ここから本文です
AI(人工知能)& IoT
AIとIoTについて、ともに学びましょう。

書庫IoT

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

 デジタル革命による産業構造の再定義(第4次産業革命)により新たに出現した業界をクロステック(X-Tech)と呼ぶ。

 クロステック企業は新たな社会基盤となる基幹情報システム群(コアシステム)を提供するため、プラットフォーマーと呼ばれる。

 クロステックにより全体最適化された社会が、日本政府が提唱する「Society 5.0」。

Finance(金融)×Technology(技術)→ FinTech(フィンテック)
Agriculture(農業)×Technology(技術)→ AgriTech(アグリテック)
Education(教育)×Technology(技術)→ EdTech(エドテック)
Advertisement(広告)×Technology(技術)→ AdTech(アドテック)など

 そんな○○×Techという名称を総称してX-Tech(クロステック)と呼ぶ。

 FinTech、Agritech、EdTechなど、多くのX-Techキーワードが生み出されているのは、テクノロジーの発展と、インターネットが常時存在する生活が当たり前になっていることが一つのポイントになってくると考えられる。

 また、IoTも合わせてスマートフォンとともにセンサーデバイスが数多く存在。私たちが日々生活するだけで、そうしたスマートフォンやWebブラウザの操作、センサーデバイスから刻々とデータが生成されるようになっていると言える。そうして集まったデータを旧来の市場にぶつけることで新しい付加価値を生み出せるようになってきたと言える。

 AdTechのように元々テクノロジー主体だった分野はもちろん、農業や教育、医療などインターネット技術とは縁遠かった分野においても活かせるデバイス、センサーが登場してきている。

参考
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

開くトラックバック(0)

『LPWA(LPWAN)とは?』

 LPWA(Low Power Wide Area)またはLPWAN(Low-Power Wide-Area Network)とは、「なるべく消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式」で、IoTの構成要素の1つとして注目されている。

 2022年までに50億台のデバイスがLPWA(LPWAN)によってネットワーク接続されるだろうと言われている。

 Low Power=省電力、Wide Area=広域エリアで、文字通り低消費電力で広い領域(キロメートル単位)を対象にできる無線通信技術。

 無線通信規格にはさまざまな種類があり、無線LAN(いわゆるWi-Fi)、Bluetooth、Bluetooth Low Energy(Bluetooth 4.0に統合)、ZigBee、IrDA、RFIDと数多くの規格があるが、LPWAはそれらよりも広い範囲をカバーする。転送速度と通信距離から主な無線通信をマッピングすると以下の図のようになる。

イメージ 1
主な無線通信の通信距離と転送速度とを比べたときのLPWAの位置付け

 Wi-Fiの転送速度は最大およそ54Mbps(IEEE802.11a/11gの場合)と高速な通信が可能だが通信距離は100〜300メートル程度、Bluetoothの転送速度は最大24Mbpsで通信距離は10〜100メートル程度。一方のLPWAの場合、たとえばSIGFOXの転送速度は最大およそ100bps、通信距離は最大50キロメートル程度。
 LPWAは通信速度は遅いものの、低消費電力で広域通信が可能なことから、IoT(=すべてのモノがインターネットにつながる)やM2M(=デバイス同士がインターネット経由で通信する)に特化した活用ができると期待されている。

 一方、消費電力でみた場合、Wi-Fiの消費電力は大きい。BLE(Bluetooth Low Energy)では、機能や実装により異なってくるので一概には言えないが、ボタン電池1つで何ヶ月といった省電力性、これに対して、LPWAではボタン電池で数年単位の動作を実現するという。

 LPWAは大きく分けて、LTEや5Gの標準化を推進する3GPP(Third Generation Partnership Project)が取り組む認可周波数帯でのLPWA、いわゆる「セルラー系LPWA」と、IEEEおよび各アライアントがISM(Industry Science Medical:産業・科学・医療分野で汎用的に使うために割り当てられた周波数)バンドを利用する「非セルラー系LPWA」に分けられる。

 現在、セルラー系LPWAとして「NB-IoT」、非セルラー系LPWAとしてSIGFOX社の「SIGFOX」、LoRa Allianceの「LoRa」、Wi-Fi Allianceが進めている「Wi-Fi HaLow」(IEEE 802.11ah準拠)などがある。

■セルラー系LPWA
【NB-IoT】
 NB-IoTはいわばLTE版のLPWA、通信速度はおよそ100kbps、通信距離は最大およそ20キロメートル。

■非セルラー系LPWA
【SIGFOX】
 フランスのSIGFOX社(2009年設立)により開発されたもので、Sub-GHz帯、Ultra Narrow Band方式の無線技術を使い、通信速度はおよそ100bps、通信距離は最大およそ50キロメートル。

【LoRa(LoRaWAN)】
 LoRa」はローレベルの物理層の規格の名称で、上位層まで含めた規格として「LoRaWAN」が使われる。Sub-GHz帯、Ultra Narrow Band方式の無線技術を使い、通信速度はおよそ250kbps程度、通信距離は最大およそ10キロメートル。

Wi-Fi HaLow(IEEE802.11ah)】
 IoT分野での利用を想定した新しい無線LAN規格。Sub-GHz帯(日本では920MHz帯)を利用し、半径1kmまでの長距離通信を実現。最大接続数も現行の約2000から約8000に高め、動作条件によるが単3アルカリ電池1個で数年間の動作も可能になるという。

 M2Mの具体例としては、車両の追跡、駐車場管理、エレベータ・自動販売機の遠隔監視、水道・ガス・電気等の計測、産業用資材・機器の管理、農業管理など、IoTの事例としては、フィットネス・ヘルスケアを中心にスマートデバイスの普及が、徐々に進みつつある。


参考
ビジネス+IT:LPWAの基礎を解説、IoT向け無線通信技術「LoRa」「NB-IoT」「SIGFOX」は何が違うのか
https://www.sbbit.jp/article/cont1/33292

SORACOM:LPWA (LPWAN) とは? Low Power Wide Area
https://soracom.jp/lpwa/

businessneteork.jp:「11ah(Wi-Fi HaLow)」は日本でどうなる?――1km通信は難しいが、それでもIoTの本命
https://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/4641/Default.aspx

開くトラックバック(0)

 『AIoT(アイオット)』とは、「AI(Artifical Intelligence)人工知能」+「IoT(Internet of Things)モノのインターネット」の造語。シャープが登録商標している製品シリーズ名。AIとIoTを組み合わせた技術であり、IoTデバイスの制御や運営をAIによってさらに最適化し、暮らしの支えに役立てるといったコンセプト。2017年10月にシャープはAIoTを「AIoTプラットフォーム」として集約。

イメージ 1

 「AIoTプラットフォーム」は、AIとIoTを組み合わせた家電製品やモバイル機器のための技術「AIoT」をビジネス用途に展開したもの。

 AI対話やデータ解析、機械学習、音声認識など様々な人工知能技術が集約されたクラウドと繋がっているAIoT製品の情報を企業と結び付けることで、様々な機器をIoT化、知能化する。

 一方、約20cmという大きさのロボット「ロボホン」は、話が出来るだけではなく、人をカメラセンサーで認識し、会話はもちろんアクションを起こす。他にも、電話やメール、写真撮影、調べもの検索、スマートフォンとのリンクなど、パソコンやスマートフォンのように使用することも可能。(下の画像クリックで動画再生)
イメージ 2
(引用:SHARP)

 人間関係が希薄になっている現代社会の需要にマッチしていると思われるが、便利になるのはいいが、ロボットを義人化し、自分の思うように動かし、自己中心的になってしまい、真実の愛から離れてしまうことを危惧する。

フリエン:シャープが提唱している「AIoT」とは|重視される3つの技術とAIoT製品例 https://furien.jp/columns/373/

開くトラックバック(0)

 PoC(Proof of Concept)とは、日本語では「概念実証」。新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーションを指す。

 「概念実証」という言葉自体は新しいものではなく、医薬業界や映画業界で使われている。医薬品製造の世界においては、臨床試験段階で開発中の新薬や治療法を、実際に少数の患者に投与・処置することをPoCと呼ぶ。映画撮影においては、本撮影に入る前に、コンセプトフィルムを作成することをPoCと呼ぶことがある。

 近年、IoT(モノのインターネット)やM2M、AI(人工知能)など「新しい概念」に基づいたサービス提供においては、付加価値やサービス、ソリューションの仕様を検証・実証する際に、重要なプロセスとされる。

 複数システムにまたがる業務プロセスを自動化するRPAや、人間の判断をコンピュータに任せるAI/機械学習を導入する場合も、PoCは必須とされる。

 AIやRPAなどの新しいデジタル技術を導入する場合は、業務プロセスの効果を見るだけでなく、技術的な課題が存在しないか、課題があった場合は解決が可能かという評価も行う。

 PoCは、コンセプト(概念)を検証するために行うもので、すでにコンセプトが決定した本番導入前提のプロトタイプでない。PoCの結果が目的のコンセプトと合致しないのであれば、本番導入を断念するという判断を下すこともあり得る。

 PoCを実施し、その結果が業務効率化・生産性向上を実現するものだと評価できたら、本番導入に向けたプロトタイプを構築してトライアルに移行する。

参考
SmartStage:
《連載:第1回》PoC実施のススメ!――RPA、AIを導入する前に行うこと
https://smart-stage.jp/blog/p17/
《連載:第2回》最新デジタル技術導入前のPoC、実施方法と評価方法
https://smart-stage.jp/blog/p18/

開くトラックバック(0)

 「デジタルトランスフォーメーション(DX)」とは、ウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が2004 年に提唱した概念で、「ICT(Information and Communications Technology)の浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」

 インフラ、制度、組織、生産方法など従来の社会・経済システムに、AI、IoTなどのICTが導入されることによって、特定の分野、組織内に閉じて部分的に最適化されていたシステムや制度等が社会全体にとって最適なものへと変貌すると予想される。

イメージ 1

 このようなデジタル化が進んだ社会像として、「Society5.0」がある。「Society 5.0」は、内閣府の第5期科学技術基本計画において、我が国が目指すべき未来社会の姿として提唱されたもので、これまでの狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」

 デジタルトランスフォーメーションへの対応が迫られると同時に、重要度が高まりつつあるのが、「第3のプラットフォーム」

 「第1のプラットフォーム」は、「メインフレームと端末」、「第2のプラットフォーム」は、「クライアント/サーバシステム」、そして、「第3のプラットフォーム」は、「モバイル・ソーシャル・ビッグデータ・クラウド」

◆モバイル
 モバイルとは、スマートフォンのことであり、2015年までのデータでは世界19億1,460万人に利用されている。

◆ソーシャル
 2004年には「Facebook」、2006年には「Twitter」のサービス提供が開始され、2016年現在においては「Facebook」が世界16億人(国内2,400万人)、「Twitter」が世界3億人(3,500万人)と巨大プラットフォームへと成長。SNS人口全体で言えば世界21億人と、世界の約3人に1人が利用している。

◆ビッグデータ
 企業内外で日々蓄積されていく、膨大かつ事業に役立つ知見を導き出すデータ群。

◆クラウド
 ユーザーの手元にはシステム環境の一切を置かず、インターネットを経由してサービスを提供するビジネスモデル。


 「デジタルトランスフォーメーション(DX)」は、要約すると「クラウドやモバイルなどの技術を利用した新しい製品やサービスにより、顧客体験の変革を図り、価値創出や競争優位を確立する」こと。「見える化」における単なる「デジタル変換」ではなく、「デジタル変革」。「全てのデジタル化」の流れに乗れない企業は淘汰されてしまうのかもしれないが、アナログである人間の働き方、関わり方をしっかりと定めておく必要がある。



LeadPlus:デジタルトランスフォーメーションとは?今、対応が求められている企業の対応とマーケティングとの関係性
https://www.leadplus.net/blog/what-is-digital-transformation.html

IT Leaders:Digital Transformationの意味を曖昧にとらえてはいけない、その理由
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/17054

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事