そして近年大きな問題になりつつあるのがリチウムイオン電池。車内だけでなく住宅や飛行中の機内など、至る所で発火&爆発的な炎上事故を起こしている。なかでも火災のきっかけになっているのは、衝撃と高熱。 車内であれば衝撃についちゃ心配ないと思う。どこに置いてあってもクルマって大きな入力なし。一方、高熱についていえば無防備になってしまう。ご存知の通り閉め切った車内に黒い物体を置くと、1時間もしないウチ、軽く70度を超えちゃう。
  こうなると手で持てないほど熱い! リチウムイオン電池そのものは反応温度60度くらいでしか使われないため、基本的に機能停止すると思う。高熱曝露試験(高い温度のなかに放置する)は120度くらいまで行う。けれど安価な中華バッテリーだと怪しい。だからこそ中国では絶対燃えない基準の電気自動車用のリチウムイオン電池まで燃えてしまっているのだった(日本製の電気自動車用リチイムイオン電池は発火事故の心配は極めて少ない)。安価なスマホ用だと不安です。

 車内に持ち込むなら昨年から始まった『PSE』マーク付きのリチウムイオン電池か、それ以前に生産された製品であれば日本ブランドの製品に限ったほうがいいと思う。なかでもバッテリー上がったクルマのエンジンを始動できるほど大きな容量持つ「携帯用バッテリーブースター」はさらにパワフル。これまたブランド品以外を車内に保管しておくとヒジョウに危険です。

間違ったウインカーは「合図不履行」の交通違反

2019/7/27 19:05 ラジオライフ.com

クルマやバイクに必ず装備されているウインカーは、基本的な役割は知られている一方、間違った使い方が蔓延していたりもします。間違ったウインカー出しは交通違反で取り締まりに遭うだけでなく、後方を走るクルマを危険にさらすことにもなります。両ウインカーが点滅するハザードランプとともに、正しい使い方で安全運転を心がけましょう。

ウインカーを出し始めるタイミング

ウインカーは、道路交通法では「方向指示器」と呼ばれ、その名の通り自動車が進行方向を変える際、その向きを示すためのものです。右折・左折はもちろん、追い越しや車線変更、合流でもウインカーを使用しなくてはいけません。
ウィンカーの使い方で意外に間違えやすいのが、道路脇に駐車・停車する場合です。このとき、ハザードランプを付けて合図するドライバーがいますが、進行方向を示しているわけではないので違反。駐車・停車の前には左ウインカーを出すようにします。
また、ウインカーを出し始めるタイミングは、交差点では30m、追い越し・進路変更では3秒以上前からでなくてはダメ。追い越しの際、ウインカー出しと進路変更を同じタイミングで始める自動車をよく見かけますが、明らかな違反です。これらの違反は「合図不履行」となり、違反の点数は1点、反則金は普通車の場合6000円です。

ハザードランプは夜間の駐停車で使う

ここで、両方向のウインカーが点滅するハザードランプは、どのようなときに使うのが正しいのでしょうか。実は、法令上ハザードランプを使う必要があるのは、夜間路上に駐車・停車中の場合のみです。タクシーが乗客の乗り降り時にハザードランプを点滅させるのは、この使用方法にあたります。

一方、合流や追い越し完了時に譲ってくれた後続車にお礼として点滅、前方で事故や渋滞を発見した際に警告用として点滅させる、といったドライバー間で普及しているハザードランプの使用方法は、法令上の義務ではありません。ただし、使用禁止とも規定されていないので、マナーとして活用するのはOKです。

また、夜間に1時間以上駐車する場合、ハザードランプを付けたままにするとバッテリーが上がる可能性が出てきます。こうした場合、ハザードランプの代わりに三角停止板を使うことも認められています。なお、夜間の場合8時間以上同じ場所に駐車すると「長時間駐車」として違反になるので注意してください。

若いドライバーも注意! アクセルとブレーキの踏み間違いが起きる理由

若いドライバーも注意! アクセルとブレーキの踏み間違いが起きる理由 以前、「教えて!gooウォッチ」では、「高齢者の自動車事故。対策はどうすべき?専門家に聞いてみた」という記事をリリースした。この記事から3年、再び相次ぐ高齢ドライバーによる事故が後を絶たない。提起されている問題点は以前とあまり変わっていないようにも思える。そもそも、アクセルとブレーキの踏み間違いはなぜ起きるのだろうか。専門家に聞いてみた。

■停止直前の右足に要注目
お話を伺ったのは、自動車運転アドバイザーの細川一夫さん。
「コンビニや駐車場などに停車する直前の動作に問題があります。停車をしようとする時はバックであれ前進であれ、徐行するために右足はブレーキペダルの上に置き、クリープ現象(アクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象)の力を使って操作をするのが基本です。しかし、高齢者の方は停車する直前まで右足がアクセルペダルの上にあり、停まる時になってからやっとブレーキペダルに踏み替えて止まる方が非常に多いです」(細川さん)

この操作を普段からしていると、パニックになったときにアクセルペダルを踏みこんでしまい、車が暴走するのだそうだ。
「本人は、ブレーキペダルを踏んでいるつもりなのです。基本通りブレーキペダルの上に足を置いて操作していれば、パニックになってペダルを踏み込んでも、車は止まるだけです」(細川さん)

また、有料駐車場などの出口で料金を支払う際にも急発進事故がよく起きるという。
「これはDレンジに入れたまま無理な姿勢で支払操作を行い、ブレーキペダルから足が離れてしまい、慌ててブレーキペダルのつもりでアクセルペダルを踏んでしまうのが原因です。これもPレンジに入れて駐車ブレーキを掛けて支払を行えば確実に防ぐことが出来るものです。高齢者だけでなく、すべてのドライバーが横着をせずに、一番安全な方法を選ぶことが大切です」(細川さん)

横着をするという点では若いドライバーにも当てはまりそうだが、なぜ高齢ドライバーは大事故につながってしまうのだろうか?

■80歳以上の約7割が「運転に自信がある」と回答
「加齢による反射神経など運動機能の低下が原因だと思います。しかし、それ以上に高齢になると根拠のない自己の運転技術に対する自信と、安全意識やマナーの低下が重大事故につながっていると私は考えています」(細川さん)

2017年、MS&AD基礎研究所が日常的に自動車を運転している全国の1000人を対象に行ったアンケート調査によると、80歳以上の約7割が「運転に自信がある」と回答したそうだ。

「しかし、実際には加齢により運転能力は低下しています。このギャップがアクセルとブレーキの踏み間違いなどの誤操作につながり、リカバリーもできないために悲惨な事故が起きていると思います」(細川さん)

■東京都が動いた! 自己負担1割で事故防止装置の取り付け可能に

しかし、いくら運動能力の衰えを自覚していたとしても、特に地方居住者にとって、すぐに車の運転を止めることは容易ではない。その場合の対策について聞いてみた。

「最近ではワンペダル型など、さまざまな急発進制御装置が次々と開発されていますので、ご自分の車や好みに合ったもの選ぶのがベストだと思います」(細川さん)

ワンペダルとは、事故を防ぐためにアクセルとブレーキを一体化させたペダルのこと。今の車に取り付けることができ、新車に買い替える余裕がないという人でもできる対策だ。料金は20万円前後と少々値が張るが、東京都はアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置などを付ける高齢者に対し、その費用を9割補助する制度の開始を発表した。7月31日から対象事業者に申し込めば、自己負担額は大幅に抑えられる。

「しかし、最終的に運転操作を行うのは『人』です。ハード面に頼るだけではなく、前述しましたように謙虚な姿勢で自己の運転能力を見極め、正しく安全な運転方法を身に付け、それを実践していただきたいと思います。一番大切なのは車を安全に運転しようとする『安全意識』を強く持つことです」(細川さん)

もうすぐお盆休み。家族で集まり、この問題について話し合ってみて欲しい。

●専門家プロフィール:細川 一夫
自動車運転アドバイザー。ペーパードライバーや、初めての免許取得などで困っている人を対象に、各種教材を作成し個別サポートを行う。保有資格は公安委員会認定、教習指導員資格(国)。

(酒井理恵)

夏のガス欠トラブルに注意! 高速道路上のガス欠は交通違反になる可能性も

7/25(木) 10:30配信
くるまのニュース
夏に発生しやすい燃料トラブル!
 普段、近場や日帰りでクルマに乗る場合、いたるところにガソリンスタンドがあるため、燃料が足りなくなる「ガス欠」に悩まされる心配は少ないです。
夏本番!これからの季節のトラブル・注意点を画像でチェック!
 しかし、夏場のお盆休みなどの連休時には燃料切れのトラブルが発生しやすくなるといいます。なぜ、夏場に燃料切れのトラブルが増加傾向にあるのでしょうか。
 2018年度(4月から翌年3月)のJAFロードサービス出動件数は、高速道路上で7万3154件あったといいます。そのなかの主なトラブルは、1位「タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足(2万7043件)」、2位「燃料切れ(9080件)」です。 また、シーズンでは年末年始、GW、お盆で比べるとタイヤと燃料トラブルは、夏場に増加していることがわかりました。タイヤに関しては、夏の気温上昇によって路面温度が高くなることからさまざまなトラブルが発生していると予想できますが、なぜ燃料トラブルも増加傾向にあるのでしょうか。

 夏場の燃料トラブルについて、JAFは次のように説明しています。
「燃料切れについては、いくつかの理由が関係しています。夏場はエアコンの冷房機能を多用します。冷房機能に必要なコンプレッサーという装置をエンジンで動かしているために、その分燃料消費が多くなるからです。
 また、近年の高速道路ではガソリンスタンドの減少や営業時間の短縮によって、100km以上給油ができない区間が増えていることや、行楽シーズンゆえの大渋滞などが燃料切れの理由です。

 なお、給油できない区間で燃料切れの可能性がある場合は、早めに一般道に降りてガソリンスタンドに寄ることを検討してください。万が一、高速道路上でガス欠の症状が出た場合には、安全な場所に移動してからロードサービスを呼ぶことを推奨します」 さらに、高速道路上で燃料切れなどのトラブルで止まった場合には、「高速自動車国道等運転者遵守事項違反」に問われる可能性があります。
 
 これは、道路交通法第75条の10などで定められている、「高速自動車国道、または自動車専用道路に進入する場合には、事前に、車両の点検、または積載物の点検をして必要がある場合においては、自動車を運転することができなくなること、または積載している物を転落・飛散させることを防止する措置を取らなければならない」というものです。

 違反となった場合には、違反点数2点、反則金は「大型車・中型車:1万2千円、「普通車:9千円」、「自動二輪車:7千円」が科されます。 また、JAFはタイヤや燃料トラブル以外にも、夏場には燃料切れと同じく渋滞中に電装品を使いすぎるとバッテリー上がりの原因になることから「バッテリー上がり」にも注意が必要とアナウンスしています。
ガス欠の後遺症が原因で起こるトラブルとはどんなもの?
 走行中に燃料切れを起こしてそのまま走行すると、クルマへのダメージを及ぼす原因となり、燃料ポンプなどの寿命が短くなる可能性があります。
 燃料ポンプは、燃料タンクからエンジンに必要な燃料を供給する部品です。エンジンが動いている間は、常に燃料ポンプのモーターは高速で回転しているため、モーターの潤滑と冷却には燃料に含まれている油分が大切な役割を果たします。しかし、燃料切れを繰り返すと燃料ポンプは空転して、モーターの潤滑性が失われ摩耗などによる故障の可能性が高まります。

 とくに、ディーゼルエンジンでは燃料パイプ内にあるはずの燃料が空となってしまうため、パイプ内には空気が入ります。  空気が混入すると燃料を吸い上げなくなるため、パイプの空気抜き作業が必要になります。この空気抜きは、さまざまなエンジン主要部品に悪影響が出ることがあるため、ディーゼル車で燃料切れになった場合は販売店などに持ち込むことが推奨されます。

 また、ガソリン車のガス欠に対し、EV(電気自動車)が走行用の電力を使い切ってしまうことを電欠といいますが、これも避けた方が良いトラブルです。  バッテリーが空の状態で長期間放置すると、バッテリーの早期劣化につながるといわれています。基本的にバッテリーの充電回数は少ない方が良いとされ、充電し過ぎもバッテリーのために良くありません。 夏場の燃料切れは、さらなるトラブルのきっかけになるかもしれません。そのためにも、出かける前には必ず細かなチェックをすることが大切です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事