過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

また前後しますが、2月15日(日)は休日。
この休みを利用して「JR東日本 来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー」に参戦!
まずは中央線沿線を攻めることとし、午後から西荻窪に参上。

イメージ 1


やはり人が出ていますね。
若い人なんかウルトラマンなんて知らないはずなのに・・・。
子供連れは親の方が熱心みたいです。

さてこの日の昼食には西荻窪にある『パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン』に入店。

イメージ 2


店主は高田馬場の有名店『渡なべ』にて5年間修行。
店主が独立を考える頃、世の中には美味しいラーメン屋さんは溢れかえっており、他店に似ている、他店の味だと思われがちだが、、本当の意味でそこでしか食べられない一杯というのを目指し、2011年6月26日(日)に
カウンター6席の店舗でオープン。
同店はなんといってもパイナップルがスープの主役!!
パイナップルの素材感を活かすため、ラーメンスープに必須とも言える豚骨、鶏ガラなどの動物性の素材を一切排除。
煮干し、昆布、椎茸を一晩かけてとった出汁にパイナップル果汁をブレンド。その割合はなんと3対1。スープの
4分の1がパイナップルでできているという。

テレビでも取り上げられており、気になっていた店舗。
やはりかなりの芸能人も訪れていてますねー。

イメージ 3


この日は6〜7人の行列。連れやアベックが多いせいか15分くらいの待ち時間で着席。
タイル貼りのカウンターは鮮やかなパイナップルカラーで、箸ケースと調味料ケースはパイン型で、コップもパイン色、そしてイスまでパイン柄!
ここまで演出されるとさすがにくどい印象。
さらにお店のTシャツまで売っているのね。

イメージ 4


メニューは「パイナップル塩ラーメン」・「パイナップル醤油ラーメン」(各720円)、「パイナップル辛ラーメン」(750円)、「パイナップル海老塩ラーメン」・「パイナップル塩つけめん」・「パイナップル醤油つけめん」・「冷やしパイナップルラーメン」(各770円)、「冷やしパイナップル(炭酸)」・「【冬季限定】カカカカカカオ」(各870円)、「パイナップル辛つけめん」・「塩ラーメン いっぱいん」・「醤油ラーメン いっぱいん」(各920円)、「辛ラーメン いっぱいん」(950円)、「塩つけめん いっぱいん」・「醤油つけめん いっぱいん」(各970円)、「辛つけめん いっぱいん」
(980円)で「大盛り」(100円増)。
トッピングは「味付玉子」・「チャーシュー1個」・「のり増し」(各100円)、「チャーシュー2個」(200円)で食券
方式。

今回は「パイナップル塩ラーメン」(720円)に「味付玉子」(100円)を賞味。

イメージ 5


正直、限定モノに弱い私で「【冬季限定】カカカカカカオ」と悩みましたが、パイナップルを採用するという変化球的なラーメン店で、やはり基本形からでないということで「パイナップル塩ラーメン」をチョイス。

見た目は普通の塩ラーメンに単なるパイナップルの酸味を加えた味を想像しておりましたが、ほどよいパイン甘さの中に煮干しの風味が絶妙な演出!驚きです!!
具材は、海苔・ネギ・チャーシュー・糸唐辛子・茹で野菜そしてパイナップル、そしてオプションの味玉!
分厚く切られたチャーシューもやや脂身がありながらもこのスープにマッチしていてよかったです。
感動したのは白身も黄身もパイナップルがしみ込んでいる味玉には驚き、意外と悪くなくいい感じで美味しくいただきました。
麺は中細ストレート麺。やや固めの仕上がり。個人的にはあまり好まない麺ではあるが、少なくてもこのスープに太麺は合わないだろうなという感じですね。

イメージ 6


テーブルにはパイナップル容器に入った胡椒、唐辛子で、使うことないかな?パイナップル酢ときいたことがない酢があり、少し入れてみたらやはり酢で味がかなり変わってしまうので、使い方に注意が必要。

イメージ 7


ニンニクも対応してくれるようですけど、初入店による緊張とタイミングを逃し、今回は見送りますがこのスープにニンニクが合うのかな?

イメージ 8



住   所:東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザ1F
営業時間:11:00〜23:00(日・祝日20:00まで)
     無休(臨時・夏期・年末年始に休みあり)
     P無
H  P: http://www.papapapapine.com/

正直、予想とまるで違う味わいで驚きました。
ラーメンとして旨いかどうかという疑問はありますが、まあ一種の創作料理といったところでしょうか?
意外性の演出で「パイナップル海老塩ラーメン」やつけ麺などもどんな味で表現してくれるのか興味がわきました。

スープの4分の1がパイナップルでできているという西荻窪にある『パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン』、是非お試しあれ!

さてJR東日本が“ウルトラヒーロー”“ウルトラ怪獣”のスタンプを、山手線エリアを中心とした64駅に配置し、
「JR東日本 来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー」を1月13日(火)から2月27日(金)まで開催。
まずは西荻窪ですが、キングジョーでした。

イメージ 9

イメージ 10


ペタン星人が率いるスーパーロボットで、ウルトラセブンが苦戦しましたね。
最後は博士が開発した武器でキングジョーを倒すという結末だったはず・・・。

イメージ 11


続いて荻窪はベガッサ星人。

イメージ 12

イメージ 13


正直、ストーリーはあまり記憶にない。

イメージ 14


ゴドラ星人と混同している感じ。

次は阿佐ヶ谷でガッツ星人。

イメージ 15

イメージ 16


これ強かったですね。
アロンという怪獣でウルトラセブンの戦力分析。
ガッツ星人が分身するあたりは印象的。ウルトラセブンを十字架に付けるという話は子供の時の自分には衝撃的でした。
当時はまだウルトラ兄弟としての活動はしておらず、ウルトラ警備隊にエネルギーを補給してもらい、復活するという、ヒーローらしくない話。

イメージ 17


次は高円寺でニセウルトラセブン。

イメージ 18

イメージ 19


人間の姿をしたサロメ星人が開発した名のごとくニセモノのウルトラセブン。
ウルトラセブンと同等の戦力で互角のはずなのに、最後は戦いながら海に落ち、何が決定的で本物のウルトラセブンが勝ったのかよくわからない内容でしたね。

イメージ 20


東中野はマグラー。

イメージ 21

イメージ 22


これ弱い怪獣で確か科学特捜隊にやられちゃったんですよね?
東中野の駅がずいぶんきれいになっていたのには驚きました。

イメージ 23


千駄ヶ谷はツインテール。

イメージ 24


怪獣がグドンと一緒に一度に2匹も出てくる話でしたね。
顔が一番下にあるという点で特徴的でした。

イメージ 25


信濃町はレッドキング。

イメージ 26

イメージ 27


ウルトラマンに出てくる有名な怪獣。ウルトラマンでは2回出てきましたね。
ここでは初代みたいでチャンドラーとマグラ―が出てきて戦いましたね。人間と仲良しのピグモンも登場し、怪獣がたくさん出てきたので幼少時代の自分には嬉しかったのを覚えてます。

イメージ 28


さてこの日は四ツ谷、市ヶ谷、水道橋、御茶ノ水と回り、午後からの活動でしたが、ラーメン一杯とスタンプラリー
11駅とそれなりに有意義でした。
今回は容量の都合で紹介できませんが、残り3駅のスタンプは次回紹介させていただきます。

最後に放射能測定で、スタンプラリーに夢中で放射能測定を失念しました。
お詫びにおまけ画像として、ウチの飼い猫“茶々”を。

イメージ 29


寝ていたのを起こしたせいか機嫌悪そう。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事