天の露のブログ

感動する話、良い本を届けます!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
出版社:集英社
宇山 佳佑(著)

 映画監督を夢見る青年・健司は、ある嵐の夜、行きつけの映画館・ロマンス劇場で一人の女性と出会う。彼女は健司がずっと憧れていた映画のなかのお姫様・美雪だった!モノクロ映画の世界から飛び出した美雪は、カラフルな現実の世界に興味津々で、わがままな彼女に健司は振り回されてばかり。共に過ごすうち、惹かれあうふたりだが、美雪には秘密があった…。極上のラブストーリー。(Amazonより)

イメージ 2

 映画監督を夢見る青年・健司の前に現れた1人の女性。彼女の正体は、彼がずっと憧れていた映画の中のお姫様・美幸だった。“逢いたい”気持ちが奇跡を起こし、出会うはずのなかった2人が出会い惹かれあう。2人の恋のゆくえは……。ヒロイン、美雪を演じるのは、『海街diary』で第39回日本アカデミー賞主演女優賞を受賞、日本映画界に欠かせない女優として活躍する綾瀬はるか。彼女に恋をする健司には『ヒロイン失格』で注目され、『64-ロクヨン-前編/後編』で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞の坂口健太郎。何とも魅力的なカップルが誕生した。また、健司に想いを寄せる映画会社の社長令嬢を本田翼、映画スター俊藤龍之介を北村一輝が演じる他、中尾明慶、石橋杏奈、柄本明、加藤剛といった若手からベテランまで豪華キャストが脇を固める。このファンタジックでロマンティックなラブストーリーをスクリーンに映し出すのは、数多くのヒットドラマを演出し、『のだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』シリーズを代表作に持つ武内英樹監督。『信長協奏曲』で脚本を務め、小説家としても活躍する脚本家・宇山佳佑と共にオリジナル作品で挑む。さらに洋楽と邦楽の境界を超えて活躍する実力派で“ラブソング・プリンセス”の異名を持つシンガー・シェネルの歌う主題歌「奇跡」が、美雪と健司の恋を彩る。(映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトより)

宇山 佳佑(うやま けいすけ)
 1983年生まれ。神奈川県出身。脚本家。ドラマ『信長協奏曲』などの脚本を執筆する。(Amazonより)
--------------------------------------------------
 公開中の映画を観て、ノベライズ本を読みました。いい映画だと思います。微妙な感情を読み取るには本がいいと思います。安易に肉体関係に及んでしまうのが今の日本だと思いますが、肉体を抜きにして永遠に続く愛があれば素晴らしいですね。ラストシーンはクリスチャンが求めるパラダイスに似たものを描いているように思います。死は恐れではなく希望です。

耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの木の実を食べさせよう。(ヨハネの黙示録2章7節)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事