ここから本文です
AI(人工知能)& IoT
AIとIoTについて、ともに学びましょう。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

『AIアシスタント』というと、まず頭に浮かぶのは『Siri』ではないでしょうか。

AIアシスタント=音声アシスタント
音声認識技術と自然言語処理を組み合わせ、話し言葉による問いかけや要求に対し、適切に回答したり、動作したりする機能・サービス。多くスマートホン・タブレット型端末・スマートスピーカーなどに搭載される。ボイスアシスタント。音声エージェント。対話型アシスタント。対話型エージェント。会話型アシスタント。会話型エージェント。AIアシスタント。→パーソナルアシスタント2
[補説]アップル社のSiri(シリ)、マイクロソフト社のCortana(コルタナ)、グーグル社のGoogle Assistant(グーグルアシスタント)、NTTドコモのしゃべってコンシェル、LINE社のClova(クローバ)などがある。
[出典:デジタル大辞泉(小学館)]

『Siri』はiPhone、iPad、iMac等Appleのデバイスで使えるAIアシスタントです。
“Hey Siri”と話しかけると起動でき、音声だけでいろいろな操作をしたり、わからないことが聞けたり、使う環境にもよると思いますが、使いこなせば便利です。

iPhone4S以降の機種に搭載されていて、晩年のスティーブ・ジョブズの最後の作品とも言われています。

『Siri』の起源は1964年に開発された「ELIZA(イライザ)」という対話システムです。ELIZAは高性能な人工知能というわけではなく、コンピュータと人がまるで対話しているかのようにみせたシステムで、単純なプログラムを組み込むことで、定型的な返答でも、コンピュータと話しているかのようになります。

具体的には、人間が「お腹が空いた」とコンピュータに入力すると、コンピュータが「なぜお腹が空いたと言うの?」という具合に、ELIZAに記録されている定型文に相手の発言を取り入れ返すような単純な仕組みでできています。

「その質問、おもしろい?」「ほかのことを話しましょう」といったような話の展開を広げるような文言もあったようですが、そこに言葉の本質的な意味はありません。
これを原型として、人工知能が搭載された形でリリースされたのが『Siri』というわけです。

しかし、ELIZAが開発されてから約15年。1980年代の第二次AIブーム当時になっても、人工知能は人間と自然な対話ができるレベルではありませんでした。

2000年代になってからアメリカ政府主導の軍事機関、国防高等研究計画局(DARPA)により、戦場で兵士をサポートする目的で研究が進められ、この人工知能の実用化にむけてDARPAは、「SRI International」というスタンフォード大学が創設した非営利研究機関と連携し、「CALO(Cognitive Assistant that Learns and Organizes)」というプロジェクトを5年もの歳月をかけて進めました。その後、CALOプロジェクトはスタートアップ企業「Siri」として独立。2010年当初にたくさんのWebサービスと連携できるアプリとしてリリースされました。

Appleはこの「Siri」を買収し、音声認識や自然言語処理機能を付け加えた上で、iphone4sから「Siri」の機能を搭載しました。

テックメディア「BACKCHANNEL」に掲載されたApple幹部陣のインタビューによると、『Siri』「音声認識」「自然言語理解」「命令の実行」「返答」の4つから構成されています。

現在「AI(人工知能)」と呼ばれる分野には、自然言語処理、音声/画像認識、データマイニングなどさまざまな情報処理技術が含まれていますが、AI技術の核となるのが「機械学習」。Appleの公式サイトでは、『Siri』について「Appleが開発した機械学習テクノロジーが組み込まれている」と明言されており、『Siri』は正しく『AI』と言えるでしょう。

ここまで「Siri」について詳しく説明しましたが、最近、スマートスピーカーの存在感が増してきており、「Siri」以外の「AIアシスタント」が注目されています。

AmazonのAIアシスタント「Axela」を搭載するスマートスピーカー「Amazon Echo」は、米で大ヒットを記録。Googleは、AIアシスタント「Google アシスタント」に対応したスマートスピーカー「Google Home」を販売、今多くのCMが流れています。メッセージングアプリでおなじみのLINEは、AIアシスタント「Clova(クローバ)」に対応した「Clova Friends」「Clova Friends mini」「Clova WAVE」を販売しています。遅れをとったAppleから、「Siri」を搭載した「HomePod」が、米国、イギリス、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツで発売されていますが、スマートスピーカーとは言い難く、「Siri」と連動するスピーカーという位置付けと思われます。日本ではまだ発売されていません。

スマートスピーカー【smart speaker】
音声アシスタント機能を搭載した、スピーカー型の家庭用端末。音声による指示で音楽の再生や家電製品の制御、オンラインショッピングなどができる。質問に対し、サーチエンジンの結果から適切に回答する機能などもある。アマゾンエコーやグーグルホームなどがある。いずれもAI(人工知能)を利用するため、AIスピーカー、AIスマートスピーカーともいう。
[出典:デジタル大辞泉(小学館)]

【Amazon Echo】
Amazonが開発したスマートスピーカー。最初のモデルは2014年11月に発売されました。AIアシスタント「Alexa」に対応し、人間の音声コマンドを認識します。基本モデルのスマートスピーカー「Echo」のほか、スマートホームハブ内蔵の「Echo Plus」、外部スピーカーと接続可能な小型モデル「Echo Dot」、カメラを備えた「Echo look」、液晶モニターを備えた「Echo Spot」「Echo Show」などがあり、日本ではEcho、Echo Plus、Echo Dot、Echo Spotなどが発売中です。
イメージ 1
「Alexa」とできること
◆聴きたい曲のタイトルやアーティスト、ジャンル、ムード、年代を言うだけで音楽を再生できる。
◆ラジコやTuneInなどで様々なラジオ番組を聞くことができる。
◆Kindle本を読み上げることができる。
◆ニュースや情報、天気予報、上映中の映画や映画情報。
◆近くのカフェやお店などの場所や営業時間。
◆計算や単位の換算。
◆アラーム&タイマー。
◆買い物&やることリストの管理。
◆カレンダー、リマインダー。
◆照明、エアコン、TV、スマートロックなどのスマート家電をコントロール。
◆Alexa対応の赤外線コントローラーがあれば、赤外線リモコンのテレビやエアコン扇風機なども操作可能。
◆駅名でしりとりをしたり、ピカチュウや初音ミクとおしゃべりしたり、
豆しばが豆知識を教えてくれたり。
◆プライム対象商品の注文、商品の配送状況の確認。

【Google Home】
Googleが開発したスマートスピーカー。音声認識AI「Google アシスタント」に対応、「OK Google」もしくは「ねぇGoogle」の音声コマンドで起動。日本では標準モデルの「Google Home」と、小型モデルの「Google Home Mini」が入手可能。
イメージ 2
「Google アシスタント」とできること
◆今日の天気を教えてくれる
◆おはようのあいさつ
◆今日のスケジュールを教えてくる
◆アラーム、タイマーのセット
◆内蔵スピーカーから音楽を再生する
◆テレビに接続して、YouTube・Netflixなどの動画を再生できる
◆もちろん、ググれます
◆ヒマな時の話し相手にも
◆Google Home に自己紹介(最大6人の声を聞き分ける事ができる)
「OK Google, 私の名前は○○です」と話しかけると、「○○さんですね?」と聞き返してくれるので、そのまま返事をすればあなたの名前を認識し、返事をするときに名前を呼んでくれたりします。例えば、「OK Google, おはよう」と声をかければ、「おはようございます○○さん」と言ってくれます。

【Clova Friends, Clova Friends mini, Clova WAVE】
メッセージングアプリでおなじみのLINEが開発した音声認識AI「Clova」に対応するスマートスピーカーで、音声コマンドにより、「天気予報」「占い」のほか、LINEでメッセージを送ったり、送られてきたメッセージを読み上げることも可能。同社の定額音楽配信サービス「LINE MUSIC」とも連携。他のスマートスピーカーにはない特徴として、赤外線機能が挙げられます。赤外線リモコンに対応したテレビやエアコンなどを音声で操作することができます。また、Google Homeと異なりバッテリーを内蔵しているので、家の中である程度自由に動かして使うことも可能です。
イメージ 3
「Clova」とできること
◆LINE MUSICが提供する約4,700万の楽曲を楽しむことができます。
◆radikoと連携してラジオを楽しむことができます。
◆童話を朗読します。
◆LINEの無料通話の受発信ができます。
 ※Clova WAVEは対応していません。
◆LINE家族アカウントでのメッセージ送受信ができます。
◆天気予報や気象警報、注意報、台風情報などを教えてくれます。
◆ニュース情報を教えてくれます。
◆カレンダーサービスと連携したスケジュールを教えてくれます。
◆今日の運勢やラッキーアイテム、カラー、スポットを教えてくれます。
◆Wikipediaの内容を教えてくれます。
◆日本語を英語や中国語、韓国語に翻訳できます。
◆アラームやタイマーの設定ができます。
◆赤外線リモコン機能やインターネット通信により家電操作ができます。
◆Bluetoothペアリングの開始、解除ができます。
◆各機能の説明を音声で教えてくれます。

『スマートスピーカー』が、家庭の中心に入り込んでくると、私たちの生活にも大きく影響を与えると思われます。便利である反面、『スマートスピーカー依存症』のような人が現れる可能性が危惧されます。

参考
Ledge.ai:一番身近な人工知能Siri。人とシステムが対話できるまでの道のり
https://ledge.ai/siri_ai/

ITmedia Mobile:「Siri」と「AI」の関係を整理する
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1706/04/news012.html

Impress Watch:特集:スマートスピーカー
https://www.watch.impress.co.jp/smartspeaker/

Amazon:Alexaとできること
https://www.amazon.co.jp/b?node=5485773051


LINE Clova公式サイト
https://clova.line.me/

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事