ここから本文です

書庫全体表示

我が家の玄関ドアはアメリカのシンプソン製です
シンプソンドアはダグラスファーやオークなど材質を選べます
室内のドアはパインなどでも良いのですが
外部に使うと膨張収縮が激しく、反りや歪みなどの変形度合いが大きいです
なので
外気に接する部分なので湿気による膨張度合いが少ない
広葉樹のオークをチョイスしてあります
初期の数年は膨張やわずかな反りでドアが接触したりしますので
カンナをかけたり、ヒンジ溝を更に彫ったりして
その都度、隙間を調整します
しかし
12年目に入ってなんだかキチンと閉まりません
開閉を観察してみるとブレるような感じで
ラッチが跳ね返されるような感覚があります



イメージ 1
ドアの調整をすることに
まずはクイックセットのラッチ
潤滑油KURE 5-56を注してみますが変わりません
ならば
親子ドア同士が接する戸当たり付近はどうか
框の側面に起毛タイプのモヘアタイプシール材(すき間テープ)
追加で取り付けてあるのですが
わずかな膨張で親ドアを閉める時に框の角の部分が子ドアに擦れます






イメージ 3
ラッチのストライクを外して、子ドアの框の角を面取りしました
ヒンジ(蝶番)の開き方の特性もあり、ドアが開くと框部分は
斜めになった時に一時的に狭くなるのですが
これで框の「逃げ」スペースが出来ました

開閉を試してみると
親子ドア同士が擦れるストレスは無くなりましたが
やはりまだ弾かれるようでキチンと閉まりません
ラッチがなかなか掛かりません



イメージ 4
次に原因を探ってみると
このフランス落としが怪しい
12年の開閉で少しガタがあります
そのガタが閉めた時のブレの原因と判断しました



イメージ 5
下にもフランス落としがあります
ボトムシル(ドア枠の下部分)に穴あけした
フランス落とし受け穴は多少広がっていました
これも原因の一因でしょう
重いオークのドアを閉めた時の荷重をこの穴で受け止めるのは
やはり過酷な気がします

なので
子ドアのウェザーストリップ(隙間を密閉する気密パッキンの一種)の上下部分だけ
厚み4mmくらい幅10mm長さは子ドアの巾サイズの木の板を
ウェザーストリップの中に差し込みました
これで子ドアが押されてもウェザーストリップ
柔らかさで動くことが無くなりました



イメージ 6
開閉テストしてみるとこれがドンピシャ!
ブレて弾かれることもなく
気持ちよく閉まりました〜♪

強く閉める必要も無くなりました


シンプソンドアなどの建材のお取り寄せいたします
タキタロウウッドハウスでは細かくオーダー設定が可能です
また、長生郡市近隣で木製ドアが閉まらないなどでお困りの際はご用命下さい




現在では建築のプロとしてお仕事をいただくようになりましたが
最初は素人としてスタートしたものですから
当然、様々な勉強が基礎から必要でした
多角的なジャンルに渡り色々な書籍を読みあさりました
どんな書籍を参考にしたのかのリクエストがございましたので
主なものを書き出しました

建築設計の勉強で読んだ本です


デザインの参考にした本の中でも穴があくほど繰り返し読んだ本です

建築作業で参考にした本です


これからセルフビルドにチャレンジする方にオススメする本です




[千葉県の房総半島で、ログハウスや木の家のプロデュースやリフォーム・ガーデンのプロデュースやリニューアルを手掛ける仕事をする傍ら、工房で、写真・陶芸・木工・彫刻・絵画・皮革・ステンドグラスなど芸術創作活動。バイヤーとしてファイヤーキング・オールドパイレックス・英国アンティークなどを輸入して雑貨店を開き、キッチンやカントリー家具も時々製作。休日は、薪ストーブのある洋風古民家輸入住宅スタイルのログハウスをセルフビルド(自ら建築)し、バラ・多肉植物・ハーブ・コニファーなどガーデニングや家庭菜園、DIYや手作り作品やネイチャークラフトを楽しみ、料理やスイーツをたまに作ったり、犬と猫や鶏たちと戯れたり、ナチュラルでスローライフな田舎暮らしの日々を綴ります♪→にほんブログ村に参加]

ライフスタイルのバイブル本
ライフスタイルの参考本
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[http://www.takitaro.com/ ナチュラルライフTAKITARO]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事