ここから本文です
私は小学3年から野球を始め小学4年から投手現在に至る、先発完投型投手です
 先々週からハードトレーニングを少しやりすぎて筋肉を傷めた!先週の土曜日キャッチボールして痛みが大きくなり、医者からも野球を一か月休めと言われた、プロ野球の大谷投手でも故障したら一か月休むのだから、歳を考えてプロと同じトレーニングは辞めたがいいと言われた、 まあ大谷投手と私の投球練習方法は同じだからちょっと私には無理だったかと思っている。 でも一か月後にはまた新魔球も開発して今まで以上の投球をするつもりである。 みなさん楽しみに待っていてください!!!
 ホームページは http://www.geocities.jp/suki19yo/
イメージ 1

この記事に

 4月22日 府中郷土の森グランドに於いて 10時試合開始、青梅先攻で試合開始
大石投手先発で3回まで時には打たれるも無難に青梅打線を抑える、 国分寺は二階に2点3回に2点と得点を重ねる、今日の試合では打撃で澤口選手の3塁打、山川選手の2塁打2本、川又選手の2塁打など活躍が目立った! 終盤川又選手のミスや相手選手のレフトオーバーの長打などで得点を許すも何とか逃げ切る 6−4で2勝目!!!
これから勝ち続けて1部に昇格を目指す!!!
 ホームページは http://www.geocities.jp/suki19yo/ 

イメージ 1
イメージ 2

この記事に

 4月19日風は少し強いが快晴の府中郷土の森グランドに於いて12時より目黒スターズ相手に試合開始、目黒先攻で試合開始、先発投手は千葉選手、1回はお互い0点、 2回表千葉投手打たれて2点を失う、裏の相手投手のアンダースローを打ちあぐね0点、3回より私(背番号13宮本)が登板、3回は難なく抑えて0点、裏に何とか1点を取る。 4回表2アウトごショートゴロがはねて遊撃手取れずランナーを出す、2塁盗塁を許した後、真ん中に投げて右中間に打たれて3塁打、1点を取られる。
 気を抜きすぎた! 4回裏出塁するも得点にはならず0点、5回表この回も難なく抑えて0点、 5回裏国分寺の打線が爆発、川又選手など出塁、中野選手のライト右を破るホームランなどで、6点を取り試合を決めた。 この回で私は降板、6回より山内選手が登板、6回、7回と0点に抑えて試合終了、、 今日も木村選手の2本のヒットなど奇跡の出塁寝れどサインの見間違いや野球の基本が身についていずもったいない打線であったが昨年 3−7で負けている目黒に今年は 7−3 と勝利した。
 でも勝利投手にはなったが Pリーグでは先発完投勝利投手でないと勝利投手の気がしない。 ホームページは http://www.geocities.jp/suki19yo/
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

4月15日雷塚グランドに於いて10時より試合開始 春の公式戦4戦目、相手は東京エンデバー エンデバー先攻で試合開始。
 お互い投手戦であるが、、エンデバーはよく打つ! 国分寺は相手投手の外角低めの速球に手が出ない中々打てあぐんでいる。
 守備ではエンデバーの右中間の打球をセンターとライトが譲り合ってヒットにする、またセカンドとライトがセカンド後ろのポテンフライを譲り合ってヒットにする。
 そんなことで先にエンデバーが1点取る。それでもピンチでレフト梅原選手の好捕でピンチを脱する。
チャンスは5回6回とめぐってきた、口火は坂本選手の2塁打などで1点を取り同点、
6回はヒットなどで1アウト1,2塁、坂本選手の死球で満塁、次の高丸選手のセンターフライで三塁ランナータッチアップで生還!逆転に成功!流れが5回から変わった
 梅原選手の好判断(レフト前の守備による好捕)から良い流れになった!
  ホームページは http://www.geocities.jp/suki19yo/
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

 4月12日昨日の雨がどこへやら、、晴れの立川中央グランドに於いて国分寺と国立の試合、9時50分試合開始、国立の先攻で試合開始、国分寺先発投手は私(背番号13)1回表は簡単に0点に抑える、Pで3連勝の負けなしの国立だけど大したことなし
お互い1回は0点、2回気をゆるしストレート主体に投げてヒットを打たれた外野のポロもあって1点を取られる、やはり私本来の投球でないと気を許して投げてはだめだと悟る、これからは弱い相手でも手心を加えず全力で投げよう!!!2回裏は4番私からの打席であるがショートゴロに倒れる、しかし、1点を取り同点、この回で私は降板、先発完投型投手の私としては2回では投げた気がしない。
3回より千葉投手3回は難なく0点に抑える、3回裏、木下選手のレフトオーバーの打撃で始まり、川又選手の2打点など猛攻で3点を取る、、しかし、その裏千葉投手の四球から始まり、長打を次々打たれて4点を取られる、、4回裏大野選手のホームランなど猛攻で4点を取り返す、、5回から山内投手、5回を0点、5回裏、木下選手のレフトオーバーなどで満塁、そこで中野選手の右中間を抜くホームランなどで5点を取り試合を不動のものにする、国立も投手交代でその後は点が取れず、6回7回と山内投手が抑えて0点、 結果 13−5 で大勝!!! だけど走塁などで基本が出来ていない選手もあり課題はある。
 ホームページは http://www.geocities.jp/suki19yo/
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事