天の露のブログ

感動する話、良い本を届けます!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全101ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
トリッシュ・クック(著)
有澤真庭(翻訳)

 二人が奏でる純愛(メロディー)──
 《夜しか会えない二人》の最初で最後の本気の恋
 最高に切なくて愛おしい、感涙ラブストーリー!
 映画『タイヨウのうた』ハリウッド・リメイク版
 太陽の光にあたれない少女と夢を諦めてしまった少年の
 甘酸っぱくも切ない出会い──17歳の命懸けの恋!
 映画『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』5月11日(金)より全国ロードショー

監督:スコット・スピアー(『ステップ・アップ4 レボリューション』『ステップ・アップ5 アルティメット』
 出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていた──
〈あらすじ〉17歳のケイティは、太陽の光にあたれない〝XP〟という病を抱えていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いている。家の前を行き来するチャーリーに恋をするが、窓越しに見つめるだけの片想い。毎日、何年もチャーリーの姿を追いかけていた。自分も彼のように普通の人生を送ることができたら……。そんな彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌を歌うこと。ある夜、駅で演奏していると目の前にチャーリーが現れる。二人は急速に魅かれ合い、恋に落ちる。だが、ケイティは彼に病気のことを言えなかった……。(Amazonより)

イメージ 2

 「私はいま本気で恋をしているだろうか…?」そんな問いかけを自分自身に投げかけたくなるような、太陽の光のように眩しく、夜空の星のように輝く、フレッシュなラブストーリーが誕生した。それは、2006年にYUI主演で大ヒットとなった日本映画『タイヨウのうた』をハリウッドが生まれ変わらせた『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』。少しでも太陽光にあたると命に関わる難病・色素性乾皮症(XP)と診断され、幼い頃から家の外に出ることができなかったヒロインの最初で最後の恋、17歳の本気の恋を描いた感動のラブストーリーだ。太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティ、高校のスター・アスリートだったが怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリー。ある夜、彼女の歌をきっかけに2人は出会い、急速に惹かれあい、情熱的な恋愛に身を投じていく──。17歳の2人が経験する初恋の甘酸っぱさ、互いを支え合いたいと思う心の強さは、観る者に本気の恋とは何かを語りかけ、恋する勇気を与えてくれるだろう。また、彼らの恋を温かく見守り応援する家族や友人たちの愛の深さにも感動する。主人公のケイティを演じるのはベラ・ソーン。ディズニー・チャンネルのドラマシリーズ「シェキラ!」での演技力と歌唱力が評価され、グザヴィエ・ドラン監督の新作『The Death and Life of John F.Donovan(原題)』にも出演する逸材だ。今回は太陽の光にあたることができず毎夜ギターで弾き語りをすることを楽しみにしている17歳の少女を、生き生きと力強く演じきった。ケイティの歌声に惹かれ、彼女と恋に落ちる青年チャーリーを演じるのは、メジャー映画への出演は今回が初となるアーノルド・シュワルツェネッガーの息子、パトリック・シュワルツェネッガーだ。アスリートとしての挫折を味わいながらも、キュートな笑顔でケイティを支え、真っ直ぐに愛を注ぐチャーリーを好演した。夜しか会えない2人が過ごせる時間は短く限られているが、だからこそ、どの瞬間も輝いている──。早くも今年最高のラブストーリーがスクリーンを席巻し、感動の涙で包み込む!
 17歳のケイティ・プライス(ベラ・ソーン)は、幼い頃に太陽の光にあたれない難病・色素性乾皮症(XP)と診断され、太陽を避けて孤独に過ごしてきた。昼間は家から出られず、ギターを片手に曲を作り、詞を書いて日々を過ごしている。太陽が沈むのを待ち、暗くなってからギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことが彼女の日課だ。ケイティの唯一の話し相手は、誰よりも愛情を注いでくれる父のジャック(ロブ・リグル)と、学校が終わると毎日のように家を訪ねて来てくれる親友のモルガン(クイン・シェパード)だけだったが、ある日、家の前を行き来するチャーリー・リード(パトリック・シュワルツェネッガー)を見て、ケイティは彼に恋をする。窓越しに見つめるだけの片想い。特別な遮蔽が施された窓から毎日、何年もチャーリーの姿を追いかけていた。自分も彼のように普通の人生を送ることができたら……叶わぬ願いを抱きながら。ケイティがいつものように地元の駅で演奏をしていると、その歌声に引き寄せられチャーリーが駅にやって来る。初めてケイティを見た彼は一目で彼女に夢中になる。17歳の夏、2人は星空の下で恋に落ちた。初めてのデート、初めてのキス、初めて行く場所と世界。会えるのは夜だけであっても、ケイティにとってはそのすべてが新鮮で輝いて見えた。しかし、ケイティは自分の病気を内緒にしたまま。「好きだから普通の女の子として彼と一緒にいたい」。その一途な想いは、彼らの周りの大切な人たちの人生も大きく変えていくのだった──。
(映画『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』公式サイトより)

イメージ 3

『タイヨウのうた』
 太陽の光にあたると命に危険がおよぶ病をかかえる少女が、ある少年との出会いによって自らの命を輝かせていく純愛物語。監督は本作の制作プロダクションであるROBOTが抜てきした新人の小泉徳宏。ヒロインにシンガーソングライターのYUIがふんし、映画初主演ながらも、歌うために生まれてきたような等身大の少女を熱演する。相手役は『木更津キャッツアイ』などで注目されている若手俳優の塚本高史。夢を持つことの大切さや、命の輝やきのすばらしさを教えてくれるをストーリー展開と、物語と同時進行で作曲される劇中歌に胸が熱くなる。
(Yahoo!映画より)

トリッシュ・クック(Trish Cook)
 作家。YA向けの小説を主に執筆している。また女性誌にエッセイも連鎖中。執筆の合間には、走ったり、ボートを漕ぐなどアスリートの側面もあり、2度のフルマラソン、4度のハーフマラソンにチャレンジしている。本作のヒロイン同様に音楽好きで、作詞・作曲・ギターが得意で自らバンドで歌っている。夢は『アメージング・レース』に出ることだが、一番近いのは『ジャパニーズゲームショー「マジで!?」』の最終ラウンドに残ったこと(そして残念ながら最後のキャストカットで落とされる)。主な作品に『Outward Blonde』『So Lyrical』『Overnight Sensation』『Notes from the Blender』『A Really Awesome Messv』(いずれも未邦訳)などがある。(Amazonより)

有澤 真庭(ありさわ まにわ)
 千葉県出身。アニメーター、編集者等を経て、現在は翻訳家・日本語教師。(Amazonより)
--------------------------------------------------
 『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』を読み、YUIが主演の映画『タイヨウのうた』をprime videoで観ました。話の流れはどちらも同じです。「生きる」ことについて考えさせられる作品だと思います。聖書の中で、パウロが3度願っても取り去られないトゲがあると言っていますが、誰でも重荷を背負いながら生きるということがあるのではないでしょうか。癒されない病を負ったとしても、私たちは窮することはありません。みんな神様から愛されています。

そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。(コリント人への手紙第二12章7〜9節)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
出版社:講談社
瀬那 和章(著)

 上京して10年、女優を志すも日の目を見ず、すべてをかけて臨んだオーディションでも落選した国木アオは、夢を諦めようとする。一人自室で呆然とする中、突如地震が発生、目の前に一人の男が現れる。それは、かつての思い人・森久太郎だった。「ど、どうしていきなり!?」「決まってるだろ、お前との約束を守るためさ」16年前、久太郎はアオに「一人で耐えきれないほど辛くなったときは、どこにいてもかけつける」と約束していた。聞けば久太郎はあることが原因で、“絶対に約束を破ることができない”体質になり、約束を果たすべき時間が来ると、その場所にワープしてしまうという。かつての思い人との再会で立ち直ったアオは、久太郎との距離を縮めるべく、小さな約束を重ねていくのだが……。約束でつながる二人が紡ぐ、“胸キュン×泣ける”ピュア・ラブストーリー!
(Amazonより)

瀬那 和章(せな かずあき)
 兵庫県生まれ。2007年に第14回電撃小説大賞銀賞を受賞し、『under 異界ノスタルジア』でデビュー。他の著作に『好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く』、『雪には雪のなりたい白さがある』、『フルーツパーラーにはない果物』、「花魁さんと書道ガール」シリーズなど。ライトノベルから一般文芸まで活躍の場を広げる注目作家。
(Amazonより)
--------------------------------------------------
 『約束』がキーとなって、起きる奇跡。ほんの小さな約束でも、それによって命が繋がるとしたら、別れ間際に約束を交わしたいですよね。約束がないと不安になってしまうのかもしれません。でもクリスチャンだったら、後の世、すなわち天国での再会が約束されています。そこに不安はありません。約束の言葉を握り、信じ続けることが必要です。神様に信頼していくことです。


そこで、私たちは、あなたがたひとりひとりが、同じ熱心さを示して、最後まで、私たちの希望について十分な確信を持ち続けてくれるように切望します。それは、あなたがたがなまけずに、信仰と忍耐によって約束のものを相続するあの人たちに、ならう者となるためです。(ヘブル人への手紙6章11節)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
出版社:金の星社
NHK Eテレ「こころの時代~宗教人生~」制作班 (編集)

 NHK Eテレで放送された「こころの時代」の、渡辺和子シスターの回を書籍化。思い通りにいかない時、疲れてしまった時、つらいしんどい時、ふっと心を軽くしてくれるシスターの言葉集。

渡辺 和子(わたなべ かずこ)
 キリスト教カトリック修道女 (修道女名:シスター・セント・ジョン)。 学校法人ノートルダム清心学園理事長。北海道旭川市生まれ。(ウィキペディアより)
--------------------------------------------------
 ニ・二六事件で目の前で父親を銃殺された渡辺和子さんのNHK Eテレで放送された「こころの時代」の対談を編集したものですが、簡単に読めて、何故か力をいただく作品です。他人との接し方、自分というものの見方。謙虚さと力強さ。お勧めの作品です。

まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。自分のいのちを愛する者はそれを失い、この世でそのいのちを憎む者はそれを保って永遠のいのちに至るのです。(ヨハネの福音書12章24〜25節)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
小川晴央(著)

 声の色が見える僕は、透明な君に恋をした。『僕が七不思議になったわけ』の著者最新作! 芸大に通う杉野誠一は"声の色"で見たくもない人の感情や嘘が見えてしまうことに悩まされていた。そんな彼がキャンパスで出会ったのは声を失った透明な女の子。『川澄真冬』と書かれたメモ帳で自己紹介をした彼女は、誠一の映像制作を手伝いたいと申し出た。不審がる誠一の前に、古ぼけたカセットが置かれる。そして、彼女は手伝う条件として、テープに録音された姉の歌を映像に入れて欲しいという。声の色を気にせず話せる彼女に惹かれ、生まれて初めて心の色を知りたいと願う誠一。だけど、彼女の透明な色には秘密があって――。(Amazonより)

小川 晴央(おがわ はるお)
 大阪府在住。『僕が七不思議になったわけ』で第20回電撃小説大賞<金賞>受賞。プロフィール欄に堂々と書けるかっこいい経歴が欲しかったようで、「自分探し7級」を取得。(Amazonより)
--------------------------------------------------
 自分のせいで誰かが傷ついたら、自分を責めつつも正当化したい自分がいるのではないでしょうか。「仕方なっかんだ」と。基本的に私たちは罪人です。正当化しようとしてもがいても、罪の呪縛から逃げることはできません。自分が罪人であることを素直に認め、神様の前で悔い改めるとき、はじめて罪の呪縛から解放されるのだと思います。さわやかな作品で、後味の良い作品です。

もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。もし、罪を犯していないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。神のみことばは私たちのうちにありません。(ヨハネの手紙第一1章8〜10節)

この記事に

開く コメント(0)

『あいあい傘』

イメージ 1
出版社:SDP
石川 拓治(著)
原案:宅間 孝行(著)

 恋園神社に祭りの季節が訪れる。町内外から多くの人が来訪し、この町は年に一度の賑わいをみせる。そこに一人の女性が…。彼女の名前は高島さつき。さつきには秘密があった。それは生き別れた父・六郎を探し出して連れて帰ること。しかし、六郎は苗字を変え妻の玉枝、娘の麻衣子と、新しい生活を営んでいた。過去を捨て、別の人生を歩んでいる六郎を受け入れられないさつき。それでも、六郎を取り巻く人々と出会い、次第に忘れていた感情が甦る。そして、夢にまで見た父との再会。そこでさつきが六郎に伝える想いとは…。(Amazonより)

イメージ 2

 家族に「愛している」と伝えられることが、どれだけ幸せなことなのか。当たり前だと思っていた日常をとても愛おしく感じる、家族を大切に想える映画が誕生しました。『あいあい傘』は、逢いたいのにずっと逢えずにいた父と娘の愛にあふれた5日間の物語です。恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつきは25年前に姿を消した父の六郎を探しにその町へやって来ます。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎と出会ったさつきは、「祭りの取材をしたい」と嘘をついて彼に町案内してもらうことに。清太郎を通じて、六郎がどんな生活を送っているのかを知ったさつきは、意を決して、父の新しい家族、奥さんの玉枝と彼女の一人娘に会いに行こうとします。お互いを想いながらも一緒に暮らすことができなかった、さつきと六郎の葛藤。そして、彼らを支える人々─六郎をあたたかく迎え入れた玉枝の深い愛情、さつきに運命を感じた清太郎の真っ直ぐな恋心、六郎とさつきを陰ながら応援するテキ屋の仲間たちの優しさ個性的なキャラクターたちの人情喜劇に笑い、相手を思いやる姿にほっこりさせられ、やがて訪れる父と娘の予想を超える結末に涙が止まらなくなるはずです。主人公のさつきを演じるのは、倉科カナ。父に対する喜怒哀楽を何とも人間くさく豊かに演じています。さつきと運命的に出会い恋をするテキ屋の清太郎を市原隼人、25年逢えずにいる娘と新しい家族の間で揺れ動く六郎を立川談春、六郎を支えながらお茶屋「恋園庵」を営む玉枝を原田知世が演じ、ほかにも入山杏奈、高橋メアリージュン、やべきょうすけ、永井大、トミーズ雅など、実力派がしっかりと脇を固めます。監督は、役者・演出家・脚本家として活躍する宅間孝行。2012年まで主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」の隠れた名作であるこの「あいあい傘」を、もっと多くの人に届けたいという熱い想いで映画化に挑みました。また、この映画のために竹内まりやが書き下ろした主題歌「小さな願い」は、大切な人の幸せを願う曲。父と娘の5日間のラストをあたたかな愛情で彩ります。大切な人に会いたくなる、「いつもありがとう」と伝えたくなる、そんな家族の愛の物語『あいあい傘』が、この秋、大人たちをやさしい涙で包み込みます。(映画『あいあい傘』公式サイトより)

石川 拓治(いしかわ たくじ)
 1961年茨城県水戸市に生まれる。早稲田大学法学部を卒業後、雑誌ライターを経て文筆家となる。リンゴの無農薬栽培に成功した木村秋則を描いたノンフィクション『奇跡のリンゴ』(幻冬舎文庫)は45万部のベストセラーとなり、2013年には映画化される。(Amazonより)

宅間 孝行(たくま たかゆき)
 1970年7月17日生まれ。東京都出身。俳優・脚本家・演出家。’97年、劇団「東京セレソン」を旗揚げ、後「東京セレソンデラックス」と改名。2012年に劇団を解散、’13年「タクフェス」を立ち上げる。役者としてドラマや映画に多数出演する一方、脚本・演出家(’09年まではサタケミキオ名)としても活動。(Amazonより)
--------------------------------------------------
  公開中の映画『あいあい傘』の原作を読みました。思いやりの詰まったいい作品だと思います。ただ、日本なのでしょうがないのですが、神社が中心なのが残念です。

2018/10/29追記)
 映画を観ました。原作とはだいぶ違う脚本なのですが、逆に良い感じに仕上がっていると思います。人生には色々なことがあります。会いたくても会えない人。遠くから祈るしかないこと。再会のシーン、泣きました。感動しました。

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを私たちは知っています。(ローマ人への手紙8章28節)

この記事に

開く コメント(0)

全101ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事