天の露のブログ

感動する話、良い本を届けます!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
出版社:小学館
豊田 美加(著)
浅野 妙子(脚本)
白石 ユキ(原作)

「あのコの、トリコ。」映画ノベライズ!
「大好きな“あのコ”のために、ボクは変わる――」
地味で冴えない男子高校生・鈴木頼は、幼なじみで初恋の“あのコ”・立花雫が通う東京の高校に転入する。女優を目指し真っすぐにがんばる雫と再会をし、あらためて恋をした頼は、あるきっかけからなんと雫の付き人をすることに。時間をともにするうち、雫への頼の気持ちは膨らんでいくが、同じく幼なじみで人気俳優の東條昴が、そんな頼をけん制する。「お前は、絶対に俺に勝てない」――。
 2018年10月5日より全国公開予定の映画「あのコの、トリコ。」ノベライズ! 主人公の鈴木頼を人気俳優・吉沢亮が、頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花雫を新木優子が、そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條昴を杉野遥亮が演じています。
 原作は2013年より「Sho-Comi」にて連載され、コミックスは累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)。18年7月より待望の続編も連載開始された大ヒットコミックスです。ドキドキの恋とキラキラな夢を追いかける、シンデレラ・ラブストーリー! (Amazonより)

イメージ 2

 2013年より「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊5巻のコミックスは累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)、主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼よりが大好きな“あのコ”雫しずくのためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴すばるの幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキの「あのコの、トリコ。」。18年7月より待望の続編連載も決定している大ヒットコミックが、今秋、実写映画化を果たす。
 主人公の鈴木すずき 頼よりを演じるのは、『ママレード・ボーイ』や『銀魂2 掟は破るためにこそある』など、18年に映画出演作が8本も公開される吉沢 亮。誰もが認める美貌と演技力を兼ね備えた彼が、吉沢 亮史上最高に冴えない地味男子を見事に演じ切り、新境地を切り開く。さらには、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現、そのギャップで観るものすべてをトリコに。
 地味で冴えない男子高校生・鈴木 頼は、東京の高校に転入し、幼なじみで初恋の“あのコ”立花 雫と再会。女優を目指し真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、あるきっかけから、雫の付き人に。ランジェリー広告の撮影日、共演するはずだった人気俳優の東條 昴が、アクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を引き受ける。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。昴が遂に雫に告白、しかも自分が主演する恋愛映画の相手役に雫を指名する。複雑な想いを抱えながら頼もアート系の映画の主演に抜擢される。頼と雫は互いの夢に一歩ずつ近づくにつれ、すれ違っていき……。そんな中、昴が頼を呼び出し「雫は渡さない」と宣戦布告。雫への想いが抑えられなくなった頼は、昴に無謀な勝負を挑む。恋と夢が複雑に絡み合う、幼なじみ3人の想いの行方は……?
(映画『あのコの、トリコ。』公式サイトより)

豊田 美加(とよだ みか)
 大分県出身。成蹊大学文学部卒業。(Amazonより)

浅野 妙子(あさの たえこ)
 日本の脚本家。 神奈川県出身。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。同大学院文学研究科修士課程修了。1994年、『無言電話』で第7回フジテレビヤングシナリオ大賞の佳作を受賞。その後、『ラブジェネレーション』『神様、もう少しだけ』『大奥』『ラスト・フレンズ』など、数々の話題作を発表。2006年の連続テレビ小説『純情きらり』の脚本も執筆している。(ウィキペディアより)

白石 ユキ(しらいし ゆき)
 2006年、『Sho-Comi』にて「パステル少年」でデビュー。 このことから、自身のブログもデビュー作の「×pastelboy×」というサイト名で運営されている。デビューFC『お嬢様のヒミツ』は、主人公は田舎娘という設定だが、白石自身も「田舎娘である」と語っており、発売時には「愛媛県出身のド根性娘デビューです!!」という煽りが帯に記載された。東京アニメーター学院、漫画家プロ養成科5期生の卒業者である。仲が良い友人には、漫画家の心あゆみなどがいる。(ウィキペディアより)
--------------------------------------------------
 10月に公開される映画『あのコの、トリコ。』のノベライズ本を読みました。幼なじみ3人の三角関係というのはよくある話ですが、思いは叶えたいですね。俳優の人が通う高校というと、私たちの年代では堀越学園が一番に思い浮かぶのですが、作者も同じでしょうか。俳優の人の気持ちはわかりませんが、夢に向かって進むのは良いことですね。自分を卑下するのではなく、与えられたタラントを精いっぱい用いることが夢を叶える近道。

すると、五タラント預かった者が来て、もう五タラント差し出して言った。『ご主人さま。私に五タラント預けてくださいましたが、ご覧ください。私はさらに五タラントもうけました。』その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』(マタイの福音書25章20〜21節)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事