ここから本文です
AI(人工知能)& IoT
AIとIoTについて、ともに学びましょう。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

『BakeryScan』

『BakeryScan(ベーカリースキャン)』は、トレイ上の複数のパンの値段と種類をカメラで一括識別するシステムです。『AI-Scan』という画像認識エンジンを搭載。株式会社ブレインが販売しているものです。

久しぶりに行った近所のパン屋さんに導入されていました。

イメージ 1

パンのトレーをレジのところに置くと、瞬時にスキャンして、レジにパンの画像と種類、単価及び合計金額が表示され、レジもセルフレジになっています。

従来、3人の店員が処理しきれず、長い列になっていましが、今は2人の店員で、格段に処理が早くなっていました。

AIの識別は100%ではないので、誤った認識をした場合は、店員が選択し直します。

イメージ 2

画像認識というだけでは「AI」とは言えないのですが、修正データはサーバーに蓄積、機械学習により認識精度をさらに向上させるということですので、省人化、効率化の例として、正しくベストな『AI』適用例だと思います。

人間でも認識間違いはありますので、ある面、既に人間を越えているともいえますが、最終判断は人間に任されているので成り立っているもで、全てを『AI』に任せるのは危険です。

写真出展:第3回スマートSME(中小企業)研究会資料(株式会社ブレイン)

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事