ここから本文です
風の感・焚き火
ごゆっくり御寛ぎ下さい、私の徒然日記。日本蜜蜂と楽しんでいます

書庫全体表示

イメージ 1
 アート会場の作品群は、元気にしていますご心配なく。
イメージ 2
 移動は、須斉さんの彫った熊が、離れに有った為に、音やんの彫った鷲の横に
移動しました、此れで熊と鷲と会話が出来スープが冷めない距離に。
イメージ 3
 西さんと(ミミズク)和田さん(梟)のベンチも、道路の手前に移動
季節も秋〜冬に皆が環に成り、寒さを凌いで下さい。
イメージ 4
 チェンソーアート会場より80M先に歩いて3分、常設の野外ステージが  完成、下手から見た
丸太作りの立派なステージに驚きを。
イメージ 5
 正面から見たステージです、この周りでキャンプが出来、テントも張れます
水洗トイレ並びに水場も完備、バベキューも出来る設備も有り(大崎市に申込み)

イメージ 6
 上手から見たステージ、周りには古代に里の遊園地、又ラムサール条約
湿地がつなぐ、渡り鳥で有名な日本一飛来の数が多いヒシクイ、マガン達の群れが冬場に見れます。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事