ここから本文です
AI(人工知能)& IoT
AIとIoTについて、ともに学びましょう。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

iPhoneをお使いの方は、iCloudやApple Music、siriなどで何となく「クラウド」のイメージがあるかもしれませんが、単に「実体の見えないインターネット」を指しているわけではないので、おさらいをしておきたいと思います。

「クラウド」とは「クラウドコンピューティング(Cloud Computing)」のこと。

「クラウドコンピューティング」の用語を最初に使用したのは、2006年 Google CEOのエリック・シュミットによる発言だとされ、Google App EngineやAmazon EC2などが登場した2006年から2008年頃にかけて普及。
(ウィキペディアより)

【クラウドコンピューティング(Cloud Computing)】
インターネットを介したコンピューターの利用形態のひとつ。利用者が行う作業をネットワーク上のサーバーで処理するもの。利用者自身でソフトウェアやハードウェアを保有・管理する必要がなく、インターネットへの接続環境さえ整っていれば活用できるのが特徴。◇「cloud」は雲の意。実体の見えないインターネットを、中が見えない雲にたとえたことに由来。略して「クラウド」ともいう。
(講談社/IT用語がわかる辞典より)

クラウドのサービスは、「SaaS」「IaaS」「PaaS」に分類できます。
イメージ 1
(Cloud Ace「知っておきたいIaaS、PaaS、SaaSの違い」より)

SaaS・PaaS・IaaSの大きな違いは、提供されているサービスの内容であり、サービスのソフトウェアが提供されているのか、システム構築のための基盤を提供するのか、開発のためのインフラを提供するのかの違いです。

【SaaS】
SaaSは「Software as a Service」の頭文字を取った略語で「サース」と読みます。これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用する形態のことを指します。
SaaSの特徴は、
◆インターネット環境下ならどこでも自由にアクセスできる
◆データをオンラインストレージに保存できる
◆複数のチーム・複数の人数で管理と編集ができる
代表的なSaaSは、
◆Google Apps
◆Office Web Apps
◆Dropbox

【PaaS】
PaaSは「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で「パース」と読みます。アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。
PaaSの特徴は、
◆提供されたプラットフォームのうえで開発を行える
◆プラットフォームの情報が多ければさまざまな開発ができる
◆自分でプラットフォームを使用してシステムを構築できる
 (アプリの場合は不可能)
代表的なPaaSは、
◆Google App Engine
◆Windows Azure

【IaaS】
IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で「イァース」と読みます。情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。
IaaSの特徴は、
◆自由度の高いアプリやプラットフォームが作れる
◆専門的な知識が必要
代表的なIaaSは、
◆Google Compute Engine
◆Amazon Elastic Compute Cloud


参考
ボクシル・ボクシルマガジン
Cloud Aceウェブサイト

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事